読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる



ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールAOCアンジューブランヴィエイユヴィーニュ de ブランドリー2004 高品質,お得

●とりあえず何本か入れてみて、時期見て試飲しようかな?と思っていたら・・・どういう訳か知らぬ間に売り切れ。どうしたことかと思っていたら・・・・ワイナート誌32号、ロワール特集で良い点をいただいています。で、ちょっとミーハーな感じですが追加してみました。・・・・近いうちに同じヴィンテージのクレ・ドセランと試したみたいと思っています。  ●で、贅沢にも別ページのニコラ・ジョリーのクロ・ド・ラ・クレ・ドセランと共に飲んでみました。2本合わせてワイナート誌186点、と言うかなり贅沢な取り合わせ・・・・。こちらの方が明らかに色が薄くて香りも華やか。最初からシュナンらしい、じゅくしたて、と言った花梨の香りが開いています。香りのミネラル感もさらさらとしてよりメロディアス。いつもより幾分酸もはっきりしているかな?いつもレビュー・ド~の「クラッスマン」見ていて、このブランドリーの方が値段が幾分安くて、点数も幾分高いのに、サンソニエールは星3つじゃないのかな?と言う疑問を新たにしながら・・・・ひたすら、飲むのを耐えているところです・・・。 ●そろそろイイかな?最初感じていた酸とミネラル(幾分酸化したような)に柔らかく伸びのある果実味が覆い被さり、これまた奥ゆかしくも明るさのある雰囲気がでています。幾分甘さを感じながらも繊細且つ巧妙なレースのような酸の構成に支えられ、エレガントであり、緻密であり。黄桃の甘味や干し杏子の味わいを意識しつつも、寄り添うな酸味がワインを秀でた物に仕立てています。この軽妙さと余韻の美しさ・・・いつもながらに、魅力的・・・。 ●同時に試しているクレ・ドセランは、言葉を十分に吟味してコメント書かなくては!と無い知恵絞っているのに較べると、サンソニエールのこちらのワインは「しっかりしているくせにスルスルとボトルが空いていきます」といういつものコメントに戻ります。・・・・クレ・ドセランが重厚なゴブラン織りのタペストリーとするならば、こちらのブランドリーはクロッシュレースのベールかな?(2006.04.07 いのまた) ●3日目です。やはりクロ・ド・ラ・クレ・ドセランと飲み比べ、などしています。というか、この3日ほどはこの2本のことがあたまから離れず・・・抜栓直後はこちらのブランドリーの方が明るい色調でしたが、現在は幾分うっすらとブラウンが入ってきました。一方のクロ・ド・ラ・クレ・ドセランは抜栓当初よりおそらく色調が明るくなっています。作りの違いなんでしょうが、なかなか興味深いところです。初期のサンソニエール全くSO2を使わなかった時期があり、数時間で色調が変化することが度々でしたが、最近はそう言った傾向もなくなりました。それだけ飲みやすくなたと言うか、SO2を加えても味わいを損ねないツボのようなモノを見つけたのかな? ●全体の酸化によりより複雑な、いわゆるシェリーに似たニュアンスも幾分強くなっています。でも相変わらずきめ細やかな味わい。まだまだ煌めきを感じます。一連のレースのような緻密な軽さも捨てがたい!でも3年ぐらい置いておくと、味わいが増してくるのでは?ちょっと悩ましげなワインです。 サンソニエールは1990年がファーストヴィンテージ。オーナーのマルク・アンジェリは、80年代に甘口のワインづくりの魅力に陥り、ボルドーで学んだあとフランス各地のワイナリーで経験を積みました。しかし彼は「ボルドーではラ・トゥール・ブランシュ、スデュイローでスタジエをしたが、ボルドーの人工的なワインづくりでは何一つ学ぶことはなかった」と回想しています。  現在畑は約10haを所有。すべて「ビオディナミ」が実践されSO2の使用もできるだけ控えられています。現在ボンヌゾーでは最高の生産者の一人として目され、他の白ワインや、赤ワインのガメ、そしてロゼいずれもすばらしい評価を受けています。現在生産されているワインは10種類。プレスは大小4つの垂直型木製プレスを使い分け、赤ワインは木製の大樽、フードルでの発酵後バリックにて熟成、白ワインは樽発酵、樽熟成され、いずれも補糖はいっさいしていません。 ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールAOCアンジューブランヴィエイユヴィーニュ de ブランドリー2004 高品質,お得

Nana vins et Cie. ユアーソーラッキー ペティアン エキストラブリュット 2004 全国無料,全国無料,HOT

●ワインの正体は2004年のルメール・フルニエ!とは言ってもニコラ・ルナールがやめた後のモノ。最初の内はどうにもこうにもなワインだったようだが、最近ナタリーが飲んだところこれがとんでもなく美味しくなっている!その場にいたパスカル・ポテルも「これは良い熟成を経たシャンパーニュのよう」と言う事で、即全量買い取り決定!・・・・そんなラッキーな話を交え「ユー・アー・ソー・ラッキー」として登場!ワインは残糖量0gのエクストラブリュット。ナッツの風味に絡み合う旨味とミネラル感。繊細な泡と相まって複雑な味わいを作っている。 ●一口飲んだ感じではル・カノンのスール・ラット的な熟成感が感じられるが、もっとタイトでキリリと引き締まった表情。無駄な甘味やぶれていた雑味がスッキリと落ちてまとまるべきところにまとまった味わい。 Nana vins et Cie. ユアーソーラッキー ペティアン エキストラブリュット 2004 全国無料,全国無料,HOT

ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレペティアン メトード・トラディショナル ブリュットFor…… St.Valenti's Day 安い,新品

●ルメール・フルニエのペティアンにバランタイン用ラベルが登場しました。かわいいテントウムシ・ラベルです。●さらにリーズナブルな価格のスパークリングワインです。ノンヴィンテージですがブドウは2001年物。まだニコラ・ルナールが手を入れる前の畑からの物です。 ●非常に柔らかな泡立ち。少し梅酒にも似た独特の酸味+果実味があります。非常に軽い口当たり、あまり甘くない「チョーヤのウメッシュ」と言うところです。喉越しに残る自然な苦味が味わいを引き締めます。ボディーはホントに軽い「モスキート級」暑~い日の午後にでも、ちょこっと飲みたい軽い味わいが良いと思います。しっかりと食事を合わせて、と言うのにはちょと荷が重いかな?(2004.07.09 いのまた) ●今日入荷したばかりなので少し落ち着きのないところはありますが、ナチュラルな味わいにまとまりがあります。ビオロジックで栽培した処でもう一度、と行きたいトコロですがどうやらこのワインはこの年限り・・・・などと書いていると、少し甘い香りもでてきました。やっぱりあまり冷やし過ぎない方が良いようです。程々に冷えたところが飲み頃です。↓ノーマル・ラベル(品切れ)はこちらです。 ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレペティアン メトード・トラディショナル ブリュットFor…… St.Valenti's Day 安い,新品

ドメーヌデボワルカ owned by Junko AraiAOCトゥーレーヌ ソ-ヴィニヨンブラン Cuvee P 2011 赤字超特価,驚きの破格値,HOT

●元々は2011年のヌーボー・ブランとして仕込まれた物。諸般の事情で1年越しでのリリースと相成りました・・・・。まずは新井さんのコメントです・・・。(alarサイドでだいぶ端折らせて頂きました)   「元々、このワインはソーヴィニヨン・ブランの2011年プリムールとして醸造する予定でした・・・。  「ブドウは9/10(土)から収穫開始。2011年は一般的に8月下旬から収穫がスタートしたので周りはもう葡萄が残っておりません。畑は熟れた所から収穫を始めますが、最初の1番絞りを絞ったら何とアルコール度数が14.5度。「これは大変だ!!!」これだと完全に発酵は終わらないのでプリムールには出来ません。本来ならば熟した順番に葡萄の収穫を行いところですが、その方法を変えました。2回目の仕込みからは熟れていない葡萄の畑の収穫です。3回目は1947年に植樹された64歳の樹齢の古い木。そして10月6日に4回目の収穫の絞りが終わり・・・・。  「なんとか11/2に瓶詰めが終わり、11/3にラベル貼りをして、11/4にトラックがやってきて飛行機で運ぶ段取りをしておりましたが・・・・・その後、吹いてしまったと言う事件になり、出荷を急きょ中止したのが昨年ののお話。・・・原因は試験的に使ったコルクの不良とわかったのですが、今度はそのコルクを打ち直す時間がない・・・。」  「ようやく、コルクの打ち直しが終わったのが今年2012年の秋。そしてようやくヴァンドターブルだったワインがちゃっかりとAOCトゥレーヌとなってお披露目です・・・。」  「早い段間で瓶詰めした物を、瓶詰め状態のまま保存していたので、最初の1杯が泡があって心地よく、いかにもプリムールというフレッシュ感が残り、2杯目から澱が混ざり、味わいにぐっとコクが加わります。そして3杯目が濃厚な味になり、いつものBois Lucasの白ワインを、クリーミーにし、若くてそして熟成感のある2つの面白い側面が重なり、不思議な、心地よいアンバランスでユニークな風味なのです。本人も初めての味わい。・・・・最初で最後の醸造です。もう絶対にこういうスタイルは作れませんし、作りません(笑)このワインの名前はTouraine Blanc 2011 Cuvee‘P’、それは1つはプリムールになる予定の意味と、2つはペティヤンのようなガス感が残っているからこの名前にしました。」 ●プリームールが一年越しになってしまったけれどもAOCも無事にとれたし、ま、これで一件落着と思いきや・・・・・実は新たな問題が・・・  ●その1・・・ボトル差がある。特にトロトロとしたグリセロールの出た物とか・・・  ●その2・・・澱の量がとんでも無い。澱の苦手な人はやめた方がイイかもというくらいに・・ 改めて1本飲んだのですが・・確かに澱は多い。でもこれは1週間ほどボトルを立てておけば何とかなる・・・。が、もう一つのトロトロ具合、新井さん情報では3%ぐらい・・とのことですが、alarのところに入ってきた分はかなりトロトロの確率が高そうです。トロトロそのものには健康被害とか全く無縁でこれはこれで有りかなと思いますが、上の方で新井さんがコメントしている味わいとだいぶ趣が異なる・・このあたりはボトルを開けてみないと何とも言えません。 ●トロトロ・・・昨年2011年の大岡さんのルカノン、ロゼ・プリムールをお飲みになった方はおわかりかと思いますが、あのワインと同様の現象です。新井さんは『グリセロール』と言っていますがおそらく糖の一種の『デキストラン』じゃあないかと・・・。果汁中の糖分の一部をある種の乳酸菌が代謝して、グルコース(ブドウ糖)のたくさん連なった形のデキストランを作った、と言う方が良さそうな気がしています。またこの粘り・・多くは瓶詰めして暫くすると起こるという、あけてみなけりゃわからない厄介な代物。alar個人的には、抜栓直後は微妙な炭酸ガスも残っていて桃や洋梨のような果実の香りもあるし、飲んでみるときめ細かい酸味にトロトロ具合のバランスが良い具合にまとまっているしフィニッシュは若干の苦味としゃっきりとしたミネラル感の余韻で『これはこれで良いんじゃない』と言う事ですが、取り敢えずこのワイン「澱有り」「ボトル差有り」をご承知頂ける場合のみ、しかも返品不可をご承知いただき販売可とさせていただきます・・。宜しくお願いいたします。 ドメーヌデボワルカ owned by Junko AraiAOCトゥーレーヌ ソ-ヴィニヨンブラン Cuvee P 2011 赤字超特価,驚きの破格値,HOT

ドメーヌサンニコラV.D.Q.S.フィエフ・ヴァンディアン ルージュキュヴェ ルフレ Reflets 2004 品質保証,得価

●ピノ・ノワール90%ぐらい(残りはグロロー?)と言うワインなんですが・・・面白いワインです。色合い的にはガメイにも似たかなりパープルが入っています。ちょっと濃いめの果実香はグルナッシュかな?で、飲んでみるとピノ・ノワールなんですね。飲んでみるとまた実に酸が丸い。しっかりとしていますがどこかするっとした感じ。で、中盤からアフターのミネラル感・・・どうも粘土っぽいですね。 ●インポータさん持参のボトルを試しています。初めは普通の赤ワイン用のグラスで試しましたが、ちょっと良いんでないかい?とブルゴーニュ用の大きめのグラスに移し替えてもしっかりと甘い果実味が出てきます。悩ましさとか華やかさとは無縁なピノですが、土地の雰囲気を伝えるような素直な味わいには好感が持てます。 ●グラスに入れて30分ほどで多少、スケール感が無くなり詰まって来ますが、疲れるところ無いのはまっとうな自然派なのかな?良い頃合いに当たると酸味もくっきりとしてきます。そうか・・・この香り、『ゆかり』なんだね・・・梅干し作った時の赤い紫蘇をじっくり干し上げ細かく刻んだアレです。ご飯に振りかけて、と言う定番メニューにはどうかな?ですが、お肉で何とかするとちょっと面白そうな取り合わせ。この「ゆかり」にも似た塩っぽさは、なるほど海のそばで作られたワイン。晩秋すぎて人気の無くなった平塚海岸当たりに持ち出してみようか?まだまだ知らないワイン、たくさんありますね。ヘヘヘッ!(2005.10.05 いのまた) ●alar的なワイン評価の一視点として「ワインの保ち」と言うのがあります。昨日試飲した時にこのあたりが多少心配だったのですが、さて二日目、どうでしょうか?昨日よりはかなりピノっぽいかおりがが出ています、が味わいはちょっとイケナイな・・・。まだまだ良いレベル保っていますが、酸味がぼやけて旨味が乏しくなってしまいました。順当にへたっちゃったという感じですね。幾分SO2も使っているのでしょうがもう完全にその効き目がなくなっちゃったのかな? ●こう書くとまた売れなくなっちゃうといけないのでフォローしますが、予想以上に良いワインです。多少好みもありますが、軽くボトル移し替えて1時間ぐらいでイイ線出てくると思います。ちょと軽く明るい感じでしみじみしてみたい、そんなときのワインです。ちなみにワインの名前「ルフレ」は「反射」の意味、畑近くに広がる塩田にキラキラと反射する日の光をイメージして名付けられました。ぜひお試し下さい(2005.10.06 いのまた) ●上記のように10月に試飲して、コメントまで書いているのですが、ようやく12月も半ばになって入荷しました。実は↓の入荷を待っていました。 ドメーヌサンニコラV.D.Q.S.フィエフ・ヴァンディアン ルージュキュヴェ ルフレ Reflets 2004 品質保証,得価

アルフォンス・メロサンセール アン・グラン・シャン 2005 得価,新作登場

●サン・ドゥルシャールと呼ばれるオルレアン、トゥール、ブルジュなどを含むロワール中心部に広がる泥灰土(砂利)の表土が広がる、キンメリジャン(白亜紀の石灰質層)の上に畑はあります。畑の名前はラ・ムシエール。丁寧に摘み取られたソーヴィニヨン・ブランは25kg入りの小さな箱に入れて摘み取られた後、ターブル・ヴィブラン(振動する板)の上で選別が行われ、その後さらにターブル・ド・トリでよりわけをされ、プレスに回ります。圧搾された果汁は10度以下の温度で48時間静かに寝かせられ、半分はタンクで、残り半分は新樽で発酵が行われます。温度は18度以上で23度以下。熟成はシュール・リーによるエルヴァージュでおよそ7‐8ヶ月間。 ●密かに抜栓し、5,6日経ったワインを飲んでますが、実に綺麗なソーヴィニヨン・ブラン。これならalarもブラインドでソーヴィニヨン・ブラン!と胸を張って言えます。で、最初はどんな感じかと言うと・・・幾分メリハリ効かせた樽の香りが印象的。 ●今日はとなりの町の花火大会なので、一本開けてみました。・・やはり、抜栓直後は樽のニュアンスがはっきりと・・・木目の香りと共に幾分ヴァニラ系の甘さ、を香りに感じます。味わい的には、「甘味」はありませんが『甘さ』はありますね。その分サンセールとしてはしっかりとしたウエィトをもったミドル級と言ったところかな?腰のある柑橘系のしっかりとした味わいと、乾燥ハーブのほどよい薫香、効いています。 ●夏場に冷やして・・・と言うのがピッタリですが、棒棒鳥系のゴマだれ冷やし中華とか、豚しゃぶの甘酢系ドレッシング・・・燻した〆鯖、梭子魚の汐焼き、プリプリとした夏の白身魚・・・などなどが合いそうな気がします。・・・意外に一年中、美味しい物と合うかもしれない!軽いスモーク&新鮮ハーブ、あるいはハーブとワインで蒸して冷やして・・・・こんなところを基本にアレンジしてみてはと・・・。(2006.07.29 いのまた) アルフォンス・メロサンセール アン・グラン・シャン 2005 得価,新作登場

ディディエダギュノーブランフュメドプイィ シレックス 2009 超激得,最新作

●言わずと知れたダギュノーの最高傑作『シレックス』です。その名の通り複数のシレックス土壌の区画生まれるこのワインは、美しいミネラルと力強い果実味に溢れ、その熟成のポテンシャルはブルゴーニュのグランクリュクラスにも匹敵すると言われています。・・・と、言う事で新着の2009年物飲んでみました↓ ●シレッックス2009ダギュノーが亡くなって3年目となるワイン。現在は長男のルイ・ベンジャマンが中心となってワインづくりをおこなっている。・・・・例年のシレックスに共通した感覚は「呆れるほどの硬さ」であるが、この2010年は意外と解りやすい。常に名前の由来のシレックス(火打石:石英:SiO2:酸化ケイ素)の様に鋭利な切片を見せながら時間と共にその緻密な構造を基本としてひたすら深みをまして行くタイプのワインであるにもかかわらず・・・・、である。 ●作りそのものは変わっていないと思われるが、2009年と言うヴィンテージに由来する味わいなのだろうか?香りにはソーヴィニヨン・ブランらしい柘植の様な芳しさを基調に若いライムの実、硬い白桃。そしてリースリングにも似た鉱物的な香り。味わいにおいてもその傾向は変わらず、豊かに詰まった酸とまさしくマッチを擦ったようなフリントの感触に近いミネラル感。ま、これがそれぞれの要素ごとに強く主張を繰り返すのが若いしレックスの印象だが・・・この2009年物はどうも最初から調和を奏でている為スンナリとワインの中に入っていけるのだ・・・。(2012.04.29 いのまた) ディディエダギュノーブランフュメドプイィ シレックス 2009 超激得,最新作

ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ グルヌイユ 2002 大得価,限定セール

    最初に出会った感動が・・・蘇ります。    ●ルメール・フルニエ、おそらく最後の2002年ヴィンテージモノとなるキュヴェです。・・・・通常のキャップシールの下に、もう一つポリエチレン製のようなキャップシールがしてあります。・・・これはおそらく「泡モノ」かな?と思いましたが、コルクを抜くと・・・・案の定、静かに泡が上がってきます。 ●・・・感じとしては、気持ち甘口のペティアン?非常に微妙なところです。でも、やっぱり2002のルメール・フルニエ。美味しいです。さりげなくも密度のある味わい。ハッとして、フッとして、グ~!です。ガスのお陰で全体の香りがマスクされていますが、旨味の出方や余韻の長さ、これはニコラ・ルナールと言った面目躍如の美味しさ。熟したリンゴの蜜のところのような甘い感触と、シュナン・ブランらしいしっかりとした花梨の風味。アフターには充実した柔らかな酸味と、落ち着いたシャンパーニュのような心地よい熟成感、そして醸し出された旨味が載っています。改めて彼の天才ぶりと供に2002年のワインに一貫するバランスの良さ、実感します。 ●クーデゥレよりは甘いかな?モランディエーラよりはSECかなという位置づけですが、泡も伴いそれなりのポジションをキープしています。基本的には泡を飛ばして、と言うのが正解でしょうか?ある意味、ドメーヌとしては意欲作、って感じかな?2002年の(おそらく)ラストを飾ってくれる一本です。(2006.02.03 いのまた) ●泡の少なくなった二日目です。いや~っ、美味しいわ!あの、最初のルメール・フルニエのヴーヴレ・セック飲んだとき、忘れもしない2003年12月6日の夜のうれしさを再現してくれます。まとまりというかバランスというか・・・やはりこのクラスとしては抜群の出来。工夫されたキャップシールのお陰で、コルクが飛び出る事がなさそうですので(コルク自体は少し液漏れ不安なんだけど)、これはセラーに2~3年寝かせちゃおうかな・・・・?滅多にalarは言いません!買いだめしてください!(2006.02.04 いのまた) ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ グルヌイユ 2002 大得価,限定セール

Nana vins et Cie. ユアーソーラッキー ペティアン エキストラブリュット 2004 お買い得,お得

●ワインの正体は2004年のルメール・フルニエ!とは言ってもニコラ・ルナールがやめた後のモノ。最初の内はどうにもこうにもなワインだったようだが、最近ナタリーが飲んだところこれがとんでもなく美味しくなっている!その場にいたパスカル・ポテルも「これは良い熟成を経たシャンパーニュのよう」と言う事で、即全量買い取り決定!・・・・そんなラッキーな話を交え「ユー・アー・ソー・ラッキー」として登場!ワインは残糖量0gのエクストラブリュット。ナッツの風味に絡み合う旨味とミネラル感。繊細な泡と相まって複雑な味わいを作っている。 ●一口飲んだ感じではル・カノンのスール・ラット的な熟成感が感じられるが、もっとタイトでキリリと引き締まった表情。無駄な甘味やぶれていた雑味がスッキリと落ちてまとまるべきところにまとまった味わい。 Nana vins et Cie. ユアーソーラッキー ペティアン エキストラブリュット 2004 お買い得,お得

パスカル・コタサンセール「レ・モン・ダネ」2005 正規品,新品

●前評判では卓越した年と言われる2005年のサンセールです。全く力を入れない自然体のワインは、ゆっくりと寝かせてから味わいたい。たとえそれがサンセールであってもです、が・・・・やっぱり早飲みしちゃうのかな・・・? ●インポータさんのテイスティングコメント次の通り・・「香りに火打ち石とバターの香りがし、通常よりもチョークの特徴が強い。レモンを感じさせるチョークの粉に甘いアモーンドと活き活きとした赤い果実が加わる。赤い果実にピンクの花びらが混ざる。とても上品。芳香、スモーク、胡椒を感じさせ、かなりドライ。洋なし、リンゴ、レモンが表れる。とても余韻が長い」・・・と言うことです。 パスカル・コタサンセール「レ・モン・ダネ」2005 正規品,新品

ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ セック タルトマン 2002 品質保証,豊富な

●こちらもセックです。多少残糖分も感じます。クードゥレよりも僅かに甘く感じるかな?でも美味しいですねこのヴーヴレ。・・・国内入荷は昨年(2004年)の6月頃、しっかりと落ち着いています。フルニエらしく泡がしっかり入っているので多少液漏れしていますがワインの味わいには全く問題ない範囲です。このキュベも相変わらずのルナール節。果実味酸味ミネラルの3拍子が見事に揃っています。優しくほどよい残糖感、これもよく溶け込んでいますね。今飲んでしまうのは正直勿体ない。せめて2~3年はおいておきたい、もしかすると4~5年はじっくりいけるかな? ●・・・これ、いつオンリストされたのかな?と思いつつも残り少ない本数をいただけました。決して高価なワインじゃないけれど、ニコラ・ルナールやっぱりすごい作り手です。(2005.01.12 いのまた) ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ セック タルトマン 2002 品質保証,豊富な

テュエリーピュズラAOCトゥーレーヌ ピノ・ノワール Mise Particuliere 2007 お買い得,豊富な

●ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティのお古の3年樽で仕込まれた07ピノ・ノワールのスペシャル・ヴァージョンです。キュヴェの名前は「Mise Particuliere」特別に瓶詰め、と言うような意味合いでしょうか。一樽分しか作られなかったので送瓶詰め量は300本ぐらい。その内半分をティエリー自身が持って行っちゃったので日本への入荷は120本ぐらいと聞いています・・・。と言うことでalarへの入荷も極少量。お一人様一本限りにてお願いいたします。合わせてノーマル・ヴァージョンもよろしく!です。 ●入荷本数が少ないのでインポーターさんでの試飲会でちょこっと飲んだだけですが、ノーマルに較べると「上品」。なんとなく滑らかな感じが素敵に仕上がっています。これがお古とは言ってもD.R.Cの樽の力か・・・・というか樽の使い方一つで見事に別のワインに仕上がる・・・納得の一本です。 クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) テュエリーピュズラAOCトゥーレーヌ ピノ・ノワール Mise Particuliere 2007 お買い得,豊富な

レ・ヴィーニュ・ド・ランジュ・ヴァン ル・シャルム・デュ・ロワール AOCジャニエール ブラン 2004 新作,最新作

●2002年に「ジャニエール・ブラン」だったのはこれかな?先ずはインポータさんの資料から、です。   「南に向って扇状にくぼんだため日照に優れたジャニエール地区のぶどう畑。その中にある小集落の名前を付けたキュヴェで、優れた立地条件を作ったロワール川に敬意を表して「ロワールの魅力(=シャルム)」と呼びます。    収穫量は少なかったのですが、貴腐菌が着いたためシュナン特有の強さの中に、ほんのり蜂蜜の甘い香りが混ざった濃厚なタイプ。複雑な味わいときれいな酸味は、素晴らしいバランスで余韻がとても長いが特徴。」  一応、2002年のジャニエール・ブランのコメント残しておきます。 ●ジャニエールのAOCはロワール川(Loire)本流に平行して北を流れる支流の一つロワール川(Loir:最後のeがつきません)に添ったコート・デュ・ロワールのAOCにひっそりと寄り添ったところにあります。ワインはシュナン・ブラン100%。平均樹齢60年前後で収穫量25~30Hl/Haあまりを手摘みします。樽発酵・樽熟成。3.5g/Lと僅かに残糖の残る仕上がりになっています。 ●最初の印象で、何でこのワインをシャルドネ?と思ったのかな?ちょっとワックスの様なニュアンス、ピエール・ボージェのシャンピニヨン・マジックのような甘さかな?大きめのグラスで飲んでみるとやはりそんな感じですが、やや小振りのロワール・グラスで試してみると・・・・きっぱりと熟し気味のシュナン・ブランです。 ●微妙に残ったCO2。パイン・アップルの酸味、メロンの様な品のある甘さ。ワインにエッセンスが詰まっています。果実味が微妙に酸をさえている感じ。口に含むたびに、さびの出てきたリンゴの切り口や、シロップ漬けの黄桃、まだ若い洋なし、などなど白から黄色系の果物のいろいろな場面を想像させる微妙ながらも変化に富んだ豊かさが感じられます。押さえられたと言っても一本筋のピシリと通った酸は繊細なミネラル感を伴って決してかすむことのない伸びがあります。些か過熟?なそして樽っぽい印象も受けますが暫く落ち着くと、アンジューの深さともヴーヴレの繊細さとも異なる、少し太めなバランスの妙を見せてくれます。 ●時間とともに酸化が進み「アンジュー・ブラン」入ってきます。でも酸も高めですのでまた少しニュアンスが異なるかな?ちょと値段も気になりますが、数日間にに分けてゆっくりとおつきあい頂ければ幸いか、と。その価値があるワインです。(2005.04.16 いのまた) 本当は平気なんですが・・・・こちらのワインかなり「変な澱」がたまっています。お飲みになる際には十二分に澱を沈めて、お楽しみ下さい。お願いですから・・・ ●訂正です。思ったよりも酸化のスピードが速いようです(気温にもよるのですが)。丸2日から3日目で酸がしぼみ初めまろやかな味わいとなりますが、同時にフラットなイメージが進行します。冬場ならもう少しいけそうですが春先から秋の半ばまでは、抜栓して早めに飲んだ方が良さそうです。(2005.04.17追記) ●補足、です。こちらのランジュ・ヴァン。ノーマルではなくて張ってあるシールの如くスペシャル・キュベだそうです。斜面上部のより良いところからのブドウを使っています。但し!シールの貼ってあるのと無いのとまぜこぜに入荷しました。インポータさんからの説明ですと「張り忘れ」とのことです。こちらからの出荷分もシールの貼ってあるのと無いのとおそらくまぜこぜになります。あらかじめご了承下さい。 レ・ヴィーニュ・ド・ランジュ・ヴァン ル・シャルム・デュ・ロワール AOCジャニエール ブラン 2004 新作,最新作

シリル・ル・モワンアンジュ・ブラン レ・ガン・ド・マリネ 2004 L.33HL H 定番人気,高品質

●インポータさんの資料より・・・   「アンジュといえば!やはりシュナンブラン!サンソニエールのお弟子さんということですが、サンソニエールのような残糖感のある甘めの味わいではなく、辛口でしっかりミネラル、しっかり果実味な味わいです。畑は穏やかな南向きの斜面に位置する区画で平均樹齢が45年と非常に高いのが特徴。収穫は全て手摘みで行われ、ブドウの熟度に応じて2度にわけて収穫することもあります。収穫量は僅か27hl/haで、潜在アルコール度13.8%を誇るまさに完熟したブドウから造られます。   「圧搾後、澱下げを行わず木樽で発酵させるため非常に旨みの強い味わいに仕上がります。その後400Lの3年樽にて熟成をさせ12ヶ月ほどでボトリングされます。 味わいは、白桃や柑橘系の熟した果実の旨みがぐっと詰まっており、アンジュのシュナンブランらしい、爽快感もあります。ボリュームはしっかりとしていますが、残糖感もなく、むしろ爽快さを感じさせてくれるクリーンな味わいとふくよかな果実味が楽しめます。」 南向きの斜面に広がるシリル・ル・モワンの畑。ポプラの向こうはあのレイヨン川です。 ●現地で味わったこのワインを思い出しながら飲んでみました・・・。蝋キャップなので抜栓時には少し養生が必要です・・・香りにはほんのりと遠くからの蜂蜜フレーバー、その中にしっかりとした白い果実味。色の濃いめの柑橘系に加えて桃や黄色いリンゴ、沈丁花の様な白い花の香りが・・。シュナン特有の花梨の香りが出るまではもう少し時間がかかるかな?まずはきっぱりとした酸が支配的です。 ●で、味わいは幾分シャルドネっぽい。ミネラル感がミシッと付いてきますね。・・・仮にサンソニエール辺りがムルソー系とするならば、こちらはピュリニ系。今回の入荷でこれだけ2004年なんですが、まだまだ熟成させないと本来の姿を見せない「未完の大器」です。サンソニエールの複雑さは「今はない」のですが寝かせるとぐっと厚みを増してくるような気がします。それだけ詰まった味わいなんだよね。 ●グラスに入れて幾分落ち着きをますと、しっかりとクリーンな輪郭が現れてきます。それでいて本体のしっかりとした厚みと高い緊張感。この辺り、ボディの厚みと輪郭の磨かれた薄さのバランス。モダンですね。・・・全体としてはまだ荒削りなところもありますが、素質としては充分な物を持っています。むしろ、このストレートなシュナンの味わい、と言うのが魅力かな? ●別に、行ってきたから、と言うわけじゃないけれど点数付けるなら今飲んで87点、でも3年おくとぐっときまっせ!の90点。まだまだ計り知れない伸び白を持ったワインです。明日に残しとこ。(2007.03.06 いのまた) シリル・ル・モワンアンジュ・ブラン レ・ガン・ド・マリネ 2004 L.33HL H 定番人気,高品質

ティエリー・ピュズラ by ニコラ・ルナールACヴーヴレ ヴァン・ヴリ・ド・ヴーヴレ 1999 ルナール・ドゥ・デセール No.4 本物保証,高品質

●「ルナール・ドゥ・デセール」・・・狐のデザートと直訳できますが、ルナールは勿論ニコラ・ルナールの事、美味しい甘口のデザートワインです。試飲際にちょっと冷やしすぎました・・・・感じとしてはジンジャー・エールかな?甘さよりも幾分スパイシーではつらつとしたハーブの香りがとても良いです。甘さもさんと釣り合っているのでべたべたしません。ゆっくりと広がるピーチ、洋なし、花梨の甘さ・・・そして再びジンジャーや白檀の様なスパイシーなフィニッシュ。おそらく温度は7~8度。最初は少し冷やしすぎかな?と思いましたがこのくらいが丁度良い。 ●丁度今が飲み頃かな?幾分酸化した様なシェリー香も出ています。フレッシュさを残しつつも旬の魅力。半分ほど残して冷蔵庫に入れておいた翌日はかなり色合いに褐色が加わっています。これも又すこし大人な味わいで良いのですが・・・金曜の夜と土曜日の夜・・二日にわたってお楽しみいただければ、と。(2006.05.14 いのまた) ティエリー・ピュズラ by ニコラ・ルナールACヴーヴレ ヴァン・ヴリ・ド・ヴーヴレ 1999 ルナール・ドゥ・デセール No.4 本物保証,高品質

ドメーヌ アグネスエルネモスルボンヌブランシェ 1999アンジュー ブラン シュナンブラン 送料無料,人気

砂混じりの結晶片岩から生まれたシュナン・ブラン種。辛口白では最高級のクラス。100%新樽で12ヶ月熟成、バニラの香が前面に出ながら、構成要因にしっかりした酸味が有るので全体的に嫌みがなくバランスの取れている長期熟成型。葡萄樹齢20年、年間生産量4000本、ルネの個性が光る白ワインです。  「こちらも個性的なワインです。何かはわかりませんが薬草のような甘さと苦さの同居した香りがあります。印象としては「柔らかな石」大変ミネラルが豊富で香りには硬い印象がありますが、口に含むととろりとした柔らかさがあります。新樽の香りがまだハッキリとしてるので香りと舌で感じる部分とが微妙に異なり、少し不安定なところもありますが、熟成後が楽しみ。あと2~3年はそっと置いておく方が良さそうです。」 ・・・・と書いていたのが約2年前、現在(2003.06)では非常に落ち着きがでてきています。ワインの色もなかなか濃くなってきました。気持ブラウンの入った濃いめの黄色。しかも表面の輝きは非常にはっきりしていて、縁から流れ落ちる「足」はお見事。樽からのニュアンスも「木の香りとバニラの香り」が混沌となり蜂蜜のような深い香りに変化して来ました。熟したカリン、アップルパイ、オレンジマーマレード、さらに奥行きが広まっています。たっぷりとあった酸も非常に丸味を帯び、全体にしっくりとしてきました。まさに「極み」ですね。相変わらずシェリーのような厚い香りが先行しますが、少し我慢をしていると、もう引き返せない扉が開きます(2003.06.25~26 いのまた)  私の家内の弁です・・・「最初、『行っちゃっている』ワインかと思ったけど、変に美味しい・・」 ドメーヌ アグネスエルネモスルボンヌブランシェ 1999アンジュー ブラン シュナンブラン 送料無料,人気

ドメーヌ・デ・ボワルカVdTペティアン・ナチュール ロゼタマネギの皮色の薄い色 Junko Arai Selectionシールつき 2002 新作,SALE

●2002年は新井順子さんのボワ・ルカに取ってはデビュー・ヴィテージ。畑の一部のガメイが糖度が上がらず、どうしようかと悩んだ末に・・・・ロゼの・ペティアンになりました。      シャンパーニュも寒い地方なので、ブドウの糖度がなかなか上がらず、酸も強いので・・・とドン・ペリニョンさんが工夫して泡のあるワインを作り出したというのは有名な話。この話に似て新井さんも糖度が思うように上がらないことを逆手にペティアンを作ってしまいました。ただ、作り方もユニークです。一旦、絞ってジュースにしたワインを、通常はタンクで発酵させますが、ここでは樽を使って。そして発酵途中のワインをそのまま瓶詰め。自然なままのガスをそのまま閉じこめました。      仕込みはパスカル、仕上げはノエラ。そしてこの間、最初のThesseと言う村の小さなカーヴで仕込まれ、同じ村の水害にあった大きなシェに移され、最後に現在の拠点Pouilleから、旅立ち。実にこれまでのボワルカ3年間の歴史が詰まっているかも、のワインです。 ●色調の違い、こちらはブドウ(ガメイ100%)を圧搾して搾り取ったジュースをすぐに樽に移して発酵させました。そしてその途中で瓶詰め。少しオレンジ色がかった、綺麗なタマネギ色です。(写真奥) 「ついにやっちゃったの・・・・?#*!」某インポータのコンサルティングをしているAさんが、どうやら『ロワールに畑を買っちゃた』言う話を聞いたのは、丁度2001年の秋のこと。それまでやっていたレストランも売り払い、真摯に向き合っていた自然派農法:ビオディナミが「本当に正しいのかどうか実際に自分の手で実践してみたかった」と言う挑戦はどうやら思っていたよりも早くに実のりを得たようです。・・・・・・「Aさん」というのは勿論あの、新井順子さんのこと。ビオ系のワインを色々と発掘しつつ、とうとう自分でもワイン造りを始めてしまったんですね。彼女の略歴や既に伝わっている評価は、あえてここではご紹介しません。彼女も自分のワインを素直に評価してもらうのが一番うれしいのでは?ロワール初めての日本人醸造家の記念すべき第一作をお試しあれ!      ↑詳しくは2005年11月04日 集英社より発売予定の新井順子さんの奮闘記『ブドウ畑で長靴はいて -私のロワール・ワイン造り奮闘記-』をご覧下さい。  2年目となる2003年は、好天続きのお陰でブドウの収穫量もほとんど品質を落とすことなく前年の約倍となる20000本分(それでも25hl/haは少なすぎ!)のワインを仕込むことができました。しかし、2003年の仕込みもほぼ完了し2002年のワインも最後の瓶詰めが終わった2003年11月29日、収穫からようやく忙しさも一段落、ほっと一息のそのときです。   この日の大雨で近くの川が氾濫。比較的低いところに位置するボワ・ルカの醸造施設はこの出水がなだれ込み、保存しておいたワインの樽がほとんど水に流されてしまいました。新井さん自身も現実を目の当たりにして「このままドメーヌを閉めようか」と思ったほどの惨劇です。幸いにも、何とか残った健全なワインを再度大きなタンクに移し替えると、まだ活きていた野生の酵母の力で発酵再開。再度樽に移し替えると以後は驚くほど順調にワインは育ちました・・・。ドメーヌのスタートから2年目。予定していた20000本は6000本へと大きく減ってしまいましたが、その分新井さんやパスカル、そしてこのワインに関わった人たちの思いがいつもの年の3倍ぐらい詰まっているのでは・・・?期待してイイ2003年のボワ・ルカです。そして3年目となる2004年。まずは赤ワイン、3ッつのキュヴェが入荷です。新井さんの報告では生産量も15000本とグッと増えて、まずは安心。それでも平均収量を考えると「ロマネ・コンチィ以上」と、相変わらずです。パリのカーヴ・オジェとの本格的な取引も始まり、各地のサロンにも招待されて人気はますます上昇。日本への出荷量が減らないようにと、願うばかりです。 2002年のデビュー当時から本当に「美味しい」ワインをリリースしていますが2004年は全体に磨きがかかってきた、というのがalarの感想。とことんまでのめり込んでいく作り手の性格、がよく表れています。ある意味2003年とは別の苦労があったんじゃないかな?あまり作り手に感情移入しないように、心がけてるalarですが・・・美味しさに味わいを越えた共感を覚えます。そして4年目となる2005年ヴィンテージ。こちらもソロソロと入荷し始めました。2005年はロワールもかなりいい年。新井さんもあの手この手の新しいワインで楽しませてくれそうです。 ドメーヌ・デ・ボワルカVdTペティアン・ナチュール ロゼタマネギの皮色の薄い色 Junko Arai Selectionシールつき 2002 新作,SALE

ティエリー・ピュズラAOCトゥレーヌ・ルージュ プュイユー ガメイ 2004 安い,大人気

    ボワ・ルカ×テュエリー=史上最強の"ガメイ"かな?    ●こちらのワインはテュイリーがとあるワイン生産者から買ってきたブドウを使っています。このワイン生産者、2002年からドメーヌとしてスタートしました。ワインの醸造管理はかなりの腕利き、しかし彼の専門はシュナンブラン。そこでここの赤ワインは最初の1年テュィリーのコンサルタントを受けます。白共々素晴らしいワインとなりますが、2002年、2003年と作るにつれテュイリーが自分で作っているガメイと較べるとどこか違う?特に気になるのはその畑の個性が何処にあるのかと言う点。その謎を解くためにドメーヌのオーナーはこの畑のガメイを経験ある醸造家に任せようと決心します。そして考えに考えた末、今やある意味ライバルでもあるテュイリーにこの2004年を全てを任せることにします。そのドメーヌの名は「ボワ・ルカ」オーナーは荒井順子さんです。 ●と言うことで、こちらのテュイリーのワイン、特に表記はありませんがボワ・ルカのガメイで作っています。ボワ・ルカもボワ・ルカでガメイを作っています(まだリリースされていません)ので単純に比較できちゃうんですね。これは実際ワインを作る側としては非常にリスキー。まかり間違えばワイン造りに関しての評価が決まってしまう・・・そんなリスクを冒してまで、探求心の強い新井さんはワイン造りに真剣に取り組んでいます。(と言うことでこちらのワインというかキュベはこの2004年限りとなります) ●で、肝心の味はどうよと言うことになります。 ボワ・ルカの「CuveeKUNIKO 2002」のコメント読みながら飲んでいるんですが・・・たっぷりとしたタンニンとミネラル感は共通しています。一番の違いはこちらのテュイリーの方がプチプチした感じが良く出ています。実際にシュワシュワしたガスも残り幾分甘さを感じる果実味とうまく均衡を保っています。この均衡の支えがたっぷりとしたミネラルとタンニンなんだな・・・。プティ・タニックやテルクエルの軽快さはありませんが、非常に構成が骨太でしっかりとしています。これかなり保ちますね・・・・半年ぐらい経ってからの方がアロマ感も増えてハーブや優しい土っぽさ、出てくるんじゃないでしょうか? ●これは早いところ『ボワ・ルカ対決』味わってみたいです。おそらくボワ・ルカの方がもう少しタンニンが強く安定感のある仕上がりになるのでは?と勝手に想像しています。ま、それはさておきこのワイン数あるガメイのワインでもクオリティはトップクラス。お店にふらりと立ち寄ったお客様を実験台にしてみましたが「ブルゴーニュ・パステュグランみたい」という方が多かったですね。ロワールのガメイの実力、畑からも作り手からも見せつけてくれる逸品です。(2005.09.13 いのまた) ●ちなみに「プュイユー」の名はボワ・ルカの畑の有る村の名前から付けられています。 クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) ティエリー・ピュズラAOCトゥレーヌ・ルージュ プュイユー ガメイ 2004 安い,大人気

レ・ヴィーニュ・ド・ランジュ・ヴァン ル・シャルム・デュ・ロワール AOCジャニエール ブラン 2004 超激得,新作

●2002年に「ジャニエール・ブラン」だったのはこれかな?先ずはインポータさんの資料から、です。   「南に向って扇状にくぼんだため日照に優れたジャニエール地区のぶどう畑。その中にある小集落の名前を付けたキュヴェで、優れた立地条件を作ったロワール川に敬意を表して「ロワールの魅力(=シャルム)」と呼びます。    収穫量は少なかったのですが、貴腐菌が着いたためシュナン特有の強さの中に、ほんのり蜂蜜の甘い香りが混ざった濃厚なタイプ。複雑な味わいときれいな酸味は、素晴らしいバランスで余韻がとても長いが特徴。」  一応、2002年のジャニエール・ブランのコメント残しておきます。 ●ジャニエールのAOCはロワール川(Loire)本流に平行して北を流れる支流の一つロワール川(Loir:最後のeがつきません)に添ったコート・デュ・ロワールのAOCにひっそりと寄り添ったところにあります。ワインはシュナン・ブラン100%。平均樹齢60年前後で収穫量25~30Hl/Haあまりを手摘みします。樽発酵・樽熟成。3.5g/Lと僅かに残糖の残る仕上がりになっています。 ●最初の印象で、何でこのワインをシャルドネ?と思ったのかな?ちょっとワックスの様なニュアンス、ピエール・ボージェのシャンピニヨン・マジックのような甘さかな?大きめのグラスで飲んでみるとやはりそんな感じですが、やや小振りのロワール・グラスで試してみると・・・・きっぱりと熟し気味のシュナン・ブランです。 ●微妙に残ったCO2。パイン・アップルの酸味、メロンの様な品のある甘さ。ワインにエッセンスが詰まっています。果実味が微妙に酸をさえている感じ。口に含むたびに、さびの出てきたリンゴの切り口や、シロップ漬けの黄桃、まだ若い洋なし、などなど白から黄色系の果物のいろいろな場面を想像させる微妙ながらも変化に富んだ豊かさが感じられます。押さえられたと言っても一本筋のピシリと通った酸は繊細なミネラル感を伴って決してかすむことのない伸びがあります。些か過熟?なそして樽っぽい印象も受けますが暫く落ち着くと、アンジューの深さともヴーヴレの繊細さとも異なる、少し太めなバランスの妙を見せてくれます。 ●時間とともに酸化が進み「アンジュー・ブラン」入ってきます。でも酸も高めですのでまた少しニュアンスが異なるかな?ちょと値段も気になりますが、数日間にに分けてゆっくりとおつきあい頂ければ幸いか、と。その価値があるワインです。(2005.04.16 いのまた) 本当は平気なんですが・・・・こちらのワインかなり「変な澱」がたまっています。お飲みになる際には十二分に澱を沈めて、お楽しみ下さい。お願いですから・・・ ●訂正です。思ったよりも酸化のスピードが速いようです(気温にもよるのですが)。丸2日から3日目で酸がしぼみ初めまろやかな味わいとなりますが、同時にフラットなイメージが進行します。冬場ならもう少しいけそうですが春先から秋の半ばまでは、抜栓して早めに飲んだ方が良さそうです。(2005.04.17追記) ●補足、です。こちらのランジュ・ヴァン。ノーマルではなくて張ってあるシールの如くスペシャル・キュベだそうです。斜面上部のより良いところからのブドウを使っています。但し!シールの貼ってあるのと無いのとまぜこぜに入荷しました。インポータさんからの説明ですと「張り忘れ」とのことです。こちらからの出荷分もシールの貼ってあるのと無いのとおそらくまぜこぜになります。あらかじめご了承下さい。 レ・ヴィーニュ・ド・ランジュ・ヴァン ル・シャルム・デュ・ロワール AOCジャニエール ブラン 2004 超激得,新作

ティエリー・ピュズラ by ニコラ・ルナールACヴーヴレ ヴァン・ヴリ・ド・ヴーヴレ 1999 ルナール・ドゥ・デセール No.4 正規品,豊富な

●「ルナール・ドゥ・デセール」・・・狐のデザートと直訳できますが、ルナールは勿論ニコラ・ルナールの事、美味しい甘口のデザートワインです。試飲際にちょっと冷やしすぎました・・・・感じとしてはジンジャー・エールかな?甘さよりも幾分スパイシーではつらつとしたハーブの香りがとても良いです。甘さもさんと釣り合っているのでべたべたしません。ゆっくりと広がるピーチ、洋なし、花梨の甘さ・・・そして再びジンジャーや白檀の様なスパイシーなフィニッシュ。おそらく温度は7~8度。最初は少し冷やしすぎかな?と思いましたがこのくらいが丁度良い。 ●丁度今が飲み頃かな?幾分酸化した様なシェリー香も出ています。フレッシュさを残しつつも旬の魅力。半分ほど残して冷蔵庫に入れておいた翌日はかなり色合いに褐色が加わっています。これも又すこし大人な味わいで良いのですが・・・金曜の夜と土曜日の夜・・二日にわたってお楽しみいただければ、と。(2006.05.14 いのまた) ティエリー・ピュズラ by ニコラ・ルナールACヴーヴレ ヴァン・ヴリ・ド・ヴーヴレ 1999 ルナール・ドゥ・デセール No.4 正規品,豊富な

クリスチャンヴニエシュヴェルニー ルージュピエールオーシアン 2011 新作入荷,送料無料

2013年01月再入荷しました! ●・・これが試しに飲んだときにピンと来た、ピノ・ノワール100%のキュヴェ。ラズベリーの様な赤い小さな香りと、桃のシロップのような優しく甘いニュアンス。サラサラとしたタンニンと染み出すようなミネラル感・・・・テュ=ブッフのカイエールにいていますね・・・。 ●とは言っても、あのカイエールを越えることはできていない。越えるというのも変な表現かも知れませんが、カイエールがピントぴったりの写真とすると・・・こちらのピエール・オー・シアンはもっと柔らかいトイカメラ的な写り・・これはヴィンテージとか樹齢とか畑の環境とかいろいろ在ると思いますが・・・どうでしょう? ●いずれにしろ造りは丁寧ですね。僅かに還元的な、閉じた感じもありますがグラスの中に暫く置くとホンノリとスミレの花の香りが漂いはじめます・・・。ロワールのピノ・ノワールのおいしさがたっぷりと楽しめます。(2012.10.16 いのまた) クリスチャンヴニエシュヴェルニー ルージュピエールオーシアン 2011 新作入荷,送料無料

ピエール・ゴーティブルグイユ ジュール・ド・ソワフ 2006 正規品,2016

●なぜか人気のジュール・ド・ソワフ・・・したのコメント読んでいると昨年は正月から飲んでいたのか・・・。少し前にその筋では有名らしい東京都墨田区森下にある「山利喜」という居酒屋に行ってきたんですが、此処の名物がモツ煮。煮込む際にマデラとかも使っているそうですがこれが実に美味しい!2杯もおかわりしちゃいました・・・そんなアツアツのモツ煮にジュール・ド・ソワフがいいかも! ●なるほど中盤の味わいがスリム、なんですね。それであるから乾きをいやせる。マリアージュとか言う前に先ずは一杯、なワインです。とは言ってもロースカツなんかに合うかもね。できれば仔牛のカツなども素敵、です。アフターの旨味の染み出し具合と、子牛カツレツのかめば噛むほどな味わいの出方、イイですよ。勿論モツ煮もOK!だし系のモツ煮にはやはり日本酒とかが良さそうだけれど、味噌系のモツ煮にはもうマリアージュ!です。あとは豚バラの梅煮かな?ワインとして何となく物足りなさが帰って日常の食卓にベストマッチなんでしょうね。ブルゴーニュだったらこうはすんなりといかない・・・。何となく(おそらく家に帰っても無いけれど)ブリの照り焼き(ちょっと焼く前に醤油につけ込み過ぎちゃった、と言うような)などにもよろしいかと・・・(今年はブリが上がらないらしい:2008.02.09 いのまた)   2005年物のコメントです。 ●ご好評いただいた2003年よりもまた一段と美味しい、と言う噂の2005年物です。コメント書く前に・・・人気者です。と言うことで、お客様に遅れまじ、と飲んでみました。・・・・なるほど熟したカベルネフラン!これはオイシイ。 ●03物に感じた乾いたニュアンス(フランのタンニン)と青みがかった味わい、がありません。もっとしっかり熟して・・・ああ~、目の前のグラスから甘い果実味が・・・溢れちゃってる~。香りのニュアンスはロワール物と言うよりもっと南のワイン、グルナッシュとか想像させるな・・・スペインの「メンシア」にも近いのかな?一口、口に含むと果実の甘さがふわ~っときますが、この「ふわ~っ」とがとても上品。「ふわ~っ」との後は「スパっ」と。此処で甘味が一旦引いて、綺麗な酸味と赤い果実味、桑の実かな?これは。フランらしいハーブのニュアンスもほどよく効いてまとまりを見せます。 ●そして、アフターで薄味ながらも旨味の乗った「返し味」スルスルと感じる甘さと、果実味、ハーブのハーモーニー、心地よく続きます。最近近所のビストロでお気に入りとなりつつある「牛モツと大根・牛蒡のワイン煮」に良いですね・・・今日持ち込んじゃおうかな?と思いつつも・・・さすがに元旦営業は無いようで・・・残念!(2007.01.01 いのまた)  2003年物のコメントです。 ●「『のどが乾いた時に、ゴクゴク飲むワイン』醸造から瓶詰め時までも亜硫酸無添加のこのワインは、しなやかなスタイルとともに喉の通りがとてもよく、気取らずに飲んでいただきたいです。でも健全なブドウを感じさせる、果実の味わいはかなりしっかりしています。」というのがインポータさんからの資料です。 ●サンプル到着時に一度飲んでいますが、ここは再度じっくりと試飲してみたいと思います。フランなんですがやはりカベルネ系のしっかりとした赤紫色。幾分赤に引っ張られているところはやはりフランなんでしょうね。香りにまず乾いたタンニンというか土っぽさというか・・・、このあたりもフランです。幾分堅い果実味。底の方には幾分甘さのあるアニス的なニュアンスが感じられます。まずは一口、自然派独特の還元的な感じが・・・印象としてはすっきりとした味わいですが若いフランに良くある青さとまぜこぜになりながら・・・・。 ●ここでグラスを時計回りにグルグルやると・・・還元的なところも弱まり、本来のしっかりとした輪郭が整ってきます。が、まだまだ果実味とミネラルのバランスが十分にとれていません。自然派ワインの難しさを感じつつも一皮剥ければ・・・2003年という割りには落ち着きのある味わいです。しっかりと酸も整い、それぞれの要素のポテンシャルは高い。でもキュベの名前の通り、じっくり寝かせてタンニンを落ち着かせると旨味が出てくると言うタイプ、たとえばピエール・ブレトンのブルグイユ「ペリエール」、のスタイルではないですね。旨味はしっかりと乗ってきますので、いいワインなんですが、フラン特有の微妙なタンニンとミネラルの不安定さ。このあたりの使い方が難しいな・・・。サンマの時期はもう過ぎたので・・・。ラタトゥイユ、野菜ばかりじゃ物足りない・・・・。まずは二日目の様子を見てみましょう。(2005.12.19 いのまた) ●・・と言うことで二日目ですが、何となくラベルに描かれた、ちょっとうらぶれた雰囲気です。案の定、果実味も出て旨味もしっかり。フランらしい淡泊な美味しさは出ているのですが、じっくり飲んで・・と言う、スタイルではないですね。でも、個人的にはこのうらぶれ感が良いんだな・・・。テーブルクロスのかかったこじゃれたレストランなんかより、立ち飲みの焼き鳥屋でちょっとモツ煮なんぞたのみながらの一杯・・・。くうっ~、とかいいながらご機嫌なalarがそこにいそうです。(2005.12.20 いのまた) ●インポーターさんのリストを見ていたらまだ残っていました・・・秋の黄昏時には丁度良い美味しさ、と言うことで再入荷です(2006.09.16) ピエール・ゴーティブルグイユ ジュール・ド・ソワフ 2006 正規品,2016

クロデュテュ=ブッフメリエヴァン・ド・ペイ・ド・ジャルダン・デ・ラ・フランス 2003 大人気,最新作

●先ずはインポーターのラシーヌさんの資料から  「2003年はあまりに収量が低かったため、ドメーヌでもブドウを買うことが許可され、近隣の親しい栽培家から、ブドウを購入しました。メリエはトゥール周辺固有の品種で、今ではほとんど栽培されなくなってきています。2003年に限り、買いブドウで醸造されました。本来特徴がなく、凡庸な品種ですが、小ぶりながらチャーミングで、きちっとした構成があります。気楽に楽しんでください。」 ●このワインは初めての入荷。3月17日の試飲会で飲んでみましたが、まさしく「小振りながらのチャーミング」味わい的には非常にニュートラルな感触ですがヴィンテージからはあまり想像できない「キッチュな酸」、コレが効いています。のし梅のような黄色い梅の芳香と、気持ちグリーンの入ったハーブの淡いニュアンス。お花見に持って行く、ちらし寿司にぴったりな予感がします。 クロ・デュ・テュ=ブッフはトゥレーヌ地区の東の拠点ブロワの町に近いレ・モンティ村にあります。ここは中世から伯爵家や王家の領地となった古い畑で、当時はクロと呼ばれる囲いの中にありました。現在は15世紀から続くピュズラ家の所有となり、そのままドメーヌの名前として現在に引き継がれています。クロ・デュ・テュ=ブッフではティエリー・ピュズラと兄弟のジャン・マリー・ピュズラがワインづくりに携わり昔からの伝統的な方法により畑の個性を生かしたワインづくりが行われています。また1999年よりティエリー・ピュズラは、もう少し離れたモンス・シェル・ビエーブルに個人のドメーヌ兼ネゴシアンを持ちこちらは「ティエリー・ピュズラ」の名前でワインを作っています。こちらのワインは別のページでご紹介しています。→テュイリー=ピュズラのワイン2005年3月半ば、テュ=ブッフのテュイリーが来日しました。ネゴシアンとしてのプロモーションも兼ねての来日でしたが、2日間に渡って試飲会や歓迎パーティーなどに出席させていただき、楽しく過ごさせていただきました。 その中で印象的な言葉を掻い摘んで・・・・  「自分で飲みたいと思っているワインを作っている・・・  「リュットレゾネも、ビオロジックもビオディナミも良いけれどそれに満足するのは良くない」  「(ネゴシアンとして・・ブドウを買うときは?)樹齢からのクオリティ、収量の確かさ、そして相手が楽しくなくちゃ!  「(タバコを吸いながら・・タバコは手放せない?との質問に)いつも通りのこと・・・」 やっぱり見込んだとおりのヤツでした!一見マイペースで気取りのない自然体(いつもTシャツ)、大丈夫かな?とも思いつつも、ワインに対する気の入れ様はさすが、と言ったところ。「98年のグラヴォットでちょっとワインの見方か変わった」と話をすると、とても喜んでくれました。ますますテュイリーとそのワインが好きになってしまった、2日間でした・・・。 クロデュテュ=ブッフメリエヴァン・ド・ペイ・ド・ジャルダン・デ・ラ・フランス 2003 大人気,最新作

ティエリー・ピュズラVdTフランセーズ ヴェルシュニー 2006 格安,低価

●ティエリー・ピュズラ!ついに怒り爆発!かつては「ACシュヴェルニー-ルージュ-2006」でalarでも売っていたのと同じキュヴェなんですが、タイミング変えて瓶詰めして再度検査に持ち込んだらNon!ヴァン・ド・ターブルになっちまいました!で、お値段もグンと安くして、ChevernyならぬVerchenyの誕生です・・・・。(ついでにワインのヴィンテージについて・・・ヴァンドターブルなのでヴィンテージの表示がありません。そのかわり「LVTCYR07」とラベル左横に表示してありますが、う?07?・・・・インポーターさんに確認したところ中身は間違いなく2006年物。ラベルのミスに気がついたんだけど、出血大サービスだし捨てるのも勿体ないからで、そのまま貼って使ったそうです・・よくある話だ・・・。 ●で、シュヴェルニールージュ06は飲んでいるはずだけど、コメント残していないので改めて飲んでみました・・・・う~ん、これはシュヴェルニーと言うよりも・・・ブルゴーニュ・パステュグランですね、ナンチャッテ。結構骨格しっかりとしています。アルコール度数は13.5度と逞しい。果実味・・赤系主体でほんのりとストロベリーのニュアンスにすりつぶしたハーブの香りが、マセラシオン・カルボニックを仕掛けたガメイが入っている感じ。トップから中盤のチェリー系の味わいはピノなんでしょうね・・・。完全に還元的なところから抜けきっていないのですが・・・なるほど元2400円(税抜)なワインだけのことはある。2日目はバッチリ頂き!な感じです。 ●と言いつつ、時節柄少し冷やし目にしておきましたので、これがまたスルスルと実に健康的に飲めてしまう。と言うことで2日目までたどり着かなくなくなりそうなので、今日はこの辺で。かなりお買い得!なワインですね・・。(2008.06.25 いのまた) クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) ティエリー・ピュズラVdTフランセーズ ヴェルシュニー 2006 格安,低価

ティエリー・ピュズラ さよなら Sayonara pas pour tout l'mond AOCトゥレーヌ ブラン Doux 2005 500ml 定番人気,爆買い

●2005年の「サヨナラ」は500ml瓶となります。2006年物が登場したので隠しておいた分を出してみました。この2005年はかなり高い比率で貴腐果を使っています。それだからこのサイズでこの値段になってしまうんですよね~。(doux:そこそこ甘口の表示はalar的に、こんな処かな?です。オフィシャルな表示ではありませんので、よろしく) クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) ティエリー・ピュズラ さよなら Sayonara pas pour tout l'mond AOCトゥレーヌ ブラン Doux 2005 500ml 定番人気,爆買い

ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 豊富な,人気SALE

●インポーター出水商事さんの資料より・・ 「シャルドネの若木から造られるクラシック・キュヴェ。小樽30%、ステンレスタンク70%で11ヶ月熟成。フルーティーさが見事に表現されたワイン。」 ●「決してブルゴーニュのワインではありません!レモンや白い花のフレーバーに満ちた繊細で軽やかなワインです。ニュートラルなシャルドネの力を存分に引き出し、ほんの僅か樽の化粧がのっている。しなやかでしかもミネラルが豊か。一見モダンでありながら実は自然のままの伸びやかさがあります。(2003.06.04 いのまた)」というのが2001年ヴィンテージの印象。2003年はやはり気温も上がってさらに一段としっかりしたワインになっているかな?と期待されます。 ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 豊富な,人気SALE

テュエリーピュズラ再びAOCトゥーレーヌ ピノ・ノワール 2007 人気SALE,大得価

●2007年のティエリーのピノ・ノワールはまたAOCトゥレーヌとなりました。   「フランボワーズ、フェンネル、甘草の香り。味わいは酸が爽やかで果実味があり瑞々しく、ワインが喉をすっと通るピュアなやさしさがある!マッチョな2005年、2006年(PN)に比べ、2007年はより軽やかだが、「これぞティエリらしいピノ!」と感じられる仕上がりに!2007年ヴィンテージの買いブドウはフランソワ・メリオから・・・。」   コメントと言うほどのモノでもない2006年物のコメントです。 ●2005年までトゥレーヌのAOCを取っていたピノ・ノワールですが、いつものようにINAOからの「ロワールのピノらしくない!と言うお墨付きを頂いた栄誉あるテーブルワイン!(インポーター談)」キュベの名前も[PN]とあやしさたっぷりの2006年です。   2005年物のコメントです。 ●テュイリー、なんといい加減なヤツなんでしょう!キャップシール外してコルク抜いたら、コルクには「2001」となっているし、しかもクロ・デ・テュ=ブッフの刻印がしてあります・・・しょうがね~な~!でもワインは極めて慎重な味わい。ピノ・ノワールっぽい甘めの果実の香りとブルー・グラスの爽やかなニュアンス。ほどよくミネラル感も残しつつ、さりげなく「飲み頃はまだまだ先だよ」というメッセージ。まずは二日目辺りが美味しそう、です。(2005.12.13 いのまた) ●↑昨年12月のコメントはこんなモンですが、一応3ヶ月ほど経ったのでそろそろ落ち着いたかな?と言うことで試飲してみたのですが、一日目「う~ん、まだ少し早いかな?二日目「あっ、美味しくなっている・・・」と言うことで、何も考えずに飲んじゃいました・・・。もう一度、ちゃんと飲んでみます。 ●改めて飲むと、抜栓してから2~3時間ではまだまだ堅いです。でもチェリーやフランボワーズ系の詰まった果実味。心地よいハーブの香りのアクセント。タンニンと酸とのバランスのとれた余韻はイイですね。最後まで感じられるのは干したプラムのような豊かな果実味。優しい味わいのワインではありませんが、しなやかさがみなぎっています。まだ半年ぐらい置いておいても良いのでは。ブルゴーニュの複雑さには及びませんが、ロワールのピノを背負って立つようなきりりとした勇ましさ。一晩置けばもう少し香りも落ち着きほどよい熟成感にもにた旨味が出てくると思うのですが・・・。まだまだ先の楽しみな一本です。(2006.04.02 いのまた)テュイリーのピノと言えば、以前はミッシェル・オジェの「テスニエール」の畑のものを使っていたのですが・・・・。その2000~2002年のコメントです。2003年の11月、一気に3ヴィンテージで試しています。   VDT 2000年   ●テュイリーのピノ・ノワールは「寝かせるとより深い味わいがでてくる」というのはクロ・デュ・テュ=ブッフのグラヴォットやカイエールで実証済み。ましてや畑がミッシェル・オジェの「テスニエール」と来れば、間違い無し!とインポーターさんの倉庫で2年近く(2003.11月現在)寝かせて置いていただいたワインです。   ●やっぱり美味しくなっていました。テュ=ブッフのワインに較べると気持、「熱さ」を感じますが、最初のころよりもやはり全体のふくらみがでています。畑の土が少し粘っこいのかな?ミネラル感も少し土っぽさが混じり、革製品やスモークの香りが感じられます。抜栓直後はまだ眠い様ですが、少し時間をおいてあげるとよりはっきりとそれぞれの要素を含ませてきます。個人的にはとっても小エビのチリソース煮(あんまり辛くしないでね)が無性に食べたくなってきました。(2003.11 いのまた)   VDT 2001年   ●輸入時点から1年ほど寝かせています。この年のこのワイン、前後の年に較べるとアルコール分が低く11.5度しかありません。情けないほどの色の薄さですが、香りの中の果実味の豊かさ(感じられる)はこれが一番。甘いサクランボや柔らかいカラメルの雰囲気など、なかなか魅力的になっています。でもやはりワインの厚みはしっかりしているので、流されるタイプではありません。まだまだ酸もしっかりしていますが、アルコール分を考えると丁度飲み頃スタート!と言ったところでしょうか?   ●やはり2日目ぐらいから香りに華が見えますが、タンニン不足は否めない。小粒ですが果実味がボディーをオーバーしていきます。これはこれで美味しいのですが、あまり引っ張ることはできないとともいます。やはりこの半年ぐらいが飲み頃でしょうか。しかも最高の!(2003.11 いのまた)   シュヴェルニー・ルージュ 2002年   ●3年続いたテスニエールのピノ・ノワール。所有者のミッシェル・オジェが彼自身のワイン造りの都合で、このピノ・ノワールの畑を2003年から手放してしまったため、こちらの2002年が最後の「テスニエール」ピノ・ノワールとなります。   ●3年目にしてようやくトゥレーヌのAOCを獲得することができました。アルコール度数も2000年に続き13度近くを確保しています。同じピノでもブルゴーニュのものとは異なりフレッシュ&フルーティー、きっちりとそろえられた酸はやはりこの地方の味わい。ブルゴーニュの骨太の感じはありませんが何も足さずに作られた自然の味わいはやはり逸品と呼ぶにふさわしい一本です。   ●3人兄弟の末っ子ですが、これは結構将来性があります。総合的には従兄弟?に当たるテュ=ブッフのカイエールの方が上になると思いますが、ロワール物としてはがっしりとしたボディがイイですね。変に媚びるところのない素直な性格のワインです。でも、この年が最後、というのはやはり残念ですね。   ●こちらも3日目レポート。多少柔らかくはなってきましたがいつになくしっかりとしたタンニンはまだ完全にほぐれていません。果実味が少し落ち着いた分渋さが目立つかな?でも全体的なバランスはそう変化していないので、これもじっくりと寝かせてあげたいですね。これで飲むなら2001年、2000年、2002年の順番となりました。(2003.11 いのまた) クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) テュエリーピュズラ再びAOCトゥーレーヌ ピノ・ノワール 2007 人気SALE,大得価

レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 人気SALE,2016

●「2003年の『ラシーヌ』はかなりイイ感じだ!」と書いていましたが、2005年の『ラシーヌ』には惚れ惚れしました・・・・。このラシーヌ、今まではどちらかというと良くも悪くも『ワイルド』な印象でしたがこの05は『エレガント』。05と言うと結構暑かった年でもっと強い感じかなと思っていたのですが綺麗に纏まっている。現行のヴィンテージがおそらく07とか08とかで、この05はインポーターさんの倉庫でねていた事を加味しても・・・すばらしい。元々ガメイ100%の『ナカラ』などはきれい系なワインでしたが、その綺麗さと全体的な味わいのバランスが取れている。ともするとアルコール度数が上がりがちな近年で12.5度に押さえているところが、このワインの味わいの基礎になっているのかもしれません。 まずは2002年までのコメントなど・・・・ ●最近どうもこのラシーヌが良い感じになってきました。噂では、ワイナリーに屋根がついて、囲いもついて、最近では空調もついたらしい、とか。半ば冗談とも思えるこんな情報が、結構まじめな話、と評判になるクルトワさんのワイン。2002年で再びトライしてみる気になっています。 ●ワインはカベルネ・ソーヴィニヨン、コー(マルベック)、ガメイ、カベルネ・フランのブレンドです。クロード・クルトワ自身がSO2にアレルギーを持っているので、ワインも完全にSO2ゼロ。本来はトゥレーヌのAOCを名乗れる要件がありますが、あまりにもコンセントレーションが強く認可がおりません。また本人もAOCを名乗ることに全く興味はないようで・・・相変わらずのヴァン・ド゛・ターブルです。そのためヴィンテージの確認のしようがないのですが、裏の正式なラベルにはロット・ナンバーが記載され「t-2002-3」となっていて、これが2002年ヴィテージのワインであることを示しています。(キャップシール外せばコルクの頭にも2002となっていますね。) ●さて、その味わいですが・・・相変わらずワイルドです。元祖ヴァン・ドゥ・ソヴァージュ!還元香もしっかりしている?し、やはり赤ワイン的フェノレ系の香りも出ています。でも、以前から較べると全体の印象はずっと綺麗な味わい・・・。桑の実やブラックカラント系のやや苦味を伴った果実味にしっかりと緻密な酸も乗っていて、良い感じですね。 ●アフターに残る味わいや、鼻に抜けた香りにどうしても動物的なある種の「臭み」があるので、やはり「どなたにでもオススメできるワイン」ではないのですが、何となくジビエ、赤い肉の鳥系には合うんじゃないのかな?それとも八丁みそ辺りで煮込んだモツ煮かな?数年前、alarのある平塚市にナイジェリアのサッカーチームがワールドカップ日韓大会でキャンプを貼ったのですが、その際にナイジェリアの名物料理として登場したのが「ハチノス」と言うか「トリッパ」というか牛の胃袋の煮込み料理。そんな物にも合いそうな気がします。 ●今日はこのままにしようか、それとも一度、デカンターに移し替えようか?ちょっと迷っておりましたが、まずはデカンターに移し替え、かなり激しく泡立てて?みました。かなり還元的な味わいや、フェノレ傾向は飛んでいきますね。ここで、暫く置いた方が良いのかな?一度、余計な物をさらりと捨てて、幾分輪郭もはっきりしてきました。でも、かなり刺激した分、落ち着きが・・・。明日のコメント、少し期待しておいてください。(2006.02.23 いのまた) ●二日目ですが、少し置きすぎてしまったかな?瓶の中に半分ほど残した方を試してみました。還元臭はほとんどなくなりましたが、幾分フェノレ系の香りと味わいが残っています。酸も幾分とんがり始め、少し気になります。とんがってきた分だけ綺麗に感じるところもありますが、前日のデカンターでグルグルとやったときの方がふくよかさもあり良かったな・・・。寝かせてどうなるか?この辺りは微妙ですね。じっくりと酸化してくれるとウレシイのですが、この手のワイン往々にして一層還元的香りが、と言うことが良くあります。コルクのコンディション(あまりお金をかけていない)もいつも気になりますので・・・やはり早めに開けてしまった方が良いのかな?ふと思い出すと、伊豆の温泉でいただいた「猪鍋」が思い出されます。クルトワさんは何と一緒に飲んでいるのだろう?(2006.02.24 いのまた) ↓以下は少し前の1998年物のコメント、です。 ●alarは基本的に「ビオ系」とか「自然派」と呼ばれるワイン好きなんですが、どうもその中でも「苦手」なものが幾つかあります。その中でも最右翼の一つがこちらの「ラシーヌ」。日本に紹介されておそらく6年ぐらい経つのでしょうか?もう何度も試飲会等でいただいていますが、苦手と言うか、どうにも「力の及ばぬワイン」という印象で・・・・そのくらい始めは濃くてちょっと臭くて・・・つらかった。 ●元々ポテンシャルは高いワインです。果実味~タンニン~ミネラルと酸度。ただ最初の内はあまりにもそれぞれが主調を保っているので、どこから手をつけていけば良いのか?おそらくこのワインも凝縮を越えた果実味の濃さ、ドロドロとしたボディの感触にざらつくほどに逞しいタンニン、そしてワイルドなミネラル、と行った趣のワインだったはずです。でも、その時点でこれを組み伏せようといのはやはり無謀だったんですね。それを解決するには「時にゆだねるしかない」と。 ●現在のこのワインの味わいにある程度の方向性が見えてきました。ある意味エッセンスの集積。果実味も、タンニンも余分なところを絞り込んで純化しているかな?と言うところです。絞り込まれた分感じる重さはだいぶ軽くなりました。その変わり味わいの密度がましている、と言ったところです。実際お飲みいただくとおそらく「まだ早い」と感じられると思います(早いというか、瓶によっては独特の還元香に支配されがちなものも。瓶によってかなりの差がでています)。でもここで手を加えるとおそらくバランスが崩れるでしょう。こうなったら3~4日はそのまま我慢です。このワインに関してはあせりは禁物です。 ●まだまだ「UNDER CONSTRACTION」ドライフルーツ的な凝縮感とミネラルを伴ったライブな酸味。ボディの核となるタンニンとそれに付随するミックスハーブ、乾燥しきらない生皮、鉄や鉛の金属的香り、オリエンタルな牡蠣油や醤油、アミノ酸的旨味の凝縮度。中枢を直撃された初期の印象と違い、やや熟成して、じわりじわりと刺激される「快感」に近い味わいです。・・・図らずも「ハツ2本!カシラ2本!レバ2本!しおデネ」とたのみたくなります!(2004.05.06 いのまた) レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 人気SALE,2016

ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールボンヌゾー コトー・デュ・ウー 2004 新品,新作

●コトー・デュ・レイヨンのAOCの中にあり固有のAOCを有するボンヌゾー。サンソニエールのボンヌゾーの入荷は久しぶり。シュナン・ブランを使った甘口白ワインですので、今飲んでもそれなりですが、じっくりと3~4年、それ以上に寝かせて楽しむのも一興です。 ●・・・・と思っていたら、こちらもワイナート誌32号で高評価。無くならないうちに一本確保しておこう・・・。 ●しっかりと甘口ですので、一人で一本開けるのには相当日にちがかかります。実際抜栓して1週間ぐらいは十分に保つのですが、他のワインの試飲もあるので、なかなか開ける機会がありません。ボンヌゾーはコトー・デュ・レイヨンのもう一つの区画、カール・ド・ショームに較べると幾分たっぷりとした力強さを感じます。カール・ド・ショームのような花の香りを含んだ華やかさとは対照的ですが、サンソニエールの物は常にさんをしっかり保っていて、力強さの中にすっと際だった透明感のある余韻を残します。 ●alarがストックしておいた1990年のボンヌゾー(当時は透明瓶)もまだクリーンな柔らかみある色調を保ったままです。お子様のヴィンテージ・ワインと言うとボルドーのグラン・ヴァンが一般的ですが、こんな甘口の一本も素敵な味わいになりますよ。 サンソニエールは1990年がファーストヴィンテージ。オーナーのマルク・アンジェリは、80年代に甘口のワインづくりの魅力に陥り、ボルドーで学んだあとフランス各地のワイナリーで経験を積みました。しかし彼は「ボルドーではラ・トゥール・ブランシュ、スデュイローでスタジエをしたが、ボルドーの人工的なワインづくりでは何一つ学ぶことはなかった」と回想しています。  現在畑は約10haを所有。すべて「ビオディナミ」が実践されSO2の使用もできるだけ控えられています。現在ボンヌゾーでは最高の生産者の一人として目され、他の白ワインや、赤ワインのガメ、そしてロゼいずれもすばらしい評価を受けています。現在生産されているワインは10種類。プレスは大小4つの垂直型木製プレスを使い分け、赤ワインは木製の大樽、フードルでの発酵後バリックにて熟成、白ワインは樽発酵、樽熟成され、いずれも補糖はいっさいしていません。 ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールボンヌゾー コトー・デュ・ウー 2004 新品,新作

クロ・デュ・テュ=ブッフヴァン・ブランPGピノ・グリ VdTフランス 2005 HOT,大得価

●久しぶりのピノ・グリだけのモノ・セパージュです。  昔のコメントです ●改めて・・しっかりとした貫禄のあるピノ・グリです。幾分ヴィンテージを反映した残糖感も在りますが、自然な果皮の苦味としっかりとしたボディに支えられ、ほどよいバランスに落ち着いています。前年より幾分低いアルコール度数ですが、やや下方に位置した重心はもう暫くそのまま置いておきたい。本当は秋の味覚に合わせて、と言った処かな?ほんのり甘い「栗おこわ」、小布施の竹風堂まで、ひとっ走りと行きたいところです。春先ならタラの芽の天ぷら、アスパラガス、まだまだ小振りのエンドウ豆や空豆の天ぷらなどにも合いそうです。素材のほんのりとした甘みが合わせるポイントかな? ●ここでラシーヌさんのコメントを・・・・  「樹齢50年から60年のピノ・グリで、収量は例年20hl前後ときわめて低く抑えられ、生産量も2樽のみ。深い黄金色をした外観をし、花や白い果物のニュアンスをおびるたっぷりとした味わいで、複雑でフィネスがあります。アフターにアルザスワインを思わせる、わずかな残糖のある味わいに仕上がります。」 ●以下はalarの少し前のコメントです。ご参考までに・・・・・・・・・・このピノ・グリは良いですね。グリらしい、やや赤い果実のニュアンスと比較的穏やかな酸。最初から落ち着きがあってしかもゆっくりと成長していくだけの資質を備えています。アルザスにも負けない13度のアルコール分を持ちながらも、きれいな酸の存在により非常にエレガントなまとまりを見せています。この味わいは唯一無二。芝エビのカクテルなどと合わせたら無上の喜びがえられそうですね。やや甘めのドレッシングを添えたスモークサーモンなども良く合いそうです。 ●3日目ぐらいですとかなり酸味も柔らかくなりワインに優しさがでています。alarで扱っているジンランジェのピノ・グリに近いかな?力任せでなく自然な「甘さ」もなかなか良いですね。さすがに少し酸は落ちて、ハーブ系の苦みも感じられますがこれがまたひとつのキャラクターとして活きています。気に入りました!。 クロ・デュ・テュ=ブッフはトゥレーヌ地区の東の拠点ブロワの町に近いレ・モンティ村にあります。ここは中世から伯爵家や王家の領地となった古い畑で、当時はクロと呼ばれる囲いの中にありました。現在は15世紀から続くピュズラ家の所有となり、そのままドメーヌの名前として現在に引き継がれています。クロ・デュ・テュ=ブッフではティエリー・ピュズラと兄弟のジャン・マリー・ピュズラがワインづくりに携わり昔からの伝統的な方法により畑の個性を生かしたワインづくりが行われています。また1999年よりティエリー・ピュズラは、もう少し離れたモンス・シェル・ビエーブルに個人のドメーヌ兼ネゴシアンを持ちこちらは「ティエリー・ピュズラ」の名前でワインを作っています。こちらのワインは別のページでご紹介しています。→テュイリー=ピュズラのワイン2005年3月半ば、テュ=ブッフのテュイリーが来日しました。ネゴシアンとしてのプロモーションも兼ねての来日でしたが、2日間に渡って試飲会や歓迎パーティーなどに出席させていただき、楽しく過ごさせていただきました。 その中で印象的な言葉を掻い摘んで・・・・  「自分で飲みたいと思っているワインを作っている・・・  「リュットレゾネも、ビオロジックもビオディナミも良いけれどそれに満足するのは良くない」  「(ネゴシアンとして・・ブドウを買うときは?)樹齢からのクオリティ、収量の確かさ、そして相手が楽しくなくちゃ!  「(タバコを吸いながら・・タバコは手放せない?との質問に)いつも通りのこと・・・」 やっぱり見込んだとおりのヤツでした!一見マイペースで気取りのない自然体(いつもTシャツ)、大丈夫かな?とも思いつつも、ワインに対する気の入れ様はさすが、と言ったところ。「98年のグラヴォットでちょっとワインの見方か変わった」と話をすると、とても喜んでくれました。ますますテュイリーとそのワインが好きになってしまった、2日間でした・・・。 クロ・デュ・テュ=ブッフヴァン・ブランPGピノ・グリ VdTフランス 2005 HOT,大得価

ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールアンジューブラン 2003 限定セール,新作

●すみません、ちゃんとしたコメントが遅れています。それまで某ワイン雑誌掲載されたいのまたのコメントで。  「上級キュヴェの「トロトロ」ではなく「トロ」っぐらいのお手軽さ。香りも、熟した花梨=シュナン・ブランの魅力たっぷりな仕上がり。味わいはすっきりと甘みの乗った半甘口。甘めに炊きあげたジャガイモの煮っ転がし的な美味しさに、前頭葉はゆるみッ放し。酸も幾分柔らかく、日本酒的な旨味は晩酌にGood!上手く枯れる素質もありだけど、狙いとしては早飲みかな?気持ちトランジスタ・グラマーな魅力あり、です。(2006.01.31 いのまた)」 ●昨年11月に自然派ワインの生産者が一挙来日時に、ルロワやマルセル・ダイスなどと並び人気のあったサンソニエールのブース。よりリーズナブルな価格でワインを楽しんでもらいたい、と登場したワインです。コストパフォーマンスはかなり高い!これからあたたかくなるこの季節にぜひお試しください。 ●スミマセン。マルク・アンジェリ、お見それしました。上の試飲からまる四日経ちましたが、全然へたれていません。この人のワイン、なんでへたれないんだろう?いつも不思議です。ワインが常に安定しているんですね。ヴィーニュ・フランセーズなどは抜栓するとみるみる色が変わり、味わい的にもズンズン酸化が始まっているとわかるんですが、それがある程度ピークに達したときからが、実に息が長い。酸化の経過は幾分異なっても、こちらのワインもその血を確実に引いています。、美味しいな~これ(2006.02.04 いのまた) ●余談ながら・・・先日「和食とワイン」で有名な六本木の「割烹 小田島」さんへ行ってきました。そこのスペシャリテとも言うのが「フォワグラ大根」・・・・このワインと実によく相性が合っていました・・・。 サンソニエールは1990年がファーストヴィンテージ。オーナーのマルク・アンジェリは、80年代に甘口のワインづくりの魅力に陥り、ボルドーで学んだあとフランス各地のワイナリーで経験を積みました。しかし彼は「ボルドーではラ・トゥール・ブランシュ、スデュイローでスタジエをしたが、ボルドーの人工的なワインづくりでは何一つ学ぶことはなかった」と回想しています。  現在畑は約10haを所有。すべて「ビオディナミ」が実践されSO2の使用もできるだけ控えられています。現在ボンヌゾーでは最高の生産者の一人として目され、他の白ワインや、赤ワインのガメ、そしてロゼいずれもすばらしい評価を受けています。現在生産されているワインは10種類。プレスは大小4つの垂直型木製プレスを使い分け、赤ワインは木製の大樽、フードルでの発酵後バリックにて熟成、白ワインは樽発酵、樽熟成され、いずれも補糖はいっさいしていません。 ラ・フェルム・デ・ラ・サンソニエールアンジューブラン 2003 限定セール,新作

クロデュテュ=ブッフピノ・ノワール&ガメイ ルージュ AOCシェヴェルニー ルージュ2006 本物保証,格安

●また、また一年おいて・・・シュヴェルニー・ルージュ2006年もの入荷しました。alar的には2006年って概ね2004年と同じ感じと言う認識で、実際どうなの?と先般ティエリー・ピュズラが来日した時にこの辺りを聴いてみたんですが、本人曰く、ハンギングタイムも長くてイイ感じの2005年よりは好みに仕上がっている、みたいな事を言っていて、本人ははかなり満足できているようで、そりゃ楽しみだ!みたいなことを言っておいたのですが・・・・どうでしょうか?早速飲んでみます。 ●確かに2004年っぽくて、下のコメントの通りガメイっぽい感じが強いのですが、酸が綺麗に乗っていて、さらにそこに乗った旨味がまた薄味系ながらも長いんです。へらっとした印象ながらも実はしっかり君。これは最初から天高く馬肥ゆる秋空の元、って感じだな・・・。高気圧感じますね。なるほどアルコール度数は13度と04よりはちょいとばかり高め。この辺りがしっかりとしたアフターの持続を支えているのでしょうか?多少グリグリとグラスを廻すと、何となくなガメイっぽさもしっかり落ち着きがでて来ます。2年とか3年とかのスパンで飲んでみたいな、と思わせるものがありますね。で、実際のブドウ品種構成はどうなの?と言うことですが良く解りません。幾分ガメイが多いはずですけど、少しはピノも入っているはず。美味しいんだから、まあいっか、と。(機会があったら確認しておきます 2007.10.05 いのまた) ●で、例によっての2日目ですが・・・甘い果実味、ちょっとキャンデーっぽくなってまとまっています。どことなくミントの香りもほんのりと。ミネラル感もしっかりとしてきて、芯がはっきりとしてきました。口に含むとしっかりとガメイなんですが、実にチャーミングな美味しさ。ローストポークを薄~くそいで、タマネギのチップスと一緒に、全粒粉×自然酵母のパンなどにはさんで食べたいですね。ちょっとライ麦とか入っているとか、フェンネルシード入っているかもと言ったところが狙い目です。なるほど、過去数回このワイン飲んでいますがこの2006年。出来が良い。なんと言っても無駄がなくバランスが整っている。ティエイリーの言葉に納得です。(2007.10.06 いのまた)       少し冷やし目でもいけます。明るい果実味が魅力    ●キュベ名無しのシュベルニー・ルージュ。一年ぶりで2004年物です。2004年のテュ=ブッフのワイン、共通しているのは香りの割には味わいが静かです。このシュヴェルニー・ルージュも香りはガメイ系の華やかな果実味、イチゴやラズベリーの香りにうっすらと光の差すようなハーブのニュアンス。シロップ的な甘さも感じられるのですが・・・・ ●味わいは非常に穏やか。雨上がりの原っぱという感じで、すがすがしさとクリーンな透明感が漂っています。酸も比較的穏やか、そして肌理の細かいうっすらとしたタンニンの広がりが印象的。まだコンディションが整わず果実味が開いていなんでしょうかね?なるほどアルコール度数は12度。インパクトはないんですが、なぜかするすると身体ににじみ混んでいきます。昆布だし・・・おでん、です。(2005.08.30 いのまた)こちらは2003年のコメント↓です・・・『カルテリ』という名ででていましたVDTです。 ●「本来は2002年同様『シュベルニー・ルージュ』となるワインですが・・・。」とインポーターさんからコメントをいただいています。理由がよくわからないけれどヴァン・ド・ターブルとなりました。ルイヨンとの違いはどこなんだろう?ラベルが違う? ●ルイヨンと比較の予定でしたが、こちらだけ一日早い抜栓となりました。(ただこちらの方が先に入荷したので我慢できずに飲んでしまったというのが、真相)ピノ的繊細さとガメイのフレンドリーな性格が上手く調和し・・・と言うところです。 ●時間と共に果実味もかなりでてきます。甘味もほんのり感じます。ただ幾分酸味が少ない、テュ=ブッフ的な繊細さが弱まり、輪郭のハッキリとした力のあるワインと言う印象を受けました。これはやっぱり2003年ヴィンテージの特徴なのかな?グラスに放っておくと少しタンニンの印象が強まります。飲みながらつぎ足しつぎ足しが良いのでしょう。 ●ま~、なんだかんだいってもテュ=ブッフのワイン。相変わらすコストパフォーマンスは抜群。やっぱりこれはロワールに咲いた「花」ですね。(2004.07.16 いのまた)こちらは2002年のコメント↓です・・・。 ●こちらはガメイとピノ・ノワールのブレンドした物となります。味わいの中では気持ちガメイの方が強くでているかな?ガメイ系の活発な果実味とピノ系でしょうか?ややミネラル感を伴った苦みにもにたハーブの香りが完全にはまとまっていないですね。まだ少しフライング気味かな。アルコール度数は12.3度とまあ標準的な位置に着けていますが、それ以上にワインに厚みを感じます。もう少しきちんと寝かせてあげないと、寝起きの悪いこのワイン実力の70%ぐらいの力しか出していないです。 ●ガメイとピノ・ノワールと言えばブルゴーニュのパス・テュ・グランを思い出しますが、あのどっちつかずの鷹揚な感じはありません。やはり二日目あたりが勝負所でしょうかね?ピノに転ぶか、ガメイになびくか?(2003.11.27 いのまた) ●実はalarはガメイが苦手ですので、最初に飲んでから4日ほど頬って置いたのですが・・・。これも、やっぱりオイシイです!。ちょっとバナナっぽさが完全に飛んでとても落ち着きのある味わいですね。ピノとも言えず、ガメイとも言えず。少しの間でいつの間にか大人になっちゃった!と言う変化ぶりです。あまり難しく考えずに「飲んだくれ」るには丁度良い一本ですね! クロ・デュ・テュ=ブッフはトゥレーヌ地区の東の拠点ブロワの町に近いレ・モンティ村にあります。ここは中世から伯爵家や王家の領地となった古い畑で、当時はクロと呼ばれる囲いの中にありました。現在は15世紀から続くピュズラ家の所有となり、そのままドメーヌの名前として現在に引き継がれています。クロ・デュ・テュ=ブッフではティエリー・ピュズラと兄弟のジャン・マリー・ピュズラがワインづくりに携わり昔からの伝統的な方法により畑の個性を生かしたワインづくりが行われています。また1999年よりティエリー・ピュズラは、もう少し離れたモンス・シェル・ビエーブルに個人のドメーヌ兼ネゴシアンを持ちこちらは「ティエリー・ピュズラ」の名前でワインを作っています。こちらのワインは別のページでご紹介しています。→テュイリー=ピュズラのワイン2005年3月半ば、テュ=ブッフのテュイリーが来日しました。ネゴシアンとしてのプロモーションも兼ねての来日でしたが、2日間に渡って試飲会や歓迎パーティーなどに出席させていただき、楽しく過ごさせていただきました。 その中で印象的な言葉を掻い摘んで・・・・  「自分で飲みたいと思っているワインを作っている・・・  「リュットレゾネも、ビオロジックもビオディナミも良いけれどそれに満足するのは良くない」  「(ネゴシアンとして・・ブドウを買うときは?)樹齢からのクオリティ、収量の確かさ、そして相手が楽しくなくちゃ!  「(タバコを吸いながら・・タバコは手放せない?との質問に)いつも通りのこと・・・」 やっぱり見込んだとおりのヤツでした!一見マイペースで気取りのない自然体(いつもTシャツ)、大丈夫かな?とも思いつつも、ワインに対する気の入れ様はさすが、と言ったところ。「98年のグラヴォットでちょっとワインの見方か変わった」と話をすると、とても喜んでくれました。ますますテュイリーとそのワインが好きになってしまった、2日間でした・・・。 クロデュテュ=ブッフピノ・ノワール&ガメイ ルージュ AOCシェヴェルニー ルージュ2006 本物保証,格安