読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる



OPTIMA

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Bluetop 2016,限定セール

ひんぱんな充放電に耐えるディープサイクル 通常、自動車のバッテリーは完全放電させる使い方を避けるよう指示されていますが、使用条件によりこのような完全放電(ディープサイクル)させるケースも出てきます。 完全放電はバッテリー内部の極板へのダメージが大きく、寿命を極端に縮めますが、ディープサイクル対応バッテリーは劣化を最小限にとどめる構造を採用しています。 こんな条件にオススメ! 消費電力の大きいキャンピングカー・ビンテージカーなど乗る機会の少ないクルマ 完全メンテナンスフリー 電解液をガラス繊維にしみ込ませるオプティマ・バッテリーは電解液の補充などのメンテナンスが一切不要です。 さらに、完全密封されているためバッテリーのターミナルやコネクター、ケーブル類などの腐食もありません。 また、ケースの破損などによる電解液の漏れもなく、安全性の観点からもすぐれています。 Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Blue top 過酷な条件に耐えるマリン専用バッテリー ブルートップはオプティマシリーズのなかでも最もヘビーデューティに耐える船舶用ディープサイクル・バッテリーです。 レッド、イエロートップと同様、完全密封、メンテナンスフリー構造を採用し、ボート、ヨット、スノーモービルなどへの使用に適します。 マリンエンジンの始動、バスボート電源用ディープサイクルタイプ 品 番■8052-188/DC5.5L C 0 CA■975A 20時間卒容量(EN)■75Ah サイズ■325×165×238mm 重 量■27.1kg

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Bluetop 2016,限定セール —— 29,900円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Bluetop 人気定番,HOT

ひんぱんな充放電に耐えるディープサイクル 通常、自動車のバッテリーは完全放電させる使い方を避けるよう指示されていますが、使用条件によりこのような完全放電(ディープサイクル)させるケースも出てきます。 完全放電はバッテリー内部の極板へのダメージが大きく、寿命を極端に縮めますが、ディープサイクル対応バッテリーは劣化を最小限にとどめる構造を採用しています。 こんな条件にオススメ! 消費電力の大きいキャンピングカー・ビンテージカーなど乗る機会の少ないクルマ 完全メンテナンスフリー 電解液をガラス繊維にしみ込ませるオプティマ・バッテリーは電解液の補充などのメンテナンスが一切不要です。 さらに、完全密封されているためバッテリーのターミナルやコネクター、ケーブル類などの腐食もありません。 また、ケースの破損などによる電解液の漏れもなく、安全性の観点からもすぐれています。 Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Blue top 過酷な条件に耐えるマリン専用バッテリー ブルートップはオプティマシリーズのなかでも最もヘビーデューティに耐える船舶用ディープサイクル・バッテリーです。 レッド、イエロートップと同様、完全密封、メンテナンスフリー構造を採用し、ボート、ヨット、スノーモービルなどへの使用に適します。 マリンエンジンの始動、バスボート電源用ディープサイクルタイプ 品 番■8006-252/SLI4.2L C 0 CA■815CCA 20時間卒容量(EN)■50Ah サイズ■254×175×198mm 重 量■17.4kg

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Bluetop 人気定番,HOT —— 22,600円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Bluetop 全国無料,大人気

ひんぱんな充放電に耐えるディープサイクル 通常、自動車のバッテリーは完全放電させる使い方を避けるよう指示されていますが、使用条件によりこのような完全放電(ディープサイクル)させるケースも出てきます。 完全放電はバッテリー内部の極板へのダメージが大きく、寿命を極端に縮めますが、ディープサイクル対応バッテリーは劣化を最小限にとどめる構造を採用しています。 こんな条件にオススメ! 消費電力の大きいキャンピングカー・ビンテージカーなど乗る機会の少ないクルマ 完全メンテナンスフリー 電解液をガラス繊維にしみ込ませるオプティマ・バッテリーは電解液の補充などのメンテナンスが一切不要です。 さらに、完全密封されているためバッテリーのターミナルやコネクター、ケーブル類などの腐食もありません。 また、ケースの破損などによる電解液の漏れもなく、安全性の観点からもすぐれています。 Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Blue top 過酷な条件に耐えるマリン専用バッテリー ブルートップはオプティマシリーズのなかでも最もヘビーデューティに耐える船舶用ディープサイクル・バッテリーです。 レッド、イエロートップと同様、完全密封、メンテナンスフリー構造を採用し、ボート、ヨット、スノーモービルなどへの使用に適します。 マリンエンジンの始動、バスボート電源用ディープサイクルタイプ 品 番■8016-253/DC4.2L C C A■765A 20時間卒容量(EN)■55Ah サイズ■254×175×198mm 重 量■19.7kg

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Bluetop 全国無料,大人気 —— 24,400円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Bluetop 赤字超特価,高品質

ひんぱんな充放電に耐えるディープサイクル 通常、自動車のバッテリーは完全放電させる使い方を避けるよう指示されていますが、使用条件によりこのような完全放電(ディープサイクル)させるケースも出てきます。 完全放電はバッテリー内部の極板へのダメージが大きく、寿命を極端に縮めますが、ディープサイクル対応バッテリーは劣化を最小限にとどめる構造を採用しています。 こんな条件にオススメ! 消費電力の大きいキャンピングカー・ビンテージカーなど乗る機会の少ないクルマ 完全メンテナンスフリー 電解液をガラス繊維にしみ込ませるオプティマ・バッテリーは電解液の補充などのメンテナンスが一切不要です。 さらに、完全密封されているためバッテリーのターミナルやコネクター、ケーブル類などの腐食もありません。 また、ケースの破損などによる電解液の漏れもなく、安全性の観点からもすぐれています。 Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Blue top 過酷な条件に耐えるマリン専用バッテリー ブルートップはオプティマシリーズのなかでも最もヘビーデューティに耐える船舶用ディープサイクル・バッテリーです。 レッド、イエロートップと同様、完全密封、メンテナンスフリー構造を採用し、ボート、ヨット、スノーモービルなどへの使用に適します。 マリンエンジンの始動、バスボート電源用ディープサイクルタイプ 品 番■8027-227/DC5.0L C 0 CA■845A 20時間卒容量(EN)■66Ah サイズ■309×173×222mm 重 量■24.4kg

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Bluetop 赤字超特価,高品質 —— 28,200円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Yellowtop お買い得,安い

ひんぱんな充放電に耐えるディープサイクル 通常、自動車のバッテリーは完全放電させる使い方を避けるよう指示されていますが、使用条件によりこのような完全放電(ディープサイクル)させるケースも出てきます。 完全放電はバッテリー内部の極板へのダメージが大きく、寿命を極端に縮めますが、ディープサイクル対応バッテリーは劣化を最小限にとどめる構造を採用しています。 こんな条件にオススメ! 消費電力の大きいキャンピングカー・ビンテージカーなど乗る機会の少ないクルマ 完全メンテナンスフリー 電解液をガラス繊維にしみ込ませるオプティマ・バッテリーは電解液の補充などのメンテナンスが一切不要です。 さらに、完全密封されているためバッテリーのターミナルやコネクター、ケーブル類などの腐食もありません。 また、ケースの破損などによる電解液の漏れもなく、安全性の観点からもすぐれています。 Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Yellow top 高効率ディープサイクルバッテリー イエロートップは蓄電量を使いきるほどの深い放電と充電の繰り返しに耐えるディープサイクル・バッテリー。 オプティマ独自のスバイラルセル技術によって、常に高電圧を維持することが可能なうえ、自己放電率がきわめて低く、使用の少ない自動車にも最適です。 深い放電に耐えるディープサイクルタイプ 品 番■8012-254/S4.2L C C A■765A 20時間卒容量(EN)■55Ah サイズ■254×175×198mm 重 量■19.5kg

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Yellowtop お買い得,安い —— 24,900円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Yellowtop 全国無料,送料無料

ひんぱんな充放電に耐えるディープサイクル 通常、自動車のバッテリーは完全放電させる使い方を避けるよう指示されていますが、使用条件によりこのような完全放電(ディープサイクル)させるケースも出てきます。 完全放電はバッテリー内部の極板へのダメージが大きく、寿命を極端に縮めますが、ディープサイクル対応バッテリーは劣化を最小限にとどめる構造を採用しています。 こんな条件にオススメ! 消費電力の大きいキャンピングカー・ビンテージカーなど乗る機会の少ないクルマ 完全メンテナンスフリー 電解液をガラス繊維にしみ込ませるオプティマ・バッテリーは電解液の補充などのメンテナンスが一切不要です。 さらに、完全密封されているためバッテリーのターミナルやコネクター、ケーブル類などの腐食もありません。 また、ケースの破損などによる電解液の漏れもなく、安全性の観点からもすぐれています。 Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Yellow top 高効率ディープサイクルバッテリー イエロートップは蓄電量を使いきるほどの深い放電と充電の繰り返しに耐えるディープサイクル・バッテリー。 オプティマ独自のスバイラルセル技術によって、常に高電圧を維持することが可能なうえ、自己放電率がきわめて低く、使用の少ない自動車にも最適です。 深い放電に耐えるディープサイクルタイプ 品 番■8070-176(B24R) C C A■460A 20時間卒容量(EN)■38Ah サイズ■237×129×227mm 重 量■11.8kg

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Yellowtop 全国無料,送料無料 —— 18,000円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Yellowtop 安い,品質保証

ひんぱんな充放電に耐えるディープサイクル 通常、自動車のバッテリーは完全放電させる使い方を避けるよう指示されていますが、使用条件によりこのような完全放電(ディープサイクル)させるケースも出てきます。 完全放電はバッテリー内部の極板へのダメージが大きく、寿命を極端に縮めますが、ディープサイクル対応バッテリーは劣化を最小限にとどめる構造を採用しています。 こんな条件にオススメ! 消費電力の大きいキャンピングカー・ビンテージカーなど乗る機会の少ないクルマ 完全メンテナンスフリー 電解液をガラス繊維にしみ込ませるオプティマ・バッテリーは電解液の補充などのメンテナンスが一切不要です。 さらに、完全密封されているためバッテリーのターミナルやコネクター、ケーブル類などの腐食もありません。 また、ケースの破損などによる電解液の漏れもなく、安全性の観点からもすぐれています。 Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Yellow top 高効率ディープサイクルバッテリー イエロートップは蓄電量を使いきるほどの深い放電と充電の繰り返しに耐えるディープサイクル・バッテリー。 オプティマ独自のスバイラルセル技術によって、常に高電圧を維持することが可能なうえ、自己放電率がきわめて低く、使用の少ない自動車にも最適です。 深い放電に耐えるディープサイクルタイプ 品 番■8042-222/U3.7L C C A■660A 20時間卒容量(EN)■48Ah サイズ■238×173×194mm 重 量■17.1kg

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Yellowtop 安い,品質保証 —— 21,000円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Yellowtop 正規品,人気SALE

ひんぱんな充放電に耐えるディープサイクル 通常、自動車のバッテリーは完全放電させる使い方を避けるよう指示されていますが、使用条件によりこのような完全放電(ディープサイクル)させるケースも出てきます。 完全放電はバッテリー内部の極板へのダメージが大きく、寿命を極端に縮めますが、ディープサイクル対応バッテリーは劣化を最小限にとどめる構造を採用しています。 こんな条件にオススメ! 消費電力の大きいキャンピングカー・ビンテージカーなど乗る機会の少ないクルマ 完全メンテナンスフリー 電解液をガラス繊維にしみ込ませるオプティマ・バッテリーは電解液の補充などのメンテナンスが一切不要です。 さらに、完全密封されているためバッテリーのターミナルやコネクター、ケーブル類などの腐食もありません。 また、ケースの破損などによる電解液の漏れもなく、安全性の観点からもすぐれています。 Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Yellow top 高効率ディープサイクルバッテリー イエロートップは蓄電量を使いきるほどの深い放電と充電の繰り返しに耐えるディープサイクル・バッテリー。 オプティマ独自のスバイラルセル技術によって、常に高電圧を維持することが可能なうえ、自己放電率がきわめて低く、使用の少ない自動車にも最適です。 深い放電に耐えるディープサイクルタイプ 品 番■8014-254/U4.2L C C A■765A 20時間卒容量(EN)■55Ah サイズ■254×175×198mm 重 量■19.7kg

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Yellowtop 正規品,人気SALE —— 25,100円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Yellowtop 激安大特価,定番人気

ひんぱんな充放電に耐えるディープサイクル 通常、自動車のバッテリーは完全放電させる使い方を避けるよう指示されていますが、使用条件によりこのような完全放電(ディープサイクル)させるケースも出てきます。 完全放電はバッテリー内部の極板へのダメージが大きく、寿命を極端に縮めますが、ディープサイクル対応バッテリーは劣化を最小限にとどめる構造を採用しています。 こんな条件にオススメ! 消費電力の大きいキャンピングカー・ビンテージカーなど乗る機会の少ないクルマ 完全メンテナンスフリー 電解液をガラス繊維にしみ込ませるオプティマ・バッテリーは電解液の補充などのメンテナンスが一切不要です。 さらに、完全密封されているためバッテリーのターミナルやコネクター、ケーブル類などの腐食もありません。 また、ケースの破損などによる電解液の漏れもなく、安全性の観点からもすぐれています。 Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Yellow top 高効率ディープサイクルバッテリー イエロートップは蓄電量を使いきるほどの深い放電と充電の繰り返しに耐えるディープサイクル・バッテリー。 オプティマ独自のスバイラルセル技術によって、常に高電圧を維持することが可能なうえ、自己放電率がきわめて低く、使用の少ない自動車にも最適です。 深い放電に耐えるディープサイクルタイプ 品 番■8051-187/S5.5L C C A■975A 20時間卒容量(EN)■75Ah サイズ■325×165×238mm 重 量■27.1kg

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Yellowtop 激安大特価,定番人気 —— 30,100円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Yellowtop 爆買い,送料無料

ひんぱんな充放電に耐えるディープサイクル 通常、自動車のバッテリーは完全放電させる使い方を避けるよう指示されていますが、使用条件によりこのような完全放電(ディープサイクル)させるケースも出てきます。 完全放電はバッテリー内部の極板へのダメージが大きく、寿命を極端に縮めますが、ディープサイクル対応バッテリーは劣化を最小限にとどめる構造を採用しています。 こんな条件にオススメ! 消費電力の大きいキャンピングカー・ビンテージカーなど乗る機会の少ないクルマ 完全メンテナンスフリー 電解液をガラス繊維にしみ込ませるオプティマ・バッテリーは電解液の補充などのメンテナンスが一切不要です。 さらに、完全密封されているためバッテリーのターミナルやコネクター、ケーブル類などの腐食もありません。 また、ケースの破損などによる電解液の漏れもなく、安全性の観点からもすぐれています。 Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Yellow top 高効率ディープサイクルバッテリー イエロートップは蓄電量を使いきるほどの深い放電と充電の繰り返しに耐えるディープサイクル・バッテリー。 オプティマ独自のスバイラルセル技術によって、常に高電圧を維持することが可能なうえ、自己放電率がきわめて低く、使用の少ない自動車にも最適です。 深い放電に耐えるディープサイクルタイプ 品 番■8040-222/S3.7L C C A■660A 20時間卒容量(EN)■48Ah サイズ■238×173×194mm 重 量■16.5kg

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル Yellowtop 爆買い,送料無料 —— 21,200円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル YellowtopYT B24L1 80B24L 正規品,新品

ひんぱんな充放電に耐えるディープサイクル 通常、自動車のバッテリーは完全放電させる使い方を避けるよう指示されていますが、使用条件によりこのような完全放電(ディープサイクル)させるケースも出てきます。 完全放電はバッテリー内部の極板へのダメージが大きく、寿命を極端に縮めますが、ディープサイクル対応バッテリーは劣化を最小限にとどめる構造を採用しています。 こんな条件にオススメ! 消費電力の大きいキャンピングカー・ビンテージカーなど乗る機会の少ないクルマ 完全メンテナンスフリー 電解液をガラス繊維にしみ込ませるオプティマ・バッテリーは電解液の補充などのメンテナンスが一切不要です。 さらに、完全密封されているためバッテリーのターミナルやコネクター、ケーブル類などの腐食もありません。 また、ケースの破損などによる電解液の漏れもなく、安全性の観点からもすぐれています。 Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Yellow top 高効率ディープサイクルバッテリー イエロートップは蓄電量を使いきるほどの深い放電と充電の繰り返しに耐えるディープサイクル・バッテリー。 オプティマ独自のスバイラルセル技術によって、常に高電圧を維持することが可能なうえ、自己放電率がきわめて低く、使用の少ない自動車にも最適です。 深い放電に耐えるディープサイクルタイプ 品 番■8072-176(B24L) C C A■460A 20時間卒容量(EN)■38Ah サイズ■237×129×227mm 重 量■11.8kg

OPTIMA オプティマ カーバッテリーディープサイクル YellowtopYT B24L1 80B24L 正規品,新品 —— 17,900円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ スターターバッテリー レッドトップ100D23L S3.7L R Redtop 人気セール,定番人気

Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Red top 大電力が自慢のスターターバッテリー アメリカで開発されたスバイラルセル技術により、ずば抜けたスターティングパワーを発揮するレッドトップ・シリーズ。 -40℃~40℃の幅広い環境下で常にエンジン始動可能な大電力高出力性能を発揮します。 耐衝撃性も折り紙付き。 ハイトアダプター付 C C A■730A 20時間卒容量(EN)■44Ah サイズ■237×173×225mm 重 量■14.4kg

OPTIMA オプティマ スターターバッテリー レッドトップ100D23L S3.7L R Redtop 人気セール,定番人気 —— 17,900円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ スターターバッテリー100D23R S3.7L Redtop 100%新品,大得価

Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 驚異の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Red top 大電力が自慢のスターターバッテリー アメリカで開発されたスバイラルセル技術により、ずば抜けたスターティングパワーを発揮するレッドトップ・シリーズ。 -40℃~40℃の幅広い環境下で常にエンジン始動可能な大電力高出力性能を発揮します。 耐衝撃性も折り紙付き。 ハイトアダプター付 C C A■730A 20時間卒容量(EN)■44Ah サイズ■237×173×225mm 重 量■14.4kg

OPTIMA オプティマ スターターバッテリー100D23R S3.7L Redtop 100%新品,大得価 —— 17,300円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ スターターバッテリー120D26L S4.2L R Redtop 格安,新作

Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Red top 大電力が自慢のスターターバッテリー アメリカで開発されたスバイラルセル技術により、ずば抜けたスターティングパワーを発揮するレッドトップ・シリーズ。 -40℃~40℃の幅広い環境下で常にエンジン始動可能な大電力高出力性能を発揮します。 耐衝撃性も折り紙付き。 ハイトアダプター・ターミナルアダプター付 C C A■815A 20時間卒容量(EN)■50Ah サイズ■254×175×225mm 重 量■17.2kg

OPTIMA オプティマ スターターバッテリー120D26L S4.2L R Redtop 格安,新作 —— 20,300円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ スターターバッテリー120D26R S4.2L Redtop 品質保証,お買い得

Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Red top 大電力が自慢のスターターバッテリー アメリカで開発されたスバイラルセル技術により、ずば抜けたスターティングパワーを発揮するレッドトップ・シリーズ。 -40℃~40℃の幅広い環境下で常にエンジン始動可能な大電力高出力性能を発揮します。 耐衝撃性も折り紙付き。 ハイトアダプター・ターミナルアダプター付 C C A■815A 20時間卒容量(EN)■50Ah サイズ■254×175×225mm 重 量■17.2kg

OPTIMA オプティマ スターターバッテリー120D26R S4.2L Redtop 品質保証,お買い得 —— 18,900円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ スターターバッテリーU3.7L Redtop 人気SALE,豊富な

Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Red top 大電力が自慢のスターターバッテリー アメリカで開発されたスバイラルセル技術により、ずば抜けたスターティングパワーを発揮するレッドトップ・シリーズ。 -40℃~40℃の幅広い環境下で常にエンジン始動可能な大電力高出力性能を発揮します。 耐衝撃性も折り紙付き。 C C A■730A 20時間卒容量(EN)■44Ah サイズ■237×173×194mm 重 量■15.0kg

OPTIMA オプティマ スターターバッテリーU3.7L Redtop 人気SALE,豊富な —— 17,600円

OPTIMA

OPTIMA オプティマ スターターバッテリーU4.2L Redtop 品質保証,限定セール

Q.ディープサイクルとスターターバッテリーはどう違う? A.バッテリーにはディープサイクルとスタータータイプの2種類があります。  ディープサイクル・バッテリーは完全放電と充電を繰り返すような過酷な使用条件に耐える特質があります。  通常のバッテリーを完全放電させると極板を激しく消耗し、充電しても初期の性能に戻らなくなることがありますが、ディープサイクル・バッテリーはこのように完全放電を繰り返すような使い方をしても寿命を縮めることなく、自己放電率の低さと相まって初期の性能を発揮します。  一方、スターターバッテリーは大電力高出力を発揮するタフネスが特徴です。  高性能スターターバッテリーであるオプティマ・レッドトップは-40℃~40℃の幅広い環境下でも、常に大出力を発揮するすぐれた特性を備えています。 Q.バッテリーはどのような条件に弱い? A.最近のクルマはエアコン、ナビシステム、アイドリングストップ機構など電力を大きく消費する電装品が数多く装備されています。  クルマの快適性や安全性と引き換えにバッテリーの使用条件はますますきびしくなっています。  またオルタネーターの構造上の問題により、アイドリングではほとんど充電が行われず、バッテリーに対する使用条件をますますきびしくなっています。  さらに、長期間使用しないクルマへの搭載を考慮すると、ディープサイクル・バッテリーはさまざまな条件に耐える理想のバッテリーということができます。 Q.適応するメーカー、車種は? A.オプティマ・バッテリーのイエロートップ、レッドトップは、バッテリー上部をステーで固定するタイプの国産車、アメリカ車の大部分に搭載することが可能です。  バッテリーのチョイスに当たっては必ず純正品のアンペア容量やターミナルの位置をご確認ください。  なお、オプティマ・バッテリーは純正バッテリーに較べて高さが低い場合があり、モデルによってはバッテリーの底にスペーサーを噛ませるなどの加工が必要になる場合があります。  ヨーロッパ車の場合はアンペア容量、端子位置が純正品と合致すれば搭載することは可能です。  ただし、国産車、アメリカ車と異なり、ヨーロッパ車はバッテリー底部で固定する車両が多く、固定用のステーを用意するなど加工が必要になります。 取付加工に関しては販売店にご相談ください。 胸囲の高効率&大電力! 限界を極めたオプティマ・バッテリー 環境温度の急激な変化や振動、そして深い放電と急速充電の繰り返し。 オプティマはこうしたきびしい使用条件に耐える驚異の高効率&大電力バッテリーです。 使用条件によって深い放電に対応するディープサイクルタイプもチョイス可能です。 Red top 大電力が自慢のスターターバッテリー アメリカで開発されたスバイラルセル技術により、ずば抜けたスターティングパワーを発揮するレッドトップ・シリーズ。 -40℃~40℃の幅広い環境下で常にエンジン始動可能な大電力高出力性能を発揮します。 耐衝撃性も折り紙付き。 C C A■815A 20時間卒容量(EN)■50Ah サイズ■254×175×198mm 重 量■17.6kg

OPTIMA オプティマ スターターバッテリーU4.2L Redtop 品質保証,限定セール —— 21,000円