読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる



ローランルーミエオートコートドニュイ 2009 得価,新作

●香り自体には幾分まだ還元的なニュアンスを残しながら、チェリーや木イチゴの香り。赤い果実中心に少し青っぽい色の果実の香りも感じられる。軽めのヴァニラ、あるいはオークのニュアンスに伴って南方のハーブのベール。小さいまとまりながらも、無駄のない精錬された香り。やや太めのボディ、程よく鞣され暖かさを感じるグリップ。例によって、ながら軽めのお焦げ的な味わいの向こうから、幾分乾燥した凝縮感のある赤い果実味。そう長くはないけれどまとまりあるバランスを感じさせる落ち着いたフィニッシュ。 ●ま、いつも通りのこのオート・コート・ド・ニュイですが、例年の印象から較べると、僅かに軽くその分伸びやかな印象かな?実は少し冷やしてと思っていたのですが、あまり時間もなくてただいまの液温17度ぐらい。でもワイン自体がよりクリアーに仕上がってイルので、このくらいが丁度良い。最初に還元的な香りがあって、飲んだ印象も先に渋さが出ていたので、充分に果実味が開いていませんが・・・クラスとしては非常にバランスの取れた良いワインかな?と。3年ほど置いておけばまずまず飲み頃スタート、でしょうか?少し樽の焼き方(あるいはその比率)を変えたのかな?2006年の良かったところが、そのままこの2007年も引き継がれている感じがします。印象としてはやはり「クリーンな」なのですが、造り手の方向性としては「タイトな」ところを狙っているんでしょうかね?いずれにしろ暫くそっとしておいて・・・一皮剥けるの待ちましょう(2009.08.28 いのまた)    2006年物のコメントです ●2006年物入荷しました。・・・2006年、安心感のあるうっすらとした色合いです。いつもより赤い色調がハッキリとでている感じがします。香りには柔らかなチェリーの果実味。レッドカラント系のニュアンスも強くでています。そして・・フローラルな香りに優しいハーブ系の色づき。柘植とかの木質のニュアンスも見られます。味わいもなかなかに素直な伸びを見せている。幾分タンニンがまだ張っていますが、その下からの赤い果実味がしっかりとでています。 ●ここ数年のこのワインで感じていた、少しばかし茎っぽい感触。これがチョイとばかし裏通り的な野暮ったさと同時に、裏通り的なご近所感覚を醸していたのですが、この2006年に関しては非常にクリアーな纏まりを見せています。そしてその纏まりから2005年以上の凝縮感、集中力。芯がはっきりとしているので、後々の可能性もいつもよりあるのかな。2005年よりも伸びシロを感じますね。 ●酸のノリも、鼻の頭に汗かくくらいに充分。非常に整ったバランスを見せています。何となく作りの上では踏ん切りが付いたのかな?迷い無くしっかりとした味わいはいままでにはない好印象。12.5度というこの年らしい軽さも手伝って、気を許すとスルスルと喉を潤してくれます。これまでよりも何となく、一歩進化したローラン・ルーミエを見た感じがしますね。これからますます楽しみな造り手です。(2008.06.19 いのまた) ●「2004年物です。試飲完了まで2003年のコメントを↓」と言っているうちに2005年が入ってきました・・・・・やっぱり侮れんな~。香りの処から「きた~っ」て感じですね。抜栓直後、ちょっと中盤弱いのですが、それ以後の旨味はのびるな~。この年は酸もたっぷりなので、もう少し、2年ぐらいおいて丁度ボチボチと美味しくなるでしょうね。同じ時期に入荷した、新人オーレリアン・ヴェルデと較べると、こちらの方がぐっと軽やか。おそらく収量はこちらの方が多い、ですがこの軽やかさが良い感じ。濃縮感というのはありませんが、上手い味わいにしっかりと落とし込んでいます。明るいな・・・。 ●何となく軽めのシャンボール・ミュジニ風。緩やかな丘の上をはしゃぎ回る風達のよう・・・。例年、このオート・コート・ド・ニュイ、キュッと締まった味わいが魅力ですが、この2005年、それに磨きが掛かっています。「おっちゃん、カシラ3本、塩でね!」と。(2007.07.25 いのまた)       L・ルーミエのオート・コート・ド・ニュイ、いつも一番侮れません    ●取り急ぎ試飲してみました。幾分色調に黒い果実が感じられます。香りは・・・甘いです。赤いラズベリー系に幾分乗りかかるようなカシスの風味。これに加えてカラメルっぽい甘さが漂っています。やはり酸は低めなのかな?時間と供に甘さは落ち着き幾分スパイスのニュアンスも出てきます。それほど低く抑えた収量(45hl/haほど)ではありませんが、アペラシオンを反映した、きりっとしたワインとの雰囲気ですね。やはり暑さを反映しているのでしょうか? ●グラスに入れて静かに15分ほど。もうそろそろ良い頃合いでしょう。想像していたよりもかなりドライですっきりとまとまっています。静止状態でのスタートですので果実味が立っていないのかな?酸も期待以上にしっかりとしてバランス的には良いのですが、まだ十分に「当たり」が出ていません。アフターに感じるタンニンに支えれたミディアムクラスのボディや、うっすらと乗った旨味の確かさ。ふっと横切るヴァニラのニュアンス。伸びる要素は十分あります。標高が高いだけあって結果的に良いワインになりましたね。もう半年ぐらい寝かせて果実味が安定して開き始めたところを楽しむか?2~3年おいて果実が枯れ始め旨味たっぷりとなったところを楽しむか?楽しく思い悩ませてくれそうな予感がします。(2005.08.10 いのまた) ●結論から言っちゃうと、やっぱり2003年難しいです。今朝方ちょいと味見してみましたが、フムフムという良い感じ。果実味も幾分乗ってきたかな問うところですが、夜になって試飲してみると・・・アタックの強さだけが印象に残ります。果てさてどうしよう?昨晩はポテンシャルを感じつつまずはこのアペラシオンとしては当たりのワイン、と思いましたが・・・もう暫く、長い目で見ていきましょう。(2005.08.11 いのまた)   おまけで、2002年のコメントと新井順子さんのコメントを付けておきます。 ●2001年をのんだとき「やっぱりルーミエ系はシャンボール」などと言っていたので、このコート・ド・ニュイ、のんでなかったんですけど、改めて2002年のんでみるとおいしいですね。最初に旨味に似た味わいが「じゅじゅっ」と来て、一拍置いて果実味が「じわーッ」と来ます。そして「ほぁ~」としたタンニンが横切り、「じゅん」とくる柔らかな酸でフィニッシュまとめています。決して大袈裟なワインではありませんが、優しさと力強さ・・・。程々に、いいワインです。 ●どちらかというと食事の引き立て役かな?お相手はオージー・ビーフ。厚めに捌いて、じょわ~とくる赤身のステーキ的美味しさに合いそうです。・・・時間と共にドライなハーブのニュアンスが強くなってきます。梅紫蘇系の味わいは、最近の流行なのかな?こうなるとお肉にも気持、お醤油欲しくなります。大根おろしやアサツキいっぱい掛けてね。そうそう、お醤油はできればだし醤油が良いと思います。(2004.06.18 いのまた) ●おおよそ2日目、多少果実味がしぼんでいますが、これがまた、なめし革やタバコの葉、柔らかなスパイスのニュアンスと混じり合ってイイ感じです。でもポテンシャルから行くとやっぱり1日目の方が良いかな?この辺りは皆さんにお任せです。 2001年ヴィンテージの新井さんのコメントです。 コート・ド・ニュイの西側の350mと標高の高い斜面に畑が広がる2haの畑は傾斜の畑なので、通常のブルゴーニュの畑は10000本/haという樹を3300本/haという少ない本数で、かつ両方に枝を伸ばし(ダブル・ギヨ)6~15芽残した仕立てです。少しずつ理想的な畑作りを目指す為、1976年、1980年、1990年、2000年と植樹を増やし今の畑となりました。その中でも良い葡萄を選択して醸造したので、とても地区名のAocとは思えない、コストパフォーマンスの良いワインです。 新樽5%、残りは古い樽で15~18ヶ月熟成。収量は45hl/ha、2001年は軽くフィルター作業を行いました。シャンボール・ミュジニイとは全くタイプの異なる、アタックの強いしっかりとしたピノの個性を前面に出した味わいです。 ローランルーミエオートコートドニュイ 2009 得価,新作

フィリップ・パカレジュブレ・シャンベルタン2006 赤字超特価,最新作

●2006年物の村名ジュブレ、です。ブドウは以下の3ヶ所から・・・・1:村のすぐ北側にある墓地の近く。グランクリュのほうではなく、北側(Fixin寄り)の方。2:国道とグランクリュの区画の間。ジュヴレ シャンベルタンのエリアの中央部分。3:国道の東側「ジュスティス」地区。村から国道を渡って反対側。・・・ ●色が薄いですね~、この村名ジュブレ。例によって香りには熟成感的な旨味がたっぷり。ポマールの年から較べると一回り、大人、な雰囲気です。今飲んでオイシイ・・・こんなパカレ、ありですかね?これで安心して2年ほど立って開けると・・・きっと、閉じちゃっているんだよな~。村名のポマール、ニュイ・サンジョルジュ、このジュブレとアルコール度数で較べると順に13.0、13.5、12.7とちょっと低め。この辺りが「これも早飲みタイプかな?」と思わせる所以ですが、かなり「今飲んでおいしい」タイプですね。これまた「これがジュブレか?」という疑問はつきまといますが・・・・何気に湧き出る怒濤の旨味!う~ん、すごいです。(2008.04.29 いのまた) ●飲み頃予想、保たないワインじゃなくて、待つ必要のないワインかな?じらすような深みはないけれど、ストレートな旨味は面白いかも。楽しむならば牛ロースの細切れですかね?ささっと炒めて醤油とこちらのワインで味付け。それとも先にお肉をこちらに漬け込んでおいてささっと炒めてしまう方がイイのかな?美味さという点ではかつて無いパカレの村名ジュブレ、ですね。意外と最初から楽しめる味わいは、かなり貴重かも知れません。 ●と言うことで、2日目です。イイ感じじゃないですか、すでに程よい仕上がり。飲んでいてオイシイと思います。が、やはり当初の予想通りそこそこ早めに開けて、サッサと開けちゃった方がいいワインかも、です。それでもかなり魅力的。飲み方のスタイルの違いなんでしょうね。ま、そもそもアルコール度数も低いから、ね~。 2005年物のコメントです。 ●これまで飲んできた2005年同様、果実味がしっかりとしてる。そして酸も充分。高いレベルで良いバランスがとれています。香りには果実の甘さが優しくでている、いつになくオープンマインドな感じです。で、ハーブの香りに紛れる幾分の土っぽさ、何となくですがジュブレを感じる次第です。では、一口。・・・・香りほど味わいは開いていません。旨味はあるんですが、どうもちぐはぐな印象が・・・つきたてで荒れていると言えばそれまでなんですが、「返し」の味が弱いんですね・・・う~ん。 ●これで、少し寝かせてどうなるか?と言うと・・・・alarの経験的なところでは「何とも言えない」暫くすると香りさえも閉じてしまうのか?数年先には枯れつつも変化に富んだアロマやブーケを紡ぎ出してくれるのか?・・・わからないな・・・と言うことで、また明日(2007.05.16 いのまた) ●と言うことで、二日目です。・・・・いつものグラス(ショットのディーヴァ・シリーズの小さい方の「ブルゴーニュ」)だといかんのかな?と言うことで、リーデルの「ヴィノム、ブルゴーニュ」とかロブマイヤー「バレリーナ、タイプスリー」など総動員して試してみましたが・・・・甘さ、果実味の充実、舌触りの滑らかさとハーブの効いたアクセント・・・・イイ感じなんです、が、やっぱりアフター以降が物足りないな・・・どうも過度に期待しちゃっているところがあるのでしょうか?それともこの味わいが本来のジュブレ・シャンベルタン?たとえて言うなら、パカレのワインって「初鰹」なのかな?こう、なんというか「獲れたて、ピンピン」と言う威勢の良さが、ウリ。でも本人は寝かせても旨いと言っているのですが、これがそう長く寝かせてさらなる上乗せが期待できるかと言うと、そうは思えない。点数付けるとすると「自然派だよ」と多少のバイアスかけて、しっかりと90点は上げられるんだけど、内申書はあまり書くこと無いな・・・・。戻りガツオのちょっとした脂ののりが待ち遠しい五月晴れ、です。(2007.05.17 いのまた) ●何となく2002年を思い出させるような比較的薄い色合い。香りにも幾分酸がはっきりと感じられ、いつになく開くのが早そうな予感です。グラスの底にはうっすらと鰹だし系の旨味がはっきりと、でもうっすらと・・・良い感じがしてきました。 ●ふわっとした赤い果実に続き酸とほど良いタンニン。幾分青い感じもしますが、それに続く柔らかな土の感触が、ジュブレだな~。例によってじっくりと開くまでは、抜栓して2時間はそのままにしておかないといけませんが、ここまでの感触ではタイプ的に2002年に似ているのかな?同時に2002年よりは早めに飲み頃というか、開いてきそうと言うか・・・。良い感じでまとまっています。 ●でも気になるところは、アフターの柔らかな伸びに混じって感じられる、ちょっとしたイガイガ感。味わいとしては旨味が収束していくこれまでのタイプからオープンに広がって言う感じが・・この辺りが寝かせてどうなるか?と言う点が問題だな。・・・ローストした子羊を薄くスライスして、軽くマスタード付けて・・・そんな感じがまずはよさそう。とりあえず、一日おいて見ます。(2006.04.29 いのまた) ●二日目です。ジュブレらしいまとまりがしっかりでていますが、やはりアフターの収束感に乏しい感じが。その分わかりやすく早くから楽しめるパカレだと思います。2003年が飲み頃になる前に、こちらの方が早く開くかな?バランスが良いのはやはり2002年、力強いのは203年、そしてこちらは柔らかい・・・・この辺りは好みの差かな、と言う感じですので何となく大目にみてやってください。(2006.04.30 いのまた)  2003年物コメントです↓ ●サンプル分飲んでみました・・・・う~ん、ブショネだ~!ただその下?の味わいはいつもの「難しさ」がなくとても柔らかい味わいです。さすがパカレという感じです。2003年のパカレは大変良いと思います。 ●「ブショネだ~!」ですみそうもないので、やはりここはきちんと飲んでみます。確かに2003年のパカレはわかりやすい。抜栓直後から、幾分タンニンの厚さを感じるモノの、赤から幾分黒い果実の味わいが豊かです。ただ酸が今ひとつと感じるところもあるのですが、これが不思議というかやっぱりパカレというか・・・。多少ジョボジョボとかグラスでの移し替えとかやると、一気に酸の輪郭がはっきりして、旨味も乗ってきます。 ●2002年は何とか開かせるのにあれやこれやと気をもまし、時間を費やした末ようやくたどり着いたパカレ節でしたが、2003年は「わ~、美味しい!」と飛び付きこれで満足しちゃうと、メインディッシュを食べ損なう、と言った趣です。 ●同じ2003年のポマールと比較すると、こちらのジュブレの方がよりミネラルが豊かな?このコメント書いているのは抜栓後2日目ですが、幾分シロップのような甘さが出てきました。タンニンもすごくこなれていい感じです。惜しむらくは2002年よりピークは早いかな?一夏越えて落ち着いて、そこから2~3年のうちに飲んじゃった方がいいかもしれません。(2005.06.07 いのまた) ●サンプルは見事にブショネ。リアルワインガイド10号では意外?に高評価。何とか一夏越えたので、再び試飲してみました。  「まず色は、って言っても3,4ヶ月じゃそう変わる物で無し、最初と同じです。香りは(注:抜栓直後グラスに注ぎ30分ほどなにもせずに放置しておきました)前の飲んだときよりも幾分甘いのかな?確かに果実味は厚みが出ています。酸の広がりも明確になってこの年特有のタンニンの強さとのバランスがとれるようになってきました。でも、アフターの旨味の乗りが乏しいな・・・。やはり30分ほどではまだ早いのかな?  「とグルグルやって、二口目・・・・あっという間に印象が変わりました。バラバラの要素が一つにまとまり触覚的にも味覚的にもしっかりとしたグリップを感じます。中盤からアフターへの流れも大夫格好が付いてきました。ストロベリーは一口目に無かったな・・。アフターの旨味も長くなり、ワインが豊かに感じられるようになった反面、アルコールっ気も幾分強く感じられるように・・。器と中身とまだ幾分しっくりといっていない感じです。  「2002年に較べると情報量は多そうですが、内容をよく吟味すると同じような内容が多そうな・・・・、パカレとしてはやっぱり「太め」なんじゃないかな?どきどきするような将来性はあまり感じられません。やはりあと2~3年寝かせて飲んじゃった方が良いのでは?・・・・もう一日様子を見てみます。(2005.10.02 いのまた) ●一夏越えて、の2つか目です。香りに何となく揮発酸っぽいところがあります?もはやこれまでかと思ったんですが、味わいにより甘さ、イチゴドロップかなを感じつつ、ミネラルがみしっとしてきました。アフターの旨味に被さってくるタンニンに、どことなくジュブレ・シャンベルタンを感じます。やっぱりあと2~3年かな。そんなところだと思います。(2005.10.03 いのまた)  2002年物コメントです↓ ●抜栓直後にリーデル・ヴィノム「ブルゴーニュ」へ。弱冠温度が低いためか?香りが立たず。かろうじてジュブレ・シャンベルタンらしいミネラル感。その後も何度か確認を試みるも香りに変化の兆し無し。味わいも稠密な感じながらもとぎれとぎれ。ビオ系らしき「旨味」もあるが「流れ」は乏しい。ただワインに含まれる情報量はとんでもなく豊かなことが・・・・いつもの「ジョボジョボ」、軽く「くるくる」、グラスのボウルを「手で暖める」などするもパスワード発見できず、いたずらに2時間経過・・・・ ●ようやく、仕込み前のモルトのようなロースト香の濃度がまし、変化の兆し。次第にグラスのそこから持ち上がる香ばしさ、でもただそれだけ。ワインに対する集中力もややゆるみ、さらにしばし歓談?・・・・少々グラスにつぎ足すと・・・ロースト香の上に甘味が・・・果実味が・・・シロップ漬けの赤い果実・・・ストロベリー・ジャム・・・一気に開いてきました!来た!来た!来た!飲み手の緊張を和らげる、純粋な・・・・味わいを羅列することにむなしさを感じる・・・・自然と作り手の気持ちとの調和のとれたエッセンス。ここでようやく癒されます。 ●飲み手にかなりの忍耐を要求します。やっぱりまだ早すぎるんでしょう。少なくともあと3年はお預けがよろしいかと。現時点でトライするなら「抜栓3時間」見て欲しいです。デキャンタージュで短縮しようと言うのは少し危険でしょう? Ch Rays,Domaine Leroyで研修を積んだ後、プリューレ・ロックの醸造長を長年務めその後2001年に独立・・・が、フィリップ・パカレの経歴です。また彼はボージョレのマルセル・ラピエール氏の甥でもあり、その縁で『自然派(アペラシオンを越えたフランス全土における)』を形成することとなったジュール・ショヴェの最後の弟子でもあります。 パカレはジュール・ショヴェの元で、相応の犠牲(例えば労働時間であり、あるいは腐敗果を捨て去る勇気・・・)を払うことを厭わなければ、近代技術に頼らない自然派の作り=かつて1950年代頃まで普通に行われていた作り方で、テロワールを忠実に表現する素晴らしいワインができる可能性に満ちていることを学んできました。そしてここで行われていることが「ただの非科学的な理論のように思えるだろうが、科学的なことを十分に理解した上でなくてはこのようなことには取り組むことができない。この理論は、自然科学に基ずくものである。」と言うことも理解しています。 そしてパカレ曰く、「ブルゴーニュワインの多くは単一品種で構成されているからその味わいを造っているものは、ブドウではなくテロワールなのである。これを最も大切にしなくてはいけないし、土壌、ブドウ、天候、そして人間があり、このどれ一つとして欠けてもワイン造りは不可能である。また、人間はオーケストラでいうところの指揮者であり、ブドウがより良く育つために導いてあげるだけなのだ。ワインは工業製品ではないから、技術を駆使して手を加えてしまうと本当のテロワ-ルを表現することはできない。」と。 実際のワイン造りにおいては、ブルゴーニュの伝統品種ピノノワールやシャルドネにこだわり、単一の品種が様々な土壌や気候によって異なった表情を見せることを重要と考えています。画一的な手法で、ある決まりきった味わいを造り出すのではく、その年、その土地、その気候が生み出すコピーのできない味わいのワインこそが理想と言います。栽培においては、農薬や除草剤を使用せず、とにかく成熟して健全なブドウを得ることに注力します。除梗をせずに発酵させるため、果梗まで完全に熟した状態で収穫することを理想としています。 醸造においてはSO2を用いず、ブドウに付いた天然酵母の力で発酵させます。ブドウ本来の風味を損なうと考えている作業も行いません(ルモンタージュなど)。同様の理由で新樽の使用にも慎重で、過剰な樽由来のロースト香を避けます。補酸や補糖といったことも行いません。 このように今や自然派ワインで採用されている典型的な手法を実践しているフィリップ・パカレですが、彼のワインには一部の他の自然派ワインにみられるような酒質の緩さや揮発性の香味、還元的なニュアンスを感じることはありません。そこには、様々な醸造法を知り、多くの経験から得た知識を持つパカレ氏ならではの特徴といえます。パカレ氏は、緻密で多彩な科学的知識を背景に酸化と還元のバランスをとり、完成された味わいの自然派ワインを生み出しています。インポータさんからの2005年ヴィンテージコメントです。   「非常に出来がよく、今までのパカレのワインの中で「偉大・傑作」といえる作柄。2005年を戦後のブルゴーニュ全体の作柄と比較するなら、1978年のような綺麗な酸味、そして1945年に似た味の濃縮感と収量の少なさです。どちらの年も1959年と並ぶブルゴーニュの赤にとって秀逸な年です。また白ワインの熟度も非常によくて、濃厚でコクの強いヴィンテージとなりました。」・・・なるほど期待の2005年です。こちらは最新ヴィンテージ2006年に関してフィリップ・パカレからのコメントです。   「一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日から行いました。   「2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。   「香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。   「最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい・・・。 フィリップ・パカレジュブレ・シャンベルタン2006 赤字超特価,最新作

オーレリアンヴェルデモレサン=ドニ 2006 最新作,2016

●モレ・サン=ドニ(2009.02.08 いのまた)  「ジュブレよりも薄い、輝きのある明るく赤い色調。甘い果実味。赤くよく熟れた。ソフトな樽の香りか?柔らかく包み込まれる。陶器の柔らかな感触。果実味の躍動感、リズム感。ゆっくりとしたリズム。意外に芯の温度が高い。外への力と、内への力のバランス。優しさふくよかさ。陽の光。緑の絨毯を踏みしめて。 ●2006年から加わったモレ・サン=ドニです。これまたオーレリアン・ヴェルデという縦糸にモレ・サン=ドニらしい横糸の織りなすしなやかな味わい。2006年の村名クラス5本の中では最も早くから楽しめそうです。全くつまらないこと、ふと思いついたのですが・・・「モレ・サン=ドニ」って「萌え・サン=ドニ」?2日目も萌え系の味わいでした。 1604年からコート・ド・ニュイに居を構えるヴェルデ家。いち早くオート・コートの魅力に着目し、そこで化学薬品を使わずにブドウを育ててきました。そしてアラン・ヴェルデは1971年という早い時期にビオロジック栽培を始め、一時肥料の問題で土壌を壊しながらも、これまでビオロジック栽培の価値を疑うことなく続けてきました。目指すところはオート・コート・ド・ニュイのポテンシャルを尊重し、素直にその真価をを引き出すこと・・・その結果得られたワインは純粋で完成度の高いワイン。クラシックでありながら実に「今」求められている味わいです。 そしてそのブドウ作り、ワイン造りは、子息のオウレリアンに受け継がれました。2003年、若干22才の若さでドメーヌを引き継ぐと、さらにドメーヌから独立したネゴシアンとしてニュイ各地の畑から葡萄を買いながら、新しい境地を切り開き始めました。父から受け継いだ事を尊重しながら、栽培・醸造学校で学んだことを踏まえ、そしてとらわれず。また自然派ワインなどのすぐれて個性的なワインに学びつつ、様々な可能性を追求しています。 現在は父から譲り受けたオート・コート・ド・ニュイの畑の半分近くを売り払い、ニュイのより優れた地区に畑ないし葡萄を求めています。結果的にフェルマージュ(小作地)やメタヤージュ(折半小作)による畑をえることができませんでしたが、幾つかの畑で『葡萄を借りる』ことができました。その一つが今回入荷したニュイ・サン=ジョルジュ。彼のスタートとなるワインです。おそらく2006年5月の後半、ラシーヌさんの事務所へ行って新入荷分を何本か試飲させていただいたときのこと。ひととおり飲み終えたところで登場したのがオウレリアン・ヴェルデ・・・うわ!まいったなこれ!イメージ的には綺麗だけれどただ綺麗で終わらない。レシュノーに磨きを掛け、ビゾを鍛えた・・・と言うことで入荷を首を長くして待っていました。おそらくここ数年で確実に注目を浴びる予感のする作り手のひとりです!・・・・と言いつつ早3年目の2006年入荷です。2006年は村名クラス、コート・ド・ニュイの主要な村名、ジュブレ・シャンベルタン、モレ・サン=ドニ、シャンボール・ミュジニ、ヴォーヌ・ロマネ、そしてニュイ・サン=ジョルジュと揃いました。それぞれ謂われるところの「村の味わいの特徴」良く出ています。 オーレリアンヴェルデモレサン=ドニ 2006 最新作,2016

ドメーヌ アルローペールエフィスシャンボールミュジニィー 2003 安い,品質保証

●こちらのシャンボール・ミュジニ2003も、ヴィエイユ・ヴィーニュの表示無しです。まずは2002年のコメント↓などで・・・●アルローのシャンボール・ミュジニは2001年ヴィンテージが初体験。ちょと期待しながら試飲した感想です。  「非常に「きれいな」果実味とミンティーなハーブの香りに満ちたワインです。熟したブラックベリーやチェリーの味わい。非常に滑らかなボディーを持ちながら、柔らかいバニラの香りが良くなじんでいます。なによりもこのワインの特徴はハーブの香りの伸びやかさ。ミントやスイートバジルの爽やかなかおりが心地よい加減で立ち上がってきます。またヴァニラの香りの中にもカルダモンやグローブのようなエキゾティックなスパイスの調子を持ち、なかなか楽しませてくれるワインでした。(2003.08.29 いのまた)」 ●・・・・2002年はどうでしょう?まずはこちらをご覧ください。同じくバーガウンド.comとNBIのレポートです。  Burguhound.com・・・・Issues13(1st Quarter,2004)  「As one would expect, this is much more elegant with its fine red fruit nose followed by light to barely medium weight flavors underpinned by firm, slightly rustic tannins and acceptable length. (84-87)/2006-10  NBI Archives・・・・November,2003  「First, the stats: 72 cases. 33% new wood. Over 13° natural alcohol. This superb Chambolle is deep purple in color, extending a huge bouquet of fresh pink and red flowers, adding to the nose elements of hot raspberry pie with cinnamon crust, and a warm blueberry tart for good measure. The wine has a great nuttiness, freshness, and grip on the palate, finishing with length that would make you swear it was Premier Cru. Mind-boggling fullness and succulence! Awesome Chambolle from a superb site next to the Premier Cru "Sentiers."」 ●「ロンスィーヴ」「ジュスティス」と飲んでこのシャンボール・ミュジニにたどり着きました。ここまででわかった(あるいはわかったつもりでいる)こと・・・・アルロー樽の使いたかが巧妙になってきた!2001年はケーキっぽい甘さに多いにそそられましたが、2002年はもっと本質突いています。ケーキというよりも素朴な焼き菓子、ビスケットかな?感じる甘さの質が違う!樽に頼らない果実本来の力による甘さ?アフターにするするっと出てくるんですね、これが。おそらくインパクトの強さはケーキ屋さんのケーキのような2001年の方が上、でもワインをじっくり味わうと家庭で作ったビスケット(あるいはマドレーヌ?)的2002年。これもしっかりと寝かせると、さらによいワインとなりそうです。 R・パーカーは「講談社版 厳正評価・世界のワイン」のなかでドメーヌ・アルローを評して以下のように語っています。「ドメーヌ・アルローは、ワイン・ジャーナリズムの注目を浴びることは滅多にない。その理由は、主として、ここのワインが退屈で露骨に商業的だからである。しかしながら、ノース・バークレー・インポーツ社のピーター・ヴェザンとデヴィッド・ヒンクルの尽力によって、このブドウ園は今では素晴らしいワインを生産している。ただし、読者がこれらのワインを購入するときは、十分注意しなくてはならない。この評価はノース・バークレー・インポーツ社のために特別に作られたキュベに対する物で、それ以外の輸入業社のボトルはこれと同じワインではない。  ウルヴェ・アルローが素直にこう指摘した。「ノース・バークレーのキュベはうちのワイン(ノーマルキュベ)の100倍も良質だよ」と。ではどこがちが違うのだろうか?アルローのレギュラーキュベは清澄処理と濾過処理を行うし、新樽は最大でも10%しか使われていない。一方、ノース・バークレー・インポーツ社のキュベは、清澄も濾過もされずたっぷり使われる新樽の中で熟成され、まるで博物館に眠っているようなブドウ栽培者の技術を拝借してきたかのようなちょっとした工夫を用いて、手作業でビン詰めしている。アルローの栄誉は、1.ヴェザンとヒンクルに触発された技術に挑戦する勇気をを持っていたこと。2.レギュラー・キュベと特別なキュベの間に品質上の途方もない差があることを正直に認めていること、に対して与えられるべきであろう」なにやら、よくわからないほめ方ですが、ワインの方は「バレル・セレクション」の名に恥じない品質の高い物。ただalar的には1999年の物まで「今ひとつ」と感じていたので、あまり積極的な扱いはしていませんでした。しかしながら、2000年を試飲しては「やはり、頭ひとつ抜けたね~」と言う好印象。そこで2000年ヴィンテージより本格的にアルローのワインをご紹介しています。 2000年ヴィンテージよりワイン造りは息子さんのシプリアン(Cyprien)にバトンタッチされ、果実味がより豊かで尚かつエレガントさに磨きが掛かってきました。彼はいろいろなところでのスタジエ(ワイン造りの助手)をへて、ドメーヌに戻ってきました。早速グリーン・ハーベスト(実の熟す前に摘果してしまうこと)を積極的に行ったり、果実の実った段階であまり良くない樹を畑から抜いて果実の品質を安定させるなど、質の高いワイン造りに積極的に取り組んでいるようです。ラベルも「かっこよく」なり(この辺が今回改めてご紹介する最大の理由?)ほんの少し前のラベルの物より高級に見える様になりました。(下の写真は左がお父さんのウルヴェ・アルロー、右が2000年から醸造責任者となった息子さんのシプリアンです。)アルローのワインを本格的に扱い始めて早4年目。何とか2003年ヴィンテージが入荷しました。今回からインポーターがヴィノラムさんに変わっています。これまで扱っていたNBI向けバレル・セレクションの物と異なるのかな?と言っても較べようがないのですが・・・まずは何本か飲んでみたいと思います。 ドメーヌ アルローペールエフィスシャンボールミュジニィー 2003 安い,品質保証

ユドロ・バイエACブルゴーニュ ルージュ 2006 人気SALE,お買い得

重要:こちらの商品はお取り置きは承れません。 ユドロ・バイエACブルゴーニュ ルージュ 2006 人気SALE,お買い得

ドメーヌシャソルネーブルゴーニュピノノワール Budeau ブド 2005 激安大特価,最新作

●・・・ビオっぽくない!もともとこの「ブド」と「ニュイ・サン=ジョルジュ」がシャソルネのなかでもビオっぽくないワインと思っていましたが、2005年はそれが一段と進んでいますね~。果実味が厚い、なかなかミネラル感にたどり着きません。(もう飲んじゃっています)。でもそこはシャソルネ。後半でじっくりと味わいが出てきます。で、どのくらいの果実味かというと、ボーヌの村名クラスの多くをしのいでいるかも? ●タンニンの荒さが、現段階では見て取れますが、果実味とタンニンの間からしみ出てきそうな、ハーブや土っぽさを感じさせるミネラル感。決して侮れません。これも白のビゴと共にクラスとしては意外に長熟なのかな? ●元に戻って香りのお話・・・果実味の中に感じられるお焦げ系の甘味は、むしろローヌッっぽい。そしてその下から出てくるミネラル感がしっかりとブルゴーニュ。果実の香りに着目すると、むしろ現在は閉じている感じかな?このまぜこぜ状態が落ち着いて、上澄みがしっかりと抽出されるようになるころ・・・生まれながらにしてのパワーと均整のとれた味わいが開いてくる、そんな予感がしますね・・・。 ●リアルワインガイド、テイスティング・レビュー番外編風に点数付けると、「今飲んで」は何となく88点ぐらいですが、「ポテンシャル」となるとためらいなく91点付けたくなります。これはうかつに開けられないぞ2005年のシャソルネは!(2007.04.03 いのまた) お取り置きは承れません。1週間以内のお引き取りをお願いいたします。 ドメーヌシャソルネーブルゴーニュピノノワール Budeau ブド 2005 激安大特価,最新作

シャトーカンボン ラピエール et シャヌレ AOCボージョレ キュヴェ・カンボン Cambon 2007 セール,新作

●キュヴェ・カンボン・・・2006年は無かったんだっけ?と思いつつ、2007年が入荷しました。ラベルもチョット灰色っぽいのに変わっています。    久々の2005年物のコメント・・・です。 ●ボージョレでマルセル・ラピエールとジャン=クロード・シャヌレの共同経営で運営されているシャトー・カンボンのワインです。このキュヴェは2000年に作られて以来、じつに5年ぶりに登場。まずはインポータさんの資料など。   「2005年はとても良い年で、優れた質のワインができました。2000年のように、2005年は素晴しい気候に恵まれ、南向きの畑は太陽をいっぱいに受け、収穫はとてもよくできました。この畑の樹齢は50年以上になります。収穫時のぶどうは完熟していました。醸造ではシャプタリザシオン、二酸化硫黄、酵母、酒石酸は添加されていません。アロマはブラックチェリーを感じさせ、熟した風味をもち、ボディーはしっかりとしています。繊細でシルクにように滑らかなガメイです。口の中で余韻長く広がります。アルコール14度」 シャトーカンボン ラピエール et シャヌレ AOCボージョレ キュヴェ・カンボン Cambon 2007 セール,新作

ドメーヌ・デ・ランブレイモレサン=ドニ 2002 数量限定,お買い得

●先ずはワイン専門誌の評価から、いつもの2誌です。   バーガウンド.com 13号(2004年第1四半期)  「2002 Morey St.-Denis: Elegant, pure and racy with soft and tender, juicy, even succulent flavors that offer good if not exceptional length. This is pretty and nicely balanced. (85-88)/2006-12」   ワインアドヴォケイト153号(2004年6月)  「The medium to dark ruby-colored 2002 Morey-St.-Denis displays sweet blackberry, spice, and wax aromas. Broad, fruit-forward, and lush, it is medium-bodied, soft, and offers black pepper-laced dark fruits. This delicious, generous wine is enormously appealing but short. Drink it over the next 5 years.88-89points」 ●2002年としてはしっかりと酸が乗った印象です。プラム系の果実味もまだ固め。明るくはっきりとした輪郭にスパイスやハーブの印象が強く重なります。アフターに感じる甘さもどこか浮ついたところがありまだ全体に良くなじんでいない、と言ったところかな?只、明らかに感じられるのは村名のモレ・サン=ドニでここまで締まった味わいはなかなか無いですね。もう少し樽が効いているとデュジャーク系に近いのですが、もそっとエレガンスな立ち振る舞い。あと2年はそっとしておかなくては・・・。 ●グラスに入れて30分、幾分落ち着きと統一感が出てきました。樽もほんのり効いてきてバランスのいい味わい。でもこうなると人間欲が出てきますね・・・もう少しフィニッシュが長いといいんだけれど・・・・(2004.12.02 いのまた) ドメーヌ・デ・ランブレイモレサン=ドニ 2002 数量限定,お買い得

ドメーヌデュラルロニュイサン=ジョルジュ 1erCru クロデラルロ ブラン 2006 HOT,新作

    繊細さと大胆さ。アルロー節全開中! 繊細にして大胆。巧みなバランスで表現されるアルロー・ワールド。04から06まで色々と。    ドメーヌ・ドゥ・ラルロ(De L'arlot)はフランスの保険会社が1897年にドメーヌ・ジュール・ベランを買収し、他の畑と併せ設立したドメーヌです。醸造責任者のジャン・ピエール・ド・スメは醸造学校に通った後、ブルゴーニュの名門デュジャックで働いた経験を持ち、現在でもデュジャックとほとんど同様の醸造を行いエレガントで香り高いワインを造り出しています。 設立時より、畑は全て無農薬(化学肥料を一切使わず)にてブドウ栽培をしていました。2003年からは全ての畑がビオディナミによって栽培される様になり、今回入荷する2004年が2年目となります。そして「2004年は全体的にピュアでフルーツが多く、若くても楽しめる。各アペラシオンの特徴がでた年であり、1991年や1998年に似た感じで、それよりも柔らかい」と言うのがインポータのAMGさんからの情報。・・・・たのしみです。 ドメーヌデュラルロニュイサン=ジョルジュ 1erCru クロデラルロ ブラン 2006 HOT,新作

ジャン・ルイ・シャビーACブルゴーニュ ルージュ 2005 低価,2016

●「白が手薄で」と言いながら赤がメインで入ってきました・・・インポータさんの資料によると「0.8ha。平均樹齢30年。畑はピュリニー・モンラッシェ村内の国道の反対側にあります。1~4回使用樽で10ヶ月間熟成。口当たりの鮮度感がたまらない、ピュリニー村産のブルゴーニュ・ルージュです。」 ●これだよ、これ!alarの求めるコンテンポラリーなヤツ。「国道の向こう側」ということで、何となくボーヌでもあでやかなシャサーニュ赤(ピュリニは赤のAOCが無いモノで)にフラットな畑のこざっぱりした感じがあるかな?と期待していたんですが、ピッタリはまってくれました。この軽さ、何となくプチ2001年のルイ・シュニュサヴィニV.V.って感じかな? ●でも実際はもっと軽い。ルイ・シュニュの昔のコメント見ると『仔牛のカツレツ』となっていますが、薄い豚カツとか冷製トンしゃぶが愛そうなウエイトです。・・・アジフライとかでも良いのかな?個人的にアジフライはお醤油と大根おろしで食べるのが好きなんですが、ピッタリな感じです。冷製トンしゃぶも良いんだけれど、どうも最近、あの脂身もひえひえしているのが納得がいかない。なんとかもう少しおいしく食べれる方法はないですかな?棒々鶏でも良いのかな・・・・いずれにしろ程よい醤油の旨味にシットリと合いそうな、ワインの旨味は充分。最近アップしたるニュージーランドのピノ、ダニエル・シュースター物とイイ感じのライバルです。(2007.04.24 いのまた) ●あ、それと・・alar的にはこちらはコン・ブル(う~ん、実際に使ってみるとコンテンポラリーなんだかコンサヴァティブなんだかわからないぞ~)なんで、くれぐれも『寝かせて』などは考えないでください。今が美味しさ満開。どんどん飲んでみましょう。 こちらの商品はお取り置きは承れません。ご注文から1週間以内のお引き取りをお願いいたします。 ジャン・ルイ・シャビーACブルゴーニュ ルージュ 2005 低価,2016

ダニエル・モワーヌ・ユドロシャンボール・ミュジニ 1erCru「レ・ザムルーズ」1997 新品,爆買い

「恋人たちの」という名のレ・ザムルーズ。造り手は控え目ながら実力派のD・M・ユドロ。飲み頃の1997年です。 ●94を試して意外な展開?でしたのでこちらは追加してみました。と言うことで、地元のお客さんとご機嫌取りとうことで飲んでみました・・・・。う~ん、微妙だな・・・94に較べると少し苦味が強い。幾分熱が入った?と思わせるような香りもあって、微妙。94はかなり明るいイメージがでていたのですが、この97年、少し曇っていますね・・。幾分色調も濃いめというか黒いというか。中盤の果実味はまだ感じられるのですが、今ひとつパワーが弱い。これはこれで味わい的には面白いけれど幾分ピークを過ぎている感じですね。 ●尤も、この手のワインには厄介な「ボトル差」があるのでこれ一本では何ともいえないのですが、最近飲ませていただいた1997年のブルゴーニュに共通する、ちょっとくらいところがありますね。幾分液温が低い為もありますが、94もこんなところでのんだしな・・・。ヴィンテージ、なんでしょうかね?作りとしては華やかさは無いですが、基本どおりに真面目に作っている感じです。そこに好感を持ちつつ・・・。 ●グラスをグリグリやると香りの中の「やられちゃった部分」はとんでいきます。なんでしょう、取り敢えずボトルの中で酸化のピークを迎えて還元的な状態?かれこれ抜栓して20分、なんとなく持ち直して来た感じです。グラスグリグリです・・・。あれま!酸も復活してきました・・危ない香りも飛び去り、紅茶きのこの香りです。果実味も詰まってきた感じかな・・。ふ~っ、一安心、としつつ・・・なんとなく他の1997年物を思い出すのですが・・・共通するのはタンニン系の味わいの単調さなんですかね・・・。果実味はなかなかに豊なのですが、支えがしっかりとしていないから、どうも落ち着きがない・・・。ちょっと「二人でレ・ザムルーズ」というのは難しいかな?ワインに気をとらわれすぎると、彼女にあきれられちゃうぞ~!などと思いつつ、これを彼女に美味しく飲ませることができたら・・・・完璧!です。(2007.12.13 いのまた) ●・・・でしたが、あまり進まないなと思いつつ飲み干したところで・・・ズズズ~っと出てくる旨味はなんでしょうか?ややこしいですね~。この味わいって結構南のワインに多いんですね・・・いわゆるボラチル高い、けれども旨味がある・・・丁度、お歳暮でいただいた「牛肉の味噌漬け」を食べたいなと思わせるところは・・・そして意外に色あい的な変化が進んでいるところなど・・・・・・。 ダニエル・モワーヌ・ユドロシャンボール・ミュジニ 1erCru「レ・ザムルーズ」1997 新品,爆買い

ドメーヌシュブロ パブロ カオリ ACブルゴーニュロゼ さくら Sakura 2015 品質保証,セール

●昨年、何年振りかでシュブロの「SAKURA」入れてみましたが、やっぱり良かったんで今年2015年も入荷です・・・。飲んでみて、ちょっとビックリ。これまでの「SAKURA」は毎年あでやかな振り袖、と言う感じでしたが、この2015は落ち着きのある訪問着、的なエレガント。良質なブルゴーニュ・ルージュを思わせるハッキリとした輪郭に、鮮やかな芍薬や白い山梔子の香りが入り交じり、レモンピールの酸味とフレッシュアーモンドや柘植のようなアクセントは少しシャルドネ的でもある・・。これまで通り、この季節に合わせて飲み頃の状態での入荷ですが、この2015はちょっと寝かしてみたい、と言う衝動に駆られます。 ●シュブロの[sakura」2014年物のコメントです。  「今年も日本での桜のシーズンに向けて、SAKURA2014が出来上がりました!このピノ・ノワール100パーセントのワインは、短期間の浸漬の後、 古い樫の樽で発酵、熟成されました。定期的なバトナージュにより、果肉と素材の良さが、マロラクティック発酵によってより一層、味にまろやかさが醸し出されて、春一番の新鮮さも兼ね備えたワインとなりました。  淡い、生き生きとした光沢の色合いは、さくらの花そのものを思い浮かべていただけると思います。それに加えいちごやすぐりのアロマが強く、グラスを回してみると、ピンク色のワインの中からグレープフルーツやキャラメルの 香りまでもが続きます。味わいは、赤果実が口いっぱいに滑らかに広がっていき、さわやかなレモンの香りが最後にやってきます。 鳥の胸肉の燻製サラダや魚貝類のブイヤベースにも合いますし、また和食の会席膳にとても合うワインといえるでしょう。●シュブロの[sakura」3年目の2007年物のコメントです。   「Sakuraは通常のロゼと違い春に楽しめるように特別な造りとなります。ブルゴーニュでは、赤ワインを造った後の残りのブドウでロゼワインを造りことがあります。しかし、シュヴロのロゼは『ロゼのためのロゼ』という観点から、適した土地を選び、ブドウを育てる段階からロゼに適した造りを行っております。造りは3種類ある造りのうち白ワインの醸造と共通した造りを行います。特に“Sakura”を生み出すにあたって工夫した点は1)通常より頻繁にバトナージュを行う 2)スティラージュ(澱引き)後の15日間の低温保存による安定化 3)コラージュのベントナイト(粘土の一種)の量を30g/Lから50gに増やす 4)樽熟成が3ヶ月・・・・・・   「特にロゼワインにとって、樽熟成の一番の利点はワインに含まれる沈殿物(微生物・酒石など)を取り除き、ワインの成分を安定化させることだそうです。熟成期間を3ヶ月と短縮することで、酵母活動後に香りがワインに残り、早飲みで果実香が大切なワインにはメリットとなります。“Sakura”は酵母の香りをあまり望んでいないので3ヶ月という熟成期間が大変好ましいとのことです。」   ・・・・・・なるほど~!です。  2005年入荷時のコメントです。↓ ●ピノ・ノワール100%のロゼ・ワインです。このワインを作るきっかけをドメーヌの『かおりさん』はこんな風に説明してくれました・・・   『偶然パブロと見た、日本の美しい桜の季節のルポルタージュ。私は、日本のこの可憐な季節に、同じ様に美しい桜色をしたロゼ・ワインを飲むことが出来れば、どんなに素敵なことだろう!と長年思いを温めていました。そこで、この考えをパブロに打ち明けたところ、日本の文化に大変な敬意を抱いているパブロは、すぐに“この思いを日本の皆様にお届けしよう!!”と言ってくれました。   『それからは、シュヴロ家一同団結。醸造はパブロが担当。ラベルのデザイン、コルクや瓶の選定等、大量の仕事が裏で待っていました。特に、ラベルの“桜”の絵柄は、義両親の大親友である、ドイツ人画家レナット・ジョシュマンが手がけてくれました。                   -左ラベル画像と共に、インポータさんの資料より ●今年はさくらの開花が少し遅れるようですが、一足早く、春の訪れを感じます。(alarへの入荷3月7日頃となります) ●・・・・と、言っていたら入ってきました「さくら」です。色的にはもう少し濃いめの「薔薇」のイメージですが。とても艶のある明るい色合いです。香りには少し甘めの果実味、ちょっとガメイっぽい軽い甘さがあります。基本的にはチェリーかな?甘酸っぱい酸もあって味わいはまさしくロゼ。後味がとてもさっぱりしているので、スイスイと楽しめます。ほんのり残るタンニンもきめ細やか。 ●・・・・何となく、朝から飲みたいワインですね。春眠暁を覚えず、と言うことで寝坊したお休みの日などに、しっかりとした朝食(おそらくパンだろうな)とって、ついつい一杯。ほろ酔い気分で近くの公園などにお花見に出かけてみたい、そんな感じのワインです。・・・・意外に「冨山の鱒寿司」なんかが合うのでは?「さくら」と言えば「サクラマス」。鮭とは言えない、鱒とは言えない、あの微妙な味わいに通じます。 ●ラベルの通りにピノ・ノワール100%ですが、チェリー系の香りに、少しガメイのような甘いイチゴ系も感じられます。樽はおそらく使ってないので、マルサネ・ロゼのようなつんとした感じのないところがまた良いところ。抜栓して1日置いて、と言ってもあまり伸びない性格ですので、するする、サクサクっと楽しんでください。(2006.03.07 いのまた) ●・・・失礼しました。3日目、4日目・・・なんですけど、思った以上に踏ん張っています。ちょっと落ち着きも出ておいしくなっちゃった!来店する他のインポータの営業さんに飲ませると・・・やけに好評です!(2006.03.10 いのまた) ドメーヌシュブロ パブロ カオリ ACブルゴーニュロゼ さくら Sakura 2015 品質保証,セール

オーレリアンヴェルデニュイサン=ジョルジュ 2006 最安値,定番

●ニュイ・サン=ジョルジュ(2009.02.08 いのまた) 透明感の高い明るめのガーネット。リムにはより鮮やかな赤。充ち満ちている赤い果実。高い熟度、厚味のある果実味。。心持ち低い重心。やや湿り気を帯びた、きめ細かな重い土。ゆっくりと起き上がる。根の張った、土の風味。「凝縮」した果実味。濃密な味わい。厚味ある輪郭。質量を伴った真珠の輝き。滑らかな存在感。緊密に詰まった質感 ●果実味、躍動感は共通しつつ、5つの村の特徴を見事に描き分けている。こちらのニュイ・サン=ジョルジュもその辺りがハッキリと現れます。でも、厳密には「描いて」いるのではなく「現れてくる」。自然・風土とそれをリスペクトする人が織りなす・・・不思議な関係の結果です。2日目ですが、alar好みのクロ・デ・コルヴェとか、アルジリエールと同類の味わいが深みを増して迫ってきます。かなりの「旨味系」です。  2004年物のコメントです ●フレッシュなクランベリー、豊潤なフランボワーズ、上品なキリッシュ、小さな赤い実がきちんと並んでいます。シロップにも似た甘い香り。落ち着きのある繊細なタンニン、ミネラル。雑味なくすんだ香りが清々しい・・。色合いも若々しく艶やかなルビー色の液体は、グラスをゆっくりと回すごとにその香りを開いていきます。 ●「果実味に彩られたしっかりとした酸とミネラル」が、このワインの味わい。口全体で感じる余韻の長さ・・・乱れがなく、最後まで整ったまま消え入ります。美は時に力強い! ●まだまだ若く、細やかな表情、重層的な複雑な味わいは生まれていませんが、生まれる要素は持っています。見かけ以上に芯が強い。外見的な美しさだけでなく、天性の強さをうちに秘めている・・・・と言ったところでしょうか?クリアーだが重厚さがある。おそらく今なら、一度デカンターに移し替え1時間おくと80%ぐらいの力を味わえると思います。・・・では100%は?残念ですが、少なくとも後3年、ゆっくりとお待ちいただくしかありません。(2006.08.04 いのまた) ●この畑はどの辺りでしょうか?・・・どうせ、当たらないと思いながら想像すると・・・ヴォーヌ側ほどスパイシーでない、プレモ=プリセの辺りほどミネラル感は堅くない。・・・・と言うことはサン=ジョルジュ周辺?果実味の太いところは控え目なので、プルミエクリュの上に連なる畑なのかな・・・・など浅知恵をくりながら、考えていると・・。 ●丁度、抜栓後24時間。幾分酸味が・・乱れてきた、と言ったところですが、全体的には良い感じ。落ち着くところに落ち着いています。加わる要素は、干した赤い実、紅茶の葉、しめやかな薔薇の花、焼き栗の甘味、唐松林の落ち葉の香り・・・・ごく僅かですが、来るべき姿が何となく映し出されています。暑さがやわらぎ、ふと朝の涼しさが清々しい・・そんな初秋の風景です。でも、3年は長いな・・・・。(2006.08.05 いのまた) 1604年からコート・ド・ニュイに居を構えるヴェルデ家。いち早くオート・コートの魅力に着目し、そこで化学薬品を使わずにブドウを育ててきました。そしてアラン・ヴェルデは1971年という早い時期にビオロジック栽培を始め、一時肥料の問題で土壌を壊しながらも、これまでビオロジック栽培の価値を疑うことなく続けてきました。目指すところはオート・コート・ド・ニュイのポテンシャルを尊重し、素直にその真価をを引き出すこと・・・その結果得られたワインは純粋で完成度の高いワイン。クラシックでありながら実に「今」求められている味わいです。 そしてそのブドウ作り、ワイン造りは、子息のオウレリアンに受け継がれました。2003年、若干22才の若さでドメーヌを引き継ぐと、さらにドメーヌから独立したネゴシアンとしてニュイ各地の畑から葡萄を買いながら、新しい境地を切り開き始めました。父から受け継いだ事を尊重しながら、栽培・醸造学校で学んだことを踏まえ、そしてとらわれず。また自然派ワインなどのすぐれて個性的なワインに学びつつ、様々な可能性を追求しています。 現在は父から譲り受けたオート・コート・ド・ニュイの畑の半分近くを売り払い、ニュイのより優れた地区に畑ないし葡萄を求めています。結果的にフェルマージュ(小作地)やメタヤージュ(折半小作)による畑をえることができませんでしたが、幾つかの畑で『葡萄を借りる』ことができました。その一つが今回入荷したニュイ・サン=ジョルジュ。彼のスタートとなるワインです。おそらく2006年5月の後半、ラシーヌさんの事務所へ行って新入荷分を何本か試飲させていただいたときのこと。ひととおり飲み終えたところで登場したのがオウレリアン・ヴェルデ・・・うわ!まいったなこれ!イメージ的には綺麗だけれどただ綺麗で終わらない。レシュノーに磨きを掛け、ビゾを鍛えた・・・と言うことで入荷を首を長くして待っていました。おそらくここ数年で確実に注目を浴びる予感のする作り手のひとりです!・・・・と言いつつ早3年目の2006年入荷です。2006年は村名クラス、コート・ド・ニュイの主要な村名、ジュブレ・シャンベルタン、モレ・サン=ドニ、シャンボール・ミュジニ、ヴォーヌ・ロマネ、そしてニュイ・サン=ジョルジュと揃いました。それぞれ謂われるところの「村の味わいの特徴」良く出ています。 オーレリアンヴェルデニュイサン=ジョルジュ 2006 最安値,定番

ジョルジュ・ミュヌレクロ・ヴジョ GrandCru 1987 新作登場,豊富な

R・パーカーがその著書の中で常に「秀逸」から「傑出」と評価するミュニュレ・ジブール/ジョルジュ・ミュニュレ(ヴォーヌ・ロマネ村)。ワイン生産は、このドメーヌの設立者であり眼科医であったジョルジュ・ミュニュレ博士の未亡人と、2人の娘さん、クリスティーヌとマリー=アンドレ、に引き継がれて運営されています。 ジョルジュ・ミュヌレクロ・ヴジョ GrandCru 1987 新作登場,豊富な

フレデリックコサールACブルゴーニュ ブラン ビゴ 2011 赤字超特価,送料無料

●インポーターさんからのコメント、です。  「リンゴの蜜、グレープフルーツ、レモンタルト、ミネラルの香り。口当たりピュアで柔らかい果実の中にも清涼感があり、細く繊細な酸と横に広がる旨味と溶け込んだミネラルが絶妙なバランスを保つ!ビゴットとは「信心に凝り固まった人」という意味。畑は1.9haで、ヴォルネイとポマール近辺とオート・コート・ド・ボーヌのPuits de chauxという区画のブドウが主、平均樹齢は51年。収穫日は2011年8月29日、9月1日。収量は45hl/ha!発酵は自然酵母で6~10ヶ月。新樽は30%、残りの70%は2~3年樽(10hlの大樽を含む)を使用!マリアージュのオススメはホタテとアスパラのテリーヌ、 舌平目のムニエル。あるいはスモークサーモンとウイキョウのサラダなど。」 ●ま、このビゴとサン・ロマン並べて出すとこちらのビゴの方が上のクラスと思われることたびたびなんですよ・・と経験的に思いつつ、改めてなるほどそうだよね、と思う今日この頃です。あれっ?って感じの厚みがあるんですよね。なのでちょっと繊細な「走りの筍」とかだと筍が負けてしまうんです。いきなり「豚ロースの~」に行ってしまうのですね。ま、実にフレンドリーなブルゴーニュ・ブラン。それでいて、この2011年はオシャレです。本能に引かれつつtも理性を保ちつつ・・ ●このキラキラした感じがこのワインの個性かな?夏の海の照り返しの様でもあり、秋の木漏れ日のようでもあり、クリスマスのイルミネーションの様でもあり、春は・・・春は、菜の花畑!そんなワインでした(2013.05.16 いのまた) フレデリックコサールACブルゴーニュ ブラン ビゴ 2011 赤字超特価,送料無料

ドメーヌクロードデュガACブルゴーニュ ルージュ2010 送料無料,爆買い

●2009年が良かったのでさらに良さそうな2010年も入れてみました。・・・「果実味のヴォリューム感よりも幾分フェノール系のウエイトが勝っているようだが、グラスの中でゆっくりと酸が膨らんで最終的にはバランスの取れたフィネスを感じる味わいになる。ここ数年の傾向通り赤い果実味の感触がましてきた。香りには心地よいハーブのアクセント、より磨き込まれたミネラル感。その年のブドウのコンディションをそのままに生かす造りの巧みさ。あるいはこれまでのスタイルを少しづつ変えながらアップ・ツー・デートしてくる上手さはさすがデュガ・・・(2012.08.04 いのまた) ●と言う事で、かなりオススメの一本となっております。一応バーガウンド.comのコメントも載せておきますね。こちらではOUTSTANDING!でした。  「A fresh, ripe and admirably pure nose of red berry fruit that is nuanced by earth undertones leads to delicious, supple and relatively refined middle weight flavors where the supporting tannins display only a trace of rusticity on the balanced, persistent and nicely complex finish. A quality Bourgogne that is worth considering.」 以下2009年物のコメントです。 ●バーガウンド.comのコメントです。 Producer note: The always understated Claude Dugat describes 2009 as a "relatively easy vintage. The growing season was relatively straightforward as there were no particular problems if you were careful about your vineyard work and yields. We began picking on the 20th of September and brought in very ripe fruit that ranged between 13 and 13.6% potential alcohols. The vinification was a normal one with no issues to speak of and the malos were normal as well. As to the wines, they remind me of the 1999's as there is a lot of upfront fruit with supple tannins though the overall impression is less pinot noir in character and the wines lack a bit of underlying tension. The Bourgogne and villages wines are perhaps a bit less well balanced than the 1ers and grands crus though the difference is relatively minor. I think that '09 will be a popular vintage but perhaps a bit less appealing for hard core burgundy enthusiasts." Tasting note: A reduced nose renders it hard to evaluate but there is excellent volume to the generous, delicious and admirably rich flavors that possess fine balance and impressive length. Lovely at this level.Tasted: Jan 01, 2011Score: 86-88Drink: 2013+ - Comments: Outstanding Top value ・・・と言う事で『お買い得』となってました・・・。  ・・・以下、似たような?年と言う事で2005年のコメントです。 ●ワインアドヴォケイト170号(2007年4月版)のコメントです。   「The 2005 Bourgogne (in bottle since December) displays genuine density as well as a bit of woody stiffness, although juicy raw black raspberry fruit abounds as well. Certainly one should plan on giving this a few years in bottle before revisiting. 87points $40」 ●こちらも樽での試飲ですが・・・バーガウンド.com25号のコメントです。   「Fairly strong reduction largely hides any discernable nuance on the earthy red fruit nose but the rich, full, intense and impressively well-detailed flavors are complex if a bit rustic. Still, it's clear that there is real quality lurking underneath the funk and this is recommended.Tasted: Jan 01 2007Score: 85-88 Drink: 2010+ - Comments: Outstanding! Top value」 ●下の方のジュブレ・シャンベルタンのコメントでクロード自身が言っているように、「2005年は偉大な年だがピノ・ノワールにとっては偉大な年では無い」というのは非常に意味深く感じられます。デュガの05。試飲できるのはこちらのブルゴーニュぐらいなので・・・結論から言っちゃうと好み的には2004年が良かったな・・。2005年、肉厚で充実した果実味やタンニンの豊かさ、そしてしっかりとした輪郭やシルエットの構成。心を許せば「ブラボー」なんですが、ちょっと待って、これ?ボルドーのワインじゃないよね?・・・・・どこかでalarは「2005年は酒屋いらず」と言っていたのですが、このワインも確かに凄い!何となくヒラリー・クリントン!かパリス・ヒルトンあるいは叶姉妹と言った勢いのあるセレブ系な雰囲気。でもそれはブルゴーニュじゃないんだよな、個人的には。続けてクロード叔父さんは「できた葡萄をそのままに」と言っていますが、そうなると益々地球温暖化などが心配となる今日この頃です。 ●ワインそのものは、ホント文句付けようが無いくらいACブルとしては秀逸な出来映え。飲み頃もしっかりと3~4年先を見据えている。でもこれで良いのか?ブルゴーニュは!(2007.05.17 いのまた)  2004年物のコメントです↓ ●何となくな果実の香りは、やはり何となく控え目ですが、「すあま」のような甘さはしっかりと伝わってきます。幾分シャイな感じとも思えるのですが、むしろ分をわきまえていると言うところかな?それとなく伝わるポテンシャルの高さはクロード・デュガ。当然のことながらやはり空けるには後2~3年は待っていたいともいつつも、開けちゃって後の祭りですので、ズンズン行きます。 ●まず一口目、果実は香り同様に、どこかでマスクされストレートに感じられません。でも中盤からじわじわと来るところはいいですね。ここで二口目。うわっと!来ました「樽無し果実味の凝縮感」はデュガ節。しかもここ2~3年のものと較べるといたってタンニンが控え目で柔らかい。ダークチェリーからブラックベリー中心に果実味がしっかりとまとまっています。豊かで柔らかく撓る酸もタップリとして、シンプルな構成ながらもヴォリューム感がある。何となくですが1990年代中盤の味わいに似ているのかな?2000年前後の「押し出しの強さ」の代わりに「ただあるがまま詰めました」みたいな全うにクラシカルで洗練された美しさを感じます。 ●グラスに入れて時間をおくと、崩れるのが早い(30分ぐらい)のはACブルなので致し方ないところ。旨味はそれなりに維持していますが幾分若くこなれないハーブの味わいが出てきてしまいます。逆を言えばグラスにたっぷりと入れて、ボトルからすこしづつ足してあげるとその美味しさは維持できる!(この辺りがデュガのACブルをどう評価するかと、いつも悩むところなんだよな・・・)。薄めの仔牛のカツレツなんかにイイんじゃないかな?・・タマネギと豚肉の串カツとかにも・・・何となくうっかりとしてかなり焦げ気味の串カツならば2003年物も良さそうな気もしますが、少し濃いめのきつね色に揚がってお肉の芯の部分がほんのりピンク色と言うときにはやっぱり2004年物が・・・(2006.05.17 いのまた) ●バーガウンド.comの21号のコメントはこんな感じです・・・。   「Fairly strong reduction masks the nose but the middle weight flavors are sweet, rich and dense, particularly so for the vintage as while the Dugat Bourgogne is never an inelegant wine, it is especially pretty in 2004.84-86points ~2007+   「Producer note: The always understated Claude Dugat told me that 2004 is a "good millesime but not a great one. August was just too ugly with limited luminosity, hail and other various problems and while September was one of the finest ever, we just couldn't recoup all of the lost maturity. Thankfully, there was just enough phenolic maturity and better than expected sugars which were in the 12% range. I elected to do a 15 day cuvaison with twice daily punch downs but almost no pumping over. The malos were very long and the wines are interesting as they continue to put on weight but still, I don't believe they'll ever be genuinely great. That said, 2004 is very pinot with a certain underlying tension to the wines and I particularly like the elegance. There is a good base of acidity so the wines are very clean and energetic in the mouth yet it isn't aggressive. I don't believe there is another vintage that represents a really good parallel but if I had to choose one, it would be 2001." The present plan is to bottle at the usual time, which in Dugat's case is February.While I agree with Dugat that 2004 is not truly a great one at this domaine, it is clearly very fine and will give much pleasure over the medium term.   2003年物のコメントも載せておきます↓ ●ううっ~!ついに5000円の大台を越えて(申し訳ありません)の登場です、クロード・デュガのACブル。先日某百貨店主催のパーティーで飲んできた人の話では「濃いけどイイ!」とのことです。一応、バーガウンド.com(17号)でコメント見つけたので載せておきます。  「 Heavy reduction masks the nose though the flavors are extremely rich and full with plenty of material and a chewy finish. This is not exactly heavy but neither is it elegant and the flavors are borderline pruney. (82-85)/2007+」 ●2003年、やっぱり難しいッすね~。確かにヘヴィではないんだけれどエレガントさに欠けた、と言う印象はあります。果実味がこもっているのか?タンニンが幾分青いのか?マロラクティク発酵由来の柔らかい酸が返って全体の印象を緩くしているかな?たとえて言うなら沸騰した水で煎れてしまった玉露かな?デュガらしい、全体的な力強さはむしろきっちりと酸の乗っている2002年の方がある様に感じます。 ●大きめのグラスに移すと幾分赤い果実味も出てきますが、やはり時間が掛かります。一回落ち着かせる必要があるのかな?半年待ってちょっと飲み頃、でも2009年ぐらいまでに飲んじゃたほうが良さそうな気がします。魅力的ではありますが「美しく」年を摂っていく感じではないですね。この辺り難しいところです。美味しく飲むにはちょっと一工夫必要かな?2003年なかなか手強いです。(2005.05.03 いのまた) ●↑こんなコメント書いていると、また売れないな~、と思いつつの2日目です。別にフォローしようってんで訳ではないのですが、この2日目の方がいいかも・・・。香りにスミレっぽい感じも乗って幾分調子上向きです。赤い果実味も少し出てきたかな?相変わらず厚めのタンニンが残っていますが幾分柔らかさも出て、これならまずまずな感じですね。気持ちムーシュ(うるさい小蝿たち)の寄りつき方も昨日に比べると多くなってきました。やはりワイン自体はさすがデュガと言うことで丁寧に作られている印象ですが、「エレガントさ」とは少し間をおき、どうしても2003年の暑さをひしひしと感じてしまいます。それでも「力」は十分に持っているので飲み方や食事との組み合わせで上手く楽しみたいところ。。抜栓してすぐにデカンタージュして2時間は見た方が良いかな?合わせる料理はやはり鴨かな?ラムかな?このあたりもなかなか難しい・・・。 ドメーヌクロードデュガACブルゴーニュ ルージュ2010 送料無料,爆買い

ドメーヌシャソルネーサンロマン ルージュ 2003 Sour Roche スー・ロッシュ 本物保証,お得

●個人的に一番好きなシャソルネはこのサンロマン・ルージュ。毎年ずいぶんな本数をストックしていますが、この2003年はどうもそうは行かないようです。例年になく少ない生産量。2004年が待ち遠しいです。 ●入荷からほぼ1年と少々。何となく飲みたくなって飲んでみました。1日目、まだタンニンがぎしぎしと感じます、でも濃さやそれを取り巻く輪郭はしっかりとしてきたな・・・・2つか目です。旨味の凝縮感はこれまでこのサン=ロマンに感じた事がないほどにすさまじく、旨味もたっぷりと出ています。これはかなり美味しい・・・。やはりタンニンが強いのでまだまだこれからという感じですが、2004年に感じたヌイ・サン=ジョルジュとの類似性を強く感じます。もう1~2年置いておいて、そろそろ、と言う感じかな?しみじみといいワインです、が・・・如何せん本数が少ない・・・(2006.05.24 いのまた)   2002年物のコメントです↓ ●シャソルネの赤、ヌイもオクセも良いけれどalar的にはこのサン・ロマンがやっぱり一番オススメ。最もシャソルネの良さがでている原点的ワインですね。「唯吾足知」たたずまいが禅的というのは言い過ぎでしょうか?日本の風景に最もフィットしたブルゴーニュ・ルージュです。 ●ムルソーの村に流れるサン・ロマン川を逆のっぼていくと、右にオクセイ・デュレスの斜面が広がりさらにその奥となる部分にサン・ロマンのブドウ畑は広がっています。此の地はきちんとした村のアペラシオンを持っていますが、ほとんどこの存在は意識からはずされ、かつて、あまり話題に載ることはありませんでした。実際に、ヒュー・ジョンソンの「ワールド・アトラス・オブ・ワイン」には、この地区の地図は省略され載っていません(第5版からはようやく掲載される様になりました)。しかしながら、このワイン(上の白も含めて)によって、認識を明らかに変える必要があると痛感しました。 ●サン・ロマンのワイン特徴は、そのブドウ畑の標高と特殊な土壌にあるようです。通常のブルゴーニュの一級、特級のある地域はおおよそ標高250mから300mの位置にありますが、この地域の標高は300~400mにあり、従って他のブルゴーニュの地よりも、だいぶ涼しい環境にあります。このためワインに高い酸度と繊細さがもたらされます。一方、此の地域は石灰質が豊富な土壌で、このこともワインの繊細さに一層の拍車をかけ、他のブルゴーニュの物と一線を画す個性的なワインが生み出されます。 ●2002年コメント まずは一口・・。例年に較べると気持タンニンの豊かさを感じます。そして堅いミネラルを連想させるような屹立した酸の感じは少し控えめですね。果実味がまだまだクリーンなだけに少し落ち着きがありません。それでもポテンシャルは予想通り高いです。一口飲んだだけで、例年にない全体の張りや力強さを感じます。とは言ってもシャソルネ的美味しさは健在。空気感のある奥行きはやはりシャソルネならではの体験。「冬来たりなば、春遠からじ」と行った様相です。う~ん、判っていただけたでしょうか?とりあえずのコメントです(2004.01.20 いのまた) こちらも2日目。本当は抜栓して2時間ぐらいで一度試そうと思っていたのですが、少々野暮用ができ、少し時間が空いてしまいました。やはりいつもの年より少しボディが厚いかな?果実味が十分に開いていないので、その分、果皮からかな?タンニンの厚さを感じます。赤い紫蘇の葉やヨモギ餅、干し柿、のし梅のような酸味、どうも連想する物が「和風」です。バランスはとてもいい状態ですが、まだまだ「一体感」を感じるまでには時間が掛かりそう。でも出来上がった時にはかなりのものとなりそうな予感がします。(2004.01.21 いのまた) ●久しぶりの2002年サン・ロマンのルージュです。これはどうなんだろ?これまでいわれたきた「開く」という方向ではないですね。むしろ深みを増す・・・果実味だけとらえるとやや後退した様子。その一方でミネラル感、旨味がグッとましています。美味しさのベクトルの違い、あるいは美味しと言う意味に達する文脈の違い。「和的」なことは確かだけれど「和」だけではない西洋に対する東洋、オリエンタルな揺らぎ、落ち着き。神は唯一ではなく太陽、月、風、そして大地に・・・そしてワインに・・・いいワイン、は良いワインでした。(2005.09.21 いのまた)   2001年のコメント 少し疲れたところでかわいそうかなと思いつつ、試飲してみました・・・。例年より果実味が堅い感じがしますが、その分をシルキーなタンニンや深みのあるミネラルがしっかりとしており、ちょっと先が楽しみなワインとなっています。これはもはやシャソルネ・スタイル?あえてよく似たワインを捜すとカリフォルニアのフェイラ・ジョーダンのものがよく似ています。ストレートな果実味ではなく、梅やスモモと言ったオリエンタルな果実味、控えめながらも個性と主張をもった果実の味わいで満たされています。色々な意味で「ナチュラル」と言う言葉がぴったりのワイン?ではないでしょうか。(2003.01.09)   2000年コメント この年からフィルターを少し掛けるようになりましたが、そのことでスポイルされた物は全くありません。昨年同様に大変みずみずしく自然で豊かな果実味があります。少し酸味がきついかなと?と始めは感じますか、時間とともに全体が和らぎ華やかな赤い果物の香りが広がってきます。明けたその日には繊細が感じられ、2日目からはしっかりとしたしなやかさが感じられます。この辺りの変化の様子も昨年同様。天然の濃縮した美味しい葡萄ジュースをそのままお酒にした味わい、天然酵母の美味しさを感じるナチュラルなワインです。(2002.02.01 alar)   1999年コメント  「チェリーやクランベリーの爽やかな甘酸っぱさと、事柔らかさを感じるオークの甘い香りのバランスが取れ、余分なタンニンは全く感じない、実にスムーズでなめらかなワインです。果実の味わいに繊細さが見られ、色にはややオレンジが掛かっていますが、しっかりとした濃さがあり、ワイン全体がはつらつとしています。いま飲むのがベスト、と言うきもしますが、この酸が落ち着き細やかさがでてくるのを期待しても面白いかもしれません。」こんな感じですがいかがでしょう?(alar 2001.01) ドメーヌシャソルネーサンロマン ルージュ 2003 Sour Roche スー・ロッシュ 本物保証,お得

エルヴェルーミエオートコートドニュイ ポワルロット 2009 HOT,人気SALE

●クロ・ド・ヴージョはその昔、エルヴェの父アラン・ルーミエが、クリストフとその父ジャン・マリーにフェルマージュで貸していました。1978年、エルヴェがドメーヌを引き継いだ時にエルヴェに返却されました。 エルヴェルーミエオートコートドニュイ ポワルロット 2009 HOT,人気SALE

プリューレ・ロックニュイ・サン=ジョルジュ1erCru ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 品質保証,本物保証

●・・・う~ん、一つ飛ばして、ニュイ・アンに較べると・・・「ほにゃらら吟醸」と「ほにゃらら大吟醸」って感じの違いかな?その延長で捉えると研かれているなと、思う次第であるわけです。飲んでいるところの流れにストレスが無い。なんとなく「ロックの隠し扉」を感じつつも受け入れやすいのかな?ニュイ・アンも同じようなポテンシャル感じながらもこちらの方がかえって控え目、なんです・・・。ニュイ・アンよりも一気に踏み込めない。なんとなくガードが堅い雰囲気。 ●かつては新車を買うと「3000kmぐらいまで慣らしをしないと」と行っていた時代がありましたが・・・・コレも慣らしが必要かな?取り敢えず一日おいてみたいと思います。(2007.11.09 いのまた) ●で慣らしもすんだかと言う2日目ですが・・・・なぜか閉じちゃっていますね・・・。業界では「閉じている」という言葉は非常に便利でなんとなく果実味が乏しくて今ひとつぱっとしないところで「閉じちゃっているね~」とそれっぽい顔して語っちゃうと、周りもそんな物かな~と納得するわけで・・・なんですが、やっぱり適当な言葉を探すと、閉じちゃっているわけですよ。芯がしっかり残っているので「落ちている」とは言い難い。タンニンにくるまれた芯の旨味はなるほどロックですが・・・難しいな~。常にワインを語り始めると遙か遠くに視線の行っちゃうロック同様に(上の方の写真参照)ワインもなんとなく遠い世界に・・・・。 ●2~3年して飲もうかと思うと、おそらくタンニンとミネラルだけで「コレがロック」としたり顔して簡単なコメントですませちゃうんだろうけど、普通そんなじゃ納得しないよね。でも、そこからがなんとなく始まり、と言う予感がするんだよ、オジサンは。 ●ロックのラベルの赤い3ッつの○(まる)、フレデリックはかつてエジプトの人たちも、葡萄にはそれぞれ個性がある事を理解していて、3つの○は微妙に形が違う・・・そしてその個性がまとまって・・・云々と話していたけれど。お腹の調子が悪くなければ・・・もう少しちゃんと聞いていたのに・・。実際にフレドリックにあって感じた印象を、ワインの印象にバイアスを掛けたくないけど、やっぱり掛かっちゃうよな・・・。 ●ロックのクロ・デ・コルヴェの畑には作業用のクルマとして英国ランドローバーのディフェンダー(ジープ、あるいは今はなき日産サファリみたいな四駆)が数台入っていて、それだけでもなんとなく一応のクルマ好きとしては心揺さぶられる訳ですが、イヤそうじゃなく、古いお寺とかに行って掛け軸にでっかく「○」と書いてあって、その意味がどうのこうので、良く解らないけどそう言う物かなと納得させられるって感じあるじゃないですか・・・・。要は何か、結構スゴイワインなんだよ、コレは。(久しぶりにギブアップ、ニュイ・アンわかりやすくて良かった・・・ 2007.11.10 いのまた) ●どうにもコメントまとめきれなくて、ギブアップですが、チョコと残っていた分を一口・・・まとまっていますね。ニュイ・アンも丁度3日目ぐらいで飲み頃、と感じたのでコレも同様に、と言ったところでしょうか?で、考えると実際の飲み頃となるのは・・・2012年頃からようやく、やっと、と言う感じかな?そう考えるとやっぱり一般的な具象的絵画の解釈は当てはまらずに、抽象的な絵画として捉えるべきなのか?音にたとえれば「尺八」の音色・・・。もう少し残しておけば良かった!(2007.11.11 いのまた)   なんとなくな2004年物のコメントです。 ●ニュイ・アンに較べるとズズッと大人。でも二十歳前後かな?外に向かっての美しさと共に内面的なあでやかさが出てきた、と言う感じです。・・・と話をごまかしつつ、そろそろ言ちゃっても良いかな?・・・思うにロックのワインって総じて言えることなんですが、「解析不能」な処が多々あるんですね~。一言で言うと「容易にその姿、全貌を表さない。」これはイイワインについては概ね言えることで、だからこそある意味イイワイン、なのですが・・・。 ●決してコメントする努力を放棄しているわけではないのですが、たとえば!ブルゴーニュの自然派として著名なパカレ。ある意味構成がしっかりとして気むずかしい。一方のシャソルネ。常に明るくも静かな趣を常に携えている。そして、このロック。朧気ながら感ずるところはその2面性かな・・・。口の中を満たすのは唯、水のような透明感であると共に、しっかりとしたグリップを持つボディの強さ。締まるような酸味を感じつつも、膨張し厚みを増すミネラルの堅さ。言葉ではたどり着けいない官能の奥深さ・・・。個人的にロックのワイン、こうした感想を持っていますが、このプルミエ・クリュにもそうしたキャラクターが実によく感じられる。 ●結果的に常に飲むタイミングが早くて、その美味しさの「さわり」だけを感じているだけかもしれないのですが・・・。何となく、飲み頃は2010年の秋から2015年にかけて。格落ち、と言えどもこのワインをプロデュースするフレデリックの語り、一つ一つ言葉を選びながらその言葉の意味を同時に思索する、そのもののワイン、ではないかと思ったりもしています。(2007.03.16 いのまた)   いちおう2002年も飲んでいますのでそのコメントなど↓ ●B.G.Oから比べると3つ上のクラスとなる「一級畑」ワインです。B.G.Oとともに試飲すると、こちらは中々開かずにちょっとがっかり?と思いきや、15分ぐらい経ったところで一旦開き始めると、思わずにんまりしてしまう美味しさです。ほどよくタイトにまとまった果実味と、豊かな炒りたてコーヒー豆の香ばしさ。深み在る余韻の旨味の持続感。なるほどプリューレ・ロック美味しいです。 ●本来は比較の仕様がないのですがBGOに比べると圧倒的に情報量が違います。その分すべてがアウトプットされるには時間が掛かります。抜栓後も便の仲では非常に緩やかな開き方。グラスに入れて暫くそのままにしておくと、本来のキャラクターを発揮します。パカレほどの気むずかしさは無く、シャソルネほど明確な開放感とも異なる・・・ブルゴーニュの自然派、やっぱり恐るべしです。(2005.02.08 いのまた) アンリ・ルロワの孫であり、DRCの協同経営者の一人としても有名な、アンリ・フレデリック・ロック氏の送り出すワインです。ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。プリューレ・ロック2006年物がぼちぼちと入荷し始めました。プリューレ・ロックからの2006年情報です。    「2006年の収穫は9月25日から10月3日まで行われました。収穫の間天気はとても良く、気温は12℃から、最も暑い日には23℃まで上がりました。収穫最終日には少量の雨が降りました。この年は開花が早く、ぶどう果は均質に成熟しました。クロ・ド・ベーズだけは7月26日に降った軽い雹により、一時的にぶどう樹の成長過程が妨げられ、成熟に若干の乱れが生じました。    「ポンプの使用は、ワインを極力変調させないように極めて最小限まで減らし、各ワインにつき1度だけ(圧搾機から出すとき)としました。発酵中のルモンタージュはポンプを使わないで行ったということです。瓶詰め前のスーティラージュをするのにはとても時間がかかりました。わたしたちがそれを終えたのはなんと2008年の収穫中でした!! 実際、ワインはノンコラージュ、ノンフィルターなので、「スーティラージュの窓」つまり高い気圧の訪れを長い間待ちました。    「2006年ヴィンテージは、すばらしく長熟するワインの2005年のような非常に美しい構成力と、いますぐに飲むことができる2001年のような素晴らしいフィネスを、ともに持ち合わせていることが特徴です。 プリューレ・ロックニュイ・サン=ジョルジュ1erCru ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 品質保証,本物保証

ダルヴィオペランシャサーニュモンラッシュ 1erCruブランショ=デュス 2002 送料無料,得価

●誰もが(約3名)泣いた2001年のブランショ・デュス。では2002年は・・・もうボロボロにされちゃいそう!かな?今からティッシュいっぱい抱えての試飲が楽しみです! ●・・・・あまりティッシュは必要なかったです。一級としての品格は十分に備えているワインですが、今ひとつ、詰まりがないんですね。2001年に比べると現時点ではかなり地味。でもこれと似た経験をルフレーヴのバタールでしているので、やはりもう少し置いておくべきワインなのかもしれません。 ●2001年で一目惚れのダルヴィオ・ペラン、何でそんなに冷たいの?と言いたくなる処ですが、ワインの道は山あり谷あり、そのうちに、きっと、です。(2005.03.19~21 いのまた)  2001年物のコメントです ●上の「ベルジュリー」スゴイと思っていたら、こちらはさらに2倍ぐらいすごかった・・・・グラスに注ぎ、まず香りを・・・・・・なんで?なんで?なんでこんなに気持ちの良い香りなんでしょう?懐かしくも切なく、一瞬にして虜にされそうなこの上なく上品なセクシーさ?きめ細かな大理石に彫り込まれた聖母のレリーフ、はたまた白き塑像の菩薩像・・・思わず目頭が熱くなります・・・(ほんとに!) ●あまり意味はないと感じながらも思いつくままに香りをあげればレモン、青リンゴ、白桃、黄桃、洋なし、クチナシや木蓮の白い花、アクセントとなるマンゴーやパッションフルーツ。蜂蜜なんぞは当たり前でバターやシナモン、グローブ等々。それぞれの香り、味わいが薄く、薄く層をなして重なり合い、全体をこれまた薄く薄く幾層にもして焼き上げたパイ生地に優しく包まれたが如く・・・。香りの神妙さに流されそうになりながらも、それに終わらない至高への誘いは、肌理と力のある酸、磨き込まれたミネラルの一粒一粒、そして厚みと張りのあるボディーによって構成される、純度の高い結晶構造の様な・・・・何しろ、すごく美味しいんです!(2004.10.28 いのまた) ●村名クラスが一級モノに近い味わい、ならばこちらの一級は特級の味わい?との期待を裏切ることのないできばえです。畑はマイナーながらも平面的にはル・モンラッシェとクリオ・バタールに接する三角地帯の一角。両者の位置からは高度的に下がるので1級として扱われるが、日照条件がすごく良さそうな南東向きの緩やかなスロープ、完成したワインは特級に限りなく肉薄する「涙ものクラス」のワインです! ●バーガウンド.comの11号に掲載されているコメントです。  「(Blanchots Dessus abuts Montrachet on its southern border). Exquisitely subtle aromas of lemon-lime, ripe pear and peach plus a hint of toasty oak lead to generous, rich, firm, full-bodied flavors underpinned by plenty of ripe acidity that gives the finish a certain vibrancy and plenty of lift on the long backend. A really pretty wine of solid complexity. (89-91)/2007-11」 ●蛇足ながら・・・2001年と言うことで、ちょっと飲み頃入ってきたかな?と言う感じもしますが、やはりバーガウンド.com同様にあと2~3年寝かせてから楽しみたい一本です。我慢できずに飲んでみようと言うときには、大きめのグラスでゆっくりと、ゆっくりとお試しください。抜栓して2日間は十分過ぎるほどに楽しめます。でも3日目ぐらいから少し構造的なゆるみが出てくるかな?このあたりがやはり1ッ級としての限界なんでしょうかね?また寝かせると印象も違うかな?・・・・それと、このワインの唯一の「欠点」をあげるならば・・・ワインが美味しすぎて、合わせる食事にかなり悩みそうな感じです。・・・お供はパンだけでいいや。 ●試飲に参加した誰も(約3名)が思わず目頭を押さえてしまった・・・・あの瞬間が再び思い起こされます!涙の2001年また少し入荷(2005.03)しました。へへッ! 先ずは、インポーターのラシーヌさんからいただいた資料など・・・・・ディディエとジュヌヴィエーヴのダルヴィオ夫妻は、骨の髄からヴィニュロン〔栽培醸造家〕である。すべて自家でおこなわれる、ブドウの剪定・収穫作業から澱引き・ビン詰めにいたるさまざまな過程に、すみずみまで神経を行き届かせている。 ディディエ・ダルヴィオは、ワイン醸造の方法をジュヌヴィエーヴの父、ピエール・ペラン氏から学んだ。かの伝説的なムルソーとヴォルネーのワインメーカーである。ディディエとピエールの協力のもとに、当ドメーヌはごく少量のワイン(10ケース内外の1989年産)を、初めて元詰めして出荷した。11ヘクタールを有するドメーヌは、今日では国際的に、ブルゴーニュ最上の赤・白ワインを元詰めする生産者に数えられている。つい最近の2001年、家族間の相続によって当ドメーヌは、貴重な1級畑ムルソー・ジュヌヴリエールを0.5ヘクタールばかり入手し、申し分のない一連のムルソーの畑にさらなる光輝を添えた。その畑とともに王冠を飾る宝石は、シャサーニュの1級畑ブランショ=ドゥシュ(ル・モンラシェのすぐ下に接し、ワインはまさしくその味わいを感じさせる)と、ヴォルネーのレ・ブランシュと同1級畑のジゴットおよびサントノである。 〔栽培・醸造〕これらの栄えあるブドウ畑の平均樹齢は50年に達するが、ダルヴィオ=ペランを際立たせるのは、畑に対する並外れた傾注である。優れたブルゴーニュワイン造りの秘訣は、健全で熟したブドウ果を、ヴァット(発酵槽)に送り込むことである。畑から完璧なブドウ果を得ることに比べれば、重要において次位を占めるのが醸造なのである。 きわめて冷涼な当セラーのモットーは、「必要最低限の人為的介入」である。マロラクティック発酵は、完了するのにしばしば1年ちかくを要するが、この働きが複雑さと品質の向上に資するのである。赤ワインは14℃で予備浸漬させ、白ワインはすべて樽発酵させている。赤・白ワインともに、10-15ヶ月の樽熟成を経る。日本ではまた無名の存在ですが、流行のバーガウンド.comなどではなかなか良い評価を受けています。そして幾種類か試してみると・・・・、なるほどラシーヌの合田さんお薦めの理由がよくわかります。今回の入荷は4種類ですが、ダルヴィオ・ペラン、以下のようなワインも作っているようです。将来の入荷がちょっと楽しみですね。     白ワイン ・Meursault AC Clos de la Velle ムルソーACクロ・ド・ラ・ヴェール ・Meursault AC Tessons ムルソーACテッソン ・Meursault 1er Cru Charmes ムルソー1級シャルム ・Meursault 1er Cru Perrieres ムルソー1級ペリエール ・Meursault 1er Cru Genevrieres ムルソー1級ジュヌヴリエール ・Chassagne‐Montrachet AC La BergerieシャサーニューモンラシェACラ・ベルジェリー ・Chassagne‐Montrachet 1er Cru Blanchots‐Dessusシャサーニューモンラシェ1級ブランショ=デュス     赤ワイン ・Monterie AC モンテリAC ・Chassagne‐Montrachet 1er Cru Bondues シャサーニューモンラシェ1級ボンデュー ・Volnay AC Les Blanches ヴォルネーACレ・ブランシュ ・Pommard AC ポマールAC ・Volnay 1er Cru La Gigotte ヴォルネー1級ラ・ジゴット ・Volnay 1er Cru Santenots ヴォルネー1級サントノ   ダルヴィオペランシャサーニュモンラッシュ 1erCruブランショ=デュス 2002 送料無料,得価

フィリップ・パカレボーヌ1erCru レ・ショショー 2006 定番人気,爆買い

Ch Rays,Domaine Leroyで研修を積んだ後、プリューレ・ロックの醸造長を長年務めその後2001年に独立・・・が、フィリップ・パカレの経歴です。また彼はボージョレのマルセル・ラピエール氏の甥でもあり、その縁で『自然派(アペラシオンを越えたフランス全土における)』を形成することとなったジュール・ショヴェの最後の弟子でもあります。 パカレはジュール・ショヴェの元で、相応の犠牲(例えば労働時間であり、あるいは腐敗果を捨て去る勇気・・・)を払うことを厭わなければ、近代技術に頼らない自然派の作り=かつて1950年代頃まで普通に行われていた作り方で、テロワールを忠実に表現する素晴らしいワインができる可能性に満ちていることを学んできました。そしてここで行われていることが「ただの非科学的な理論のように思えるだろうが、科学的なことを十分に理解した上でなくてはこのようなことには取り組むことができない。この理論は、自然科学に基ずくものである。」と言うことも理解しています。 そしてパカレ曰く、「ブルゴーニュワインの多くは単一品種で構成されているからその味わいを造っているものは、ブドウではなくテロワールなのである。これを最も大切にしなくてはいけないし、土壌、ブドウ、天候、そして人間があり、このどれ一つとして欠けてもワイン造りは不可能である。また、人間はオーケストラでいうところの指揮者であり、ブドウがより良く育つために導いてあげるだけなのだ。ワインは工業製品ではないから、技術を駆使して手を加えてしまうと本当のテロワ-ルを表現することはできない。」と。 実際のワイン造りにおいては、ブルゴーニュの伝統品種ピノノワールやシャルドネにこだわり、単一の品種が様々な土壌や気候によって異なった表情を見せることを重要と考えています。画一的な手法で、ある決まりきった味わいを造り出すのではく、その年、その土地、その気候が生み出すコピーのできない味わいのワインこそが理想と言います。栽培においては、農薬や除草剤を使用せず、とにかく成熟して健全なブドウを得ることに注力します。除梗をせずに発酵させるため、果梗まで完全に熟した状態で収穫することを理想としています。 醸造においてはSO2を用いず、ブドウに付いた天然酵母の力で発酵させます。ブドウ本来の風味を損なうと考えている作業も行いません(ルモンタージュなど)。同様の理由で新樽の使用にも慎重で、過剰な樽由来のロースト香を避けます。補酸や補糖といったことも行いません。 このように今や自然派ワインで採用されている典型的な手法を実践しているフィリップ・パカレですが、彼のワインには一部の他の自然派ワインにみられるような酒質の緩さや揮発性の香味、還元的なニュアンスを感じることはありません。そこには、様々な醸造法を知り、多くの経験から得た知識を持つパカレ氏ならではの特徴といえます。パカレ氏は、緻密で多彩な科学的知識を背景に酸化と還元のバランスをとり、完成された味わいの自然派ワインを生み出しています。インポータさんからの2005年ヴィンテージコメントです。   「非常に出来がよく、今までのパカレのワインの中で「偉大・傑作」といえる作柄。2005年を戦後のブルゴーニュ全体の作柄と比較するなら、1978年のような綺麗な酸味、そして1945年に似た味の濃縮感と収量の少なさです。どちらの年も1959年と並ぶブルゴーニュの赤にとって秀逸な年です。また白ワインの熟度も非常によくて、濃厚でコクの強いヴィンテージとなりました。」・・・なるほど期待の2005年です。こちらは最新ヴィンテージ2006年に関してフィリップ・パカレからのコメントです。   「一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日から行いました。   「2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。   「香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。   「最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい・・・。 フィリップ・パカレボーヌ1erCru レ・ショショー 2006 定番人気,爆買い

オウレリアンヴェルデニュイサン=ジョルジュ 1erCru オーブド 2006 低価,セール

●2006年は残念ながらシャンボールやヴォーヌ・ロマネ、ジュブレ・シャンベルタンの1ッ級がないのです。・・・・と言うことでニュイ・サン=ジョルジュの一級トリオの試飲の続き・・・・  ●オー・ブド 幾分暗さを伴ったルビー色、ダークチェリー、軽く焼き上げたタルト、カスタードの柔らかさ、肉付きの良いしなやかな感触、密度のある力強さ。2日目、結果的にこれが一番バランスがとれている様な気がする。広がる力と引き戻す力。一定のリズムでキレイな減衰の仕方を見せている。酸の結晶化度、ヴォーヌ・ロマネ、に近いかもしれない。何気に優等生。トリオで言えばやっぱり真ん中。歌江ねえちゃんとか、南伸介という位置づけ?(2008.12.?? いのまた) 1604年からコート・ド・ニュイに居を構えるヴェルデ家。いち早くオート・コートの魅力に着目し、そこで化学薬品を使わずにブドウを育ててきました。そしてアラン・ヴェルデは1971年という早い時期にビオロジック栽培を始め、一時肥料の問題で土壌を壊しながらも、これまでビオロジック栽培の価値を疑うことなく続けてきました。目指すところはオート・コート・ド・ニュイのポテンシャルを尊重し、素直にその真価をを引き出すこと・・・その結果得られたワインは純粋で完成度の高いワイン。クラシックでありながら実に「今」求められている味わいです。 そしてそのブドウ作り、ワイン造りは、子息のオウレリアンに受け継がれました。2003年、若干22才の若さでドメーヌを引き継ぐと、さらにドメーヌから独立したネゴシアンとしてニュイ各地の畑から葡萄を買いながら、新しい境地を切り開き始めました。父から受け継いだ事を尊重しながら、栽培・醸造学校で学んだことを踏まえ、そしてとらわれず。また自然派ワインなどのすぐれて個性的なワインに学びつつ、様々な可能性を追求しています。 現在は父から譲り受けたオート・コート・ド・ニュイの畑の半分近くを売り払い、ニュイのより優れた地区に畑ないし葡萄を求めています。結果的にフェルマージュ(小作地)やメタヤージュ(折半小作)による畑をえることができませんでしたが、幾つかの畑で『葡萄を借りる』ことができました。その一つが今回入荷したニュイ・サン=ジョルジュ。彼のスタートとなるワインです。おそらく2006年5月の後半、ラシーヌさんの事務所へ行って新入荷分を何本か試飲させていただいたときのこと。ひととおり飲み終えたところで登場したのがオウレリアン・ヴェルデ・・・うわ!まいったなこれ!イメージ的には綺麗だけれどただ綺麗で終わらない。レシュノーに磨きを掛け、ビゾを鍛えた・・・と言うことで入荷を首を長くして待っていました。おそらくここ数年で確実に注目を浴びる予感のする作り手のひとりです!・・・・と言いつつ早3年目の2006年入荷です。2006年は村名クラス、コート・ド・ニュイの主要な村名、ジュブレ・シャンベルタン、モレ・サン=ドニ、シャンボール・ミュジニ、ヴォーヌ・ロマネ、そしてニュイ・サン=ジョルジュと揃いました。それぞれ謂われるところの「村の味わいの特徴」良く出ています。 オウレリアンヴェルデニュイサン=ジョルジュ 1erCru オーブド 2006 低価,セール

ベルナール・デュガ・ピュイACブルゴーニュ ルージュ 2002 全国無料,大得価

フィリップ・パカレシャブリ1erCru ボーロワ 2005 HOT,SALE

●フィリップ・パカレやはり赤よりも白の造り手、なのだろうか?このシャブリ、実にシャブリらしい土地の個性を持っている。レモンなどの黄色い柑橘系、青リンゴ、あるいはライムのような青くフレッシュな酸。そして何よりも薫り高くも火打ち石のようなミネラル感。香りこそ穏やかではあるが、口に含むと一気に果実味が押し出し、ミネラル感はすかさず下からのバックアップに備えると言った、念の入ったチームワーク。ある意味久しぶりにシャブリらしいシャブリをのんでいるのかもしれない。 ●これだけサンプルで入れて、アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムールのものと較べようと試飲を伸ばしてきたが、実際ド・ムールと較べると、先ずはこちらは典型的なシャブリの「キンメリジャン」的なミネラル感。に対して厳密にはキンメリジャンではないド・ムールのもっと粘土質な処からえられた粘りある果実味、と共に土地の個性の良くでたワイン、だと思うし同時にそれが実にシャブリ的な物だとも思う。 ●いずれにしろ、このパカレのシャブリ、ナッティーというか、ヘーゼルナッツの香りが非常に魅力的、そして先は長い。おそらく1~2年で還元状態に入る気もするが、3~4年は寝かせてみて損ではないだろう。最も抜栓して軽くデカンターをすれば・・・・驚くほどのスケール感を見せてくれるに違いない。(2007.06.05 いのまた) Ch Rays,Domaine Leroyで研修を積んだ後、プリューレ・ロックの醸造長を長年務めその後2001年に独立・・・が、フィリップ・パカレの経歴です。また彼はボージョレのマルセル・ラピエール氏の甥でもあり、その縁で『自然派(アペラシオンを越えたフランス全土における)』を形成することとなったジュール・ショヴェの最後の弟子でもあります。 パカレはジュール・ショヴェの元で、相応の犠牲(例えば労働時間であり、あるいは腐敗果を捨て去る勇気・・・)を払うことを厭わなければ、近代技術に頼らない自然派の作り=かつて1950年代頃まで普通に行われていた作り方で、テロワールを忠実に表現する素晴らしいワインができる可能性に満ちていることを学んできました。そしてここで行われていることが「ただの非科学的な理論のように思えるだろうが、科学的なことを十分に理解した上でなくてはこのようなことには取り組むことができない。この理論は、自然科学に基ずくものである。」と言うことも理解しています。 そしてパカレ曰く、「ブルゴーニュワインの多くは単一品種で構成されているからその味わいを造っているものは、ブドウではなくテロワールなのである。これを最も大切にしなくてはいけないし、土壌、ブドウ、天候、そして人間があり、このどれ一つとして欠けてもワイン造りは不可能である。また、人間はオーケストラでいうところの指揮者であり、ブドウがより良く育つために導いてあげるだけなのだ。ワインは工業製品ではないから、技術を駆使して手を加えてしまうと本当のテロワ-ルを表現することはできない。」と。 実際のワイン造りにおいては、ブルゴーニュの伝統品種ピノノワールやシャルドネにこだわり、単一の品種が様々な土壌や気候によって異なった表情を見せることを重要と考えています。画一的な手法で、ある決まりきった味わいを造り出すのではく、その年、その土地、その気候が生み出すコピーのできない味わいのワインこそが理想と言います。栽培においては、農薬や除草剤を使用せず、とにかく成熟して健全なブドウを得ることに注力します。除梗をせずに発酵させるため、果梗まで完全に熟した状態で収穫することを理想としています。 醸造においてはSO2を用いず、ブドウに付いた天然酵母の力で発酵させます。ブドウ本来の風味を損なうと考えている作業も行いません(ルモンタージュなど)。同様の理由で新樽の使用にも慎重で、過剰な樽由来のロースト香を避けます。補酸や補糖といったことも行いません。 このように今や自然派ワインで採用されている典型的な手法を実践しているフィリップ・パカレですが、彼のワインには一部の他の自然派ワインにみられるような酒質の緩さや揮発性の香味、還元的なニュアンスを感じることはありません。そこには、様々な醸造法を知り、多くの経験から得た知識を持つパカレ氏ならではの特徴といえます。パカレ氏は、緻密で多彩な科学的知識を背景に酸化と還元のバランスをとり、完成された味わいの自然派ワインを生み出しています。インポータさんからの2005年ヴィンテージコメントです。   「非常に出来がよく、今までのパカレのワインの中で「偉大・傑作」といえる作柄。2005年を戦後のブルゴーニュ全体の作柄と比較するなら、1978年のような綺麗な酸味、そして1945年に似た味の濃縮感と収量の少なさです。どちらの年も1959年と並ぶブルゴーニュの赤にとって秀逸な年です。また白ワインの熟度も非常によくて、濃厚でコクの強いヴィンテージとなりました。」・・・なるほど期待の2005年です。こちらは最新ヴィンテージ2006年に関してフィリップ・パカレからのコメントです。   「一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日から行いました。   「2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。   「香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。   「最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい・・・。 フィリップ・パカレシャブリ1erCru ボーロワ 2005 HOT,SALE

フレデリックコサールACブルゴーニュ ブラン ビゴ 2011 低価,定番

●インポーターさんからのコメント、です。  「リンゴの蜜、グレープフルーツ、レモンタルト、ミネラルの香り。口当たりピュアで柔らかい果実の中にも清涼感があり、細く繊細な酸と横に広がる旨味と溶け込んだミネラルが絶妙なバランスを保つ!ビゴットとは「信心に凝り固まった人」という意味。畑は1.9haで、ヴォルネイとポマール近辺とオート・コート・ド・ボーヌのPuits de chauxという区画のブドウが主、平均樹齢は51年。収穫日は2011年8月29日、9月1日。収量は45hl/ha!発酵は自然酵母で6~10ヶ月。新樽は30%、残りの70%は2~3年樽(10hlの大樽を含む)を使用!マリアージュのオススメはホタテとアスパラのテリーヌ、 舌平目のムニエル。あるいはスモークサーモンとウイキョウのサラダなど。」 ●ま、このビゴとサン・ロマン並べて出すとこちらのビゴの方が上のクラスと思われることたびたびなんですよ・・と経験的に思いつつ、改めてなるほどそうだよね、と思う今日この頃です。あれっ?って感じの厚みがあるんですよね。なのでちょっと繊細な「走りの筍」とかだと筍が負けてしまうんです。いきなり「豚ロースの~」に行ってしまうのですね。ま、実にフレンドリーなブルゴーニュ・ブラン。それでいて、この2011年はオシャレです。本能に引かれつつtも理性を保ちつつ・・ ●このキラキラした感じがこのワインの個性かな?夏の海の照り返しの様でもあり、秋の木漏れ日のようでもあり、クリスマスのイルミネーションの様でもあり、春は・・・春は、菜の花畑!そんなワインでした(2013.05.16 いのまた) フレデリックコサールACブルゴーニュ ブラン ビゴ 2011 低価,定番

ジョルジュルーミエシャンボールミュジニ 2009 全国無料,高品質

アンリジャイエヴォーヌ・ロマネ 1erCruクロ・パラントー 1998 本物保証,セール

●800本中の「00354」と「00355」番です。  扱いインポーター・・・ヴィノラム(ドメーヌ出:2006年8月入船)  alar入荷日・・・2006年9月01日(リファー便にて) 現在お届けできるボトルNo.は00354となります。 アンリジャイエヴォーヌ・ロマネ 1erCruクロ・パラントー 1998 本物保証,セール

シャトー・ド・モンテリリュリー 1erCru プレオー 2002 品質保証,新作登場

●「2004や2005年の試飲会に2002年はちょっと反則だな・・・」と思いつつも、反則できるくらいにうまく味が乗っている・・・ホント、ビックリしました。しかもリュリーです。とりあえず数だけ確保してありますので、じっくり試飲はalarへの入荷後かな?詳しくは今暫くお待ち下さい。 ●・・と言うことで試飲してみました。試飲会でガツンとやられたのはホントかな?・・・試飲会でつぎつぎされていない分だけフレッシュです。でもそこはかとなく立ち居デル甘さとか、上質な酸味・・・さすが2002年!と言う感じ。リュリーで此処まで上品に、且つ密度を持って仕上げるとは・・・。試飲会時はイイ感じで熟成感もありましたが、こうしてゆっくり飲んでみるとまだまだ先は長そうだ・・・。香りはむしろクラシックなイメージですが、味わいはコンテンポラリー。で、そのバランスがかなりイイ線行っています。 ●先ずは上質な赤い果実味の強さ。そして取り巻く酸とのバランスの妙。コート・ドール系に較べるとよりその酸の存在が際立っていますが、それ故にしっかり熟成させた後の程よい姿が思い浮かべられます・・・。改めて、イイワインですね。シャトー・ド・モンテリ(2007.04.11 いのまた) ●で、例によっての2日目です。幾分重心が下がってきたかな?上の方の果実味が少し引いて、中盤から後半のしっかりとしたグリップ感がましています。ああ、イイ感じのタンニンですね。実際にはこのイイ感じの部分が落ち着くまでもう暫く我慢した方がよろしい、と思うのですが、意外に伸びる味わいなのかな?プワ~ッとした美味しさは今も充分ありますが、じわーっとくる「旨さ」まではもう一息。真、どちらで飲んでもOKです。(2007.04.12 いのまた) シャトー・ド・モンテリリュリー 1erCru プレオー 2002 品質保証,新作登場

Y et C・コンタ・グランジュACブルゴーニュ ルージュ 2005 低価,本物保証

●インポータさんの資料によると「シュイィ・レ・マランジュ村内の3つの区画で合計1ha。平均樹齢45年のVV。ステンレスタンクのみで12ヶ月間熟成。「旨安」の真骨頂。お勧めします。」とのことですが、旨安と言うには入荷量が少なすぎ! ●で、2回目の入荷で初試飲。・・・強いな・・・。何となくですが、先日飲んだバロラン&Fと似たところがありますね、ブルゴーニュの北のハズレと南のハズレ・・スタイルこそ異なりますが、アフターに広がる味わい、何となく近いモノを感じます。で、やっぱり強い。このドメーヌのスタイルと言うよりも2005年のブルゴーニュ、と言った感じでしょうか?しっかりと舌にまとわりつくような果実味、幾分金属的なニュアンスを残しながらのミネラル感。たっぷりとしています。 ●グラスに入れておくと、金属的なところがツヤツヤから錆っぽっくなってきますが、ボトルの中では意外にしっかりと保ちますね。最初のうちは果実味も張っているので、かなり濃厚な味わいもありますが、時間と共にじんわりとミネラル感。たっぷりと楽しめます。此処は豚肉の煮込みなのかな?バラ肉と梅肉の煮込み辺りがイイ感じです。適当なパックに入っているバラ肉の煮込みに、これまた適当な梅しそ系のドレッシングを加えてお鍋で暖めて・・・・。丁度良いおつまみですね。 Y et C・コンタ・グランジュACブルゴーニュ ルージュ 2005 低価,本物保証

ドメーヌオーディフレッドボーヌ ショーメゴーフリオ 2005 驚きの破格値,SALE

●オーディフレッドが買いブドウで作ったボーヌ物です。・・・が、彼の真面目な作りと『ボーヌ』の幾分田舎っぽい感じ(コート・ド・ニュイと較べてね)が発揮?されて・・・・非常に地味な味わいです。なんか、これまでの彼のワインと違うな・・・・・?と思いつつ持ち込みで全部飲んじゃったので、また改めてコメントします。 ドメーヌオーディフレッドボーヌ ショーメゴーフリオ 2005 驚きの破格値,SALE

ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 限定SALE,SALE

●2ヴィンテージ空けて、2005年物が入荷しました。 ●で、ようやくコメントです。すでに昨年2007年から3回ほど入荷しておりますが、2007年の4月の試飲会で、まだ早いよな~とか、あんまりルイ・シュニュらしくな~い、と言うことで様子を見ようとして・・・忘れてみました。で、この2005年の最終入荷にあわせて飲んでみましょう、と。 ●う~ん、まだちょっとしっかりしているゾ~。ま、ワインとしてはしっかりとしていると言うのは良いことなのですが、もうちょっと、どこかかわいげというか、お他茶目なところがこのワインには欲しいです、実は。味わい的にはタンニンがちょいと強め。全体的な落ち着きはでていますが・・・何となくしっかり者、と言う感じのジュリエット姉さん、って感じです。 ●で、気持ち的には後1年、おいておきたいところだけれども、例の番組みたいにボトル振っちゃうと結構オイシイかもとやってみると・・・なんと無く旨味も出てきて本来のルイ・シュニュ的な梅かつを風味もたっぷり。アア、いいねこれ!。振ると幾分果実味がスポイルされるところはありますが、トータル的には味わい深くなる、つって感じでしょうか?・・・ま、なんだかんだ言っても2005年はいい年なんだだけど、多少いじくって上げないと優等生なルイ・シュニュどつまらない、と言うことなんでしょうか。いろいろと「技」を試すにはもってこいの一本です。(2008.04.04 いのまた) ●で、何だかんだいってやっぱりルイ・シュニュ飲んじゃいます。今日は残りが3分の1。・・・ここがまたオイシイですね。ピークは過ぎた感じでかなり酸がくっきりとしていて、尚かつこの年のアルコール感の強さというか、が幾分でていますがこの、キュキュッとした感じがルイ・シュニュのスタイル・・・。やっぱりあと一年は寝かさないと・・(2008.04.05 いのまた)  2002年物のコメントです。↓ ●ここはどういう訳かリリース時期が前後したり、バラバラだったりで、こちらの2002年物も2006年の夏入荷。と言うことで一月ほどたっての試飲ですが・・・・良い感じです。 ●まず色は・・・薄い。香りは・・・01よりももっと果実味がはっきりして鮮やか。甘くミンティーなハーブの香りも載っています。や、良いですねこれは!アルコール度数は12.5度とややライト気味、軽めに楽しむことができそうです。味わいはしっかりサヴィニ。キュートな果実味をもっている割には土っぽいミネラル感もしっかりとでています。・・・なるほど仔牛のカツレツね・・・2001年と同じような傾向をしっかりと引き継ぎながら、さらにブラッシュアップされた感じの2002年です。 ●このワイン、実はとある「ダイニング」でいただいていますが、抜栓後の時間も少し長かったのでもっと丸みがある味わい。そのとき感じたちょっとコルクっぽい感じ?は樽の木質の感じだったのかな?樽の焦がし方が強いのかな?などと思い出しつつ、やはりグラスがすすみます・・・。一級物ですともう少し畑の個性がしっかりとでますが、この村名もサヴィニらしい小振りなまとまりと、ほどよいミネラル感に充ちています。飲み頃は後2年ぐらいまでかな?と控え目に見積もっていますが、やはりラベルのかっこよさと共にオススメです。・・・あ~、吉牛、再開が待ち遠しい(2006.09.06 いのまた) ↑くつろぐシュニュ姉妹(奥が営業担当ジュリエット氏 2007.04.04 六本木:祥瑞)    2001年物入荷時のコメントです↓ ●ラベルに似ていて・・・ちょっと「情熱的」なサヴィニです。平均樹齢は60年と言いますからかなり古い樹です。非常に澄んだルビー色。浅い色合いですが鮮やかで魅力的。チェリーの香りに少しイチゴも混じって・・サヴィニの下の方かな?果実味に乗った自然な甘さも中々良く表現されています。味わってまず感じるのは潜在的なタンニンの強さ、キシキシと音を立てそうな生成の絹糸。軽さの中にほどよい緊張感のある張りがあります。香りの印象より幾分果実味は控えめ、やはり2001年のワインだからでしょうか?ややごつごつとしたミネラル感、サヴィニの魅力がコンパクトに詰まっています。 ●ワインだけで楽しもうとすると・・・若干存在感は希薄?スルスルとしてサクサクッと空いてしまいそうです。・・余韻の長さもしっかりとしていますが、ちょっと苦みが強いかな?でもコレで返って食事引き立つという物です。喉越しの美味しさ・・さっくり揚げた子牛のカツレツなどはいかがでしょうか?(2004.12.19 いのまた) ●2つか目になると多少柔らかさ、果実味が出てきます。最初感じた苦さも優しくミネラリーな味わいに変わってきました。このくらいが飲み頃かな?飲み頃は『今』というところ、でもサヴィニだから3~4年でぐっと変わるかも?期待と不安で・・・な、ワインです。(2004.12.20 いのまた) ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 限定SALE,SALE

ドメーヌオーディフレッドボーヌ ショーメゴーフリオ 2005 お買い得,新作登場

●オーディフレッドが買いブドウで作ったボーヌ物です。・・・が、彼の真面目な作りと『ボーヌ』の幾分田舎っぽい感じ(コート・ド・ニュイと較べてね)が発揮?されて・・・・非常に地味な味わいです。なんか、これまでの彼のワインと違うな・・・・・?と思いつつ持ち込みで全部飲んじゃったので、また改めてコメントします。 ドメーヌオーディフレッドボーヌ ショーメゴーフリオ 2005 お買い得,新作登場